野球体育博物館

2009年05月29日

若松勉、殿堂入り記念サインボール、到着!

殿堂入り、おめでとう!











つい先日、ヤクルト青木宣親選手に対する、
超個人的な、思い入れたっぷりの原稿を書いた。

原稿の中で、青木と入団当時の監督だった若松勉について、
いくつかのエピソードを紹介しながら文章を展開した。

かつて、寝ても覚めても野球ばかり考えていた「野球少年」だった。
小学生の頃から、ヤクルトが好きで、特に若松が好きだった。

ということもあって、「青木について」の原稿依頼だったのに、
ついつい「若松の偉大さについて」書き進めてしまい、
何度も「イカン、イカン」と書き直しを自らに課した。


で、その若松が今年、野球殿堂入りを果たした。
長年にわたって、野球界に功績のあった者だけが
メンバーになれるという「野球殿堂」。

名球会入りを果たし、さらに殿堂入りを果たした
北海道出身の「小さな大打者」若松勉。

殿堂入りを記念して製作された記念サインボールと
生写真付き証明証のセットが、先ほど届いた。

サインボールはすでに何個か持っていたので、
特別な感慨はなかったけれど、
意外とうれしかったのが、現役時代の生写真だった。

子どもの頃、現役時代の若松の写真を何枚も撮ったのに、
今では、手元に一枚もない。

そういう意味では、僕にとって、バッターボックスに入る、
現役時代の生写真は、とても貴重なものだ。

最近、地味な調べ物ばかりしているので、
直筆サインボールを手に、ニヤニヤしながら、
ついつい現実逃避をしてしまっているのです……。











shozf5 at 11:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月29日

買っちゃった、買っちゃった 〜若松勉記念サインボール〜

この笑顔、反則だろ〜(笑)





昨日(28日)、一通のメールが届いた。
メールタイトルは、


【NPBショップ】限定50個!若松氏直筆サインボール販売開始


そして、内容は、以下の通り。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□ 限定50個!若松氏直筆サインボール販売開始 ■□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本の野球の発展に大きく貢献された方におくられる「野球殿堂入り」という名誉
平成21年は若松勉氏がプレーヤー表彰として選出されました。
その記念として若松氏直筆のサインボールを限定50個で販売開始!

◇◆平成21年野球殿堂入り記念直筆サインボール若松勉氏◆◇
⇒ http://shop.npb.or.jp/rd.cgi?aid=1953


今回の直筆サインボールは野球殿堂事業の維持管理及び日本野球の発展のために
企画されました。この趣旨にご賛同していただけるプロ野球ファンの方に
ご購入いただければ幸いです。


木製の台座のガラスケースに入っており、
財団法人 野球体育博物館 理事長の証明書も付属しています。
更に、ケースと証明書にシリアル番号が入っているというプレミア商品!!
限定50個の販売となりますので、お早めにチェックして下さい♪



◇◆平成21年野球殿堂入り記念直筆サインボール若松勉氏◆◇
⇒ http://shop.npb.or.jp/rd.cgi?aid=1954







……若松ファンの僕としては、
これを黙って見過ごせるわけがないじゃないですか!
で、さっそく、申し込みました。

思えば、昨年は、現役時代の復刻ユニフォームと、
UVカット機能付きの額縁のセットを6万円で購入!

若松勉、復刻ユニフォーム!












で、今年はサインボールに証明書がついて25000円。
ならば、買うしかないでしょう。
若松は、オレに一体いくら使わせれば気が済むんだ!



正直、若松勉のサインボールは、我が家に何個かあるんだけど(笑)。

若松、サインボール!







でも、「限定50個」なのに、なかなか注文が集まらなかったら、
若松がかわいそうだし、それに売上の一部は、
野球体育博物館の運営に使われるということなら、
日頃から、取材資料を集めるためにこの博物館に
お世話になっているので、と購入を決意。

5月下旬から発送スタートということなので、
それまで、楽しみに待ちたい!


今後も、もっと、もっと、若松グッズ、発売されないかな(笑)。
それにしても、この広告の若松の笑顔、反則すぎるだろ。
ついつい、財布の紐を緩ませる魔性の微笑みだと思う。




shozf5 at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場