若松勉

2009年07月13日

琴光喜と内川聖一――。


昨日(12日)は、本当に何もない一日。
天気もよかったので、自転車で神宮へ。

途中、北新宿でずっと行きたかったラーメン屋に寄ったり、
1時間ほどかけて、のんびりと球場入り。

14時スタートの、ヤクルト対横浜戦。
通称「東横シリーズ」。
このネーミング、あまり定着していないけど……。

この日は、皇太子ご夫妻と愛子さまが、
神宮に訪れるということは知っていた。
88年以来、21年ぶりの台覧試合とのこと。
愛子さま直々の要望で実現したという。

大相撲好きで、しかも琴光喜の大ファンだという愛子さま。
「ひょっとして、ヤクルトファンなのかな」と期待するも、
報道によれば、横浜の内川選手のファンらしい。


琴光喜と内川聖一――。

幼いのに、実にいい趣味をしているなぁ、
と年齢を調べたら、まだ7歳、とのこと!
改めて、驚いてしまった(笑)。

球場内のビジョンに映し出されるご家族の姿。
その背後には、「あの人」の姿も!
そう、ヤクルトを代表する殿堂入り選手・若松勉!

それからは、グラウンドよりも貴賓席が気になって仕方がない。
背後から、皇太子ご夫妻、愛子さまに、
何かを語りかける、若松のその姿を見ていて、
「水色のネクタイが実に上品だ」と感心する次第。


ということもあって、またヤクルト負けちゃった。
しかも、五十嵐、イム・チャンヨンが打たれちゃった。

しかし、この日は今年四度目の横浜戦観戦だったけど、
いまだ勝ち星なしの0勝4敗。
……うーん、勝てないねぇ〜。



shozf5 at 12:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月29日

若松勉、殿堂入り記念サインボール、到着!

殿堂入り、おめでとう!











つい先日、ヤクルト青木宣親選手に対する、
超個人的な、思い入れたっぷりの原稿を書いた。

原稿の中で、青木と入団当時の監督だった若松勉について、
いくつかのエピソードを紹介しながら文章を展開した。

かつて、寝ても覚めても野球ばかり考えていた「野球少年」だった。
小学生の頃から、ヤクルトが好きで、特に若松が好きだった。

ということもあって、「青木について」の原稿依頼だったのに、
ついつい「若松の偉大さについて」書き進めてしまい、
何度も「イカン、イカン」と書き直しを自らに課した。


で、その若松が今年、野球殿堂入りを果たした。
長年にわたって、野球界に功績のあった者だけが
メンバーになれるという「野球殿堂」。

名球会入りを果たし、さらに殿堂入りを果たした
北海道出身の「小さな大打者」若松勉。

殿堂入りを記念して製作された記念サインボールと
生写真付き証明証のセットが、先ほど届いた。

サインボールはすでに何個か持っていたので、
特別な感慨はなかったけれど、
意外とうれしかったのが、現役時代の生写真だった。

子どもの頃、現役時代の若松の写真を何枚も撮ったのに、
今では、手元に一枚もない。

そういう意味では、僕にとって、バッターボックスに入る、
現役時代の生写真は、とても貴重なものだ。

最近、地味な調べ物ばかりしているので、
直筆サインボールを手に、ニヤニヤしながら、
ついつい現実逃避をしてしまっているのです……。











shozf5 at 11:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月29日

買っちゃった、買っちゃった 〜若松勉記念サインボール〜

この笑顔、反則だろ〜(笑)





昨日(28日)、一通のメールが届いた。
メールタイトルは、


【NPBショップ】限定50個!若松氏直筆サインボール販売開始


そして、内容は、以下の通り。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□ 限定50個!若松氏直筆サインボール販売開始 ■□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本の野球の発展に大きく貢献された方におくられる「野球殿堂入り」という名誉
平成21年は若松勉氏がプレーヤー表彰として選出されました。
その記念として若松氏直筆のサインボールを限定50個で販売開始!

◇◆平成21年野球殿堂入り記念直筆サインボール若松勉氏◆◇
⇒ http://shop.npb.or.jp/rd.cgi?aid=1953


今回の直筆サインボールは野球殿堂事業の維持管理及び日本野球の発展のために
企画されました。この趣旨にご賛同していただけるプロ野球ファンの方に
ご購入いただければ幸いです。


木製の台座のガラスケースに入っており、
財団法人 野球体育博物館 理事長の証明書も付属しています。
更に、ケースと証明書にシリアル番号が入っているというプレミア商品!!
限定50個の販売となりますので、お早めにチェックして下さい♪



◇◆平成21年野球殿堂入り記念直筆サインボール若松勉氏◆◇
⇒ http://shop.npb.or.jp/rd.cgi?aid=1954







……若松ファンの僕としては、
これを黙って見過ごせるわけがないじゃないですか!
で、さっそく、申し込みました。

思えば、昨年は、現役時代の復刻ユニフォームと、
UVカット機能付きの額縁のセットを6万円で購入!

若松勉、復刻ユニフォーム!












で、今年はサインボールに証明書がついて25000円。
ならば、買うしかないでしょう。
若松は、オレに一体いくら使わせれば気が済むんだ!



正直、若松勉のサインボールは、我が家に何個かあるんだけど(笑)。

若松、サインボール!







でも、「限定50個」なのに、なかなか注文が集まらなかったら、
若松がかわいそうだし、それに売上の一部は、
野球体育博物館の運営に使われるということなら、
日頃から、取材資料を集めるためにこの博物館に
お世話になっているので、と購入を決意。

5月下旬から発送スタートということなので、
それまで、楽しみに待ちたい!


今後も、もっと、もっと、若松グッズ、発売されないかな(笑)。
それにしても、この広告の若松の笑顔、反則すぎるだろ。
ついつい、財布の紐を緩ませる魔性の微笑みだと思う。




shozf5 at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月08日

あぁ、素晴らしき、若松勉の始球式!

浅野忠信インタビューの興奮も醒めぬまま、
そのまま神宮に行き、今季の本拠地開幕戦へ。

お目当ては、若松勉の始球式。

試合開始直前、若松がマウンドへ。
やっぱり、ユニフォーム姿の若松は凛凛しい。


(ちゃんとホームまで届くだろうか……)


なんて、名球会選手に対して、とても失礼で、
余計な心配をしてしまうほど、私は若松を溺愛している。

もちろん、ちゃんとストライクを投げ込み、
09年シーズンの本拠地初試合は無事に幕を開けた。

できれば、応援団には、「若松のテーマ」を
トランペットで演奏してもらいたかったなぁ……。


……で、結局、試合は負けちゃったけど、
途中、花火も見られたからまぁいいや。

「若松のテーマ」は、こちらでどうぞ。



※この映像を見ていて思い出した。
この85年のヤクルト、ホントに弱かった。
手元の資料で見てみると、この日(4.21)が、
この年の初勝利。実に、開幕7試合目。

ようやく初勝利を挙げたものの、再び連敗街道に陥り、
開幕しての12試合で、1勝10敗1分という成績。
この頃は、ホントに辛かったなぁ……。


それにしても、この日の若松、よく打って、よく走っている。
ちなみに、この年、2000本安打達成! おめでとう!

さらにちなみに、この年の優勝はタイガース。
カーネルサンダースが道頓堀に投げ込まれた年。


shozf5 at 02:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月03日

WBC監督に、若松勉就任!?


『ハッピーフライト』の試写が終わって外に出ると、
気持ちのいいほどの久々の秋晴れ。
で、有楽町のガード下で生ホッピーを数杯。


呑みながら本日発売された『週刊文春』を読む。
そこには、混迷するWBC監督問題の記事。


王監督の「意中の候補は〔小さな大打者〕」


何と、王監督は、自分よりも、
「小さな大打者」こと「若松勉」を
次期監督に推薦しているという記事だった。


(さすが、世界の王さん。一流は一流を知る)


そう思うと、グラスを乾すピッチも上がる。


(ようやく時代も若松に追いついたか……)


ここまで来ると、本当に酒がうまくなってくる。


しかし……


(イチローは若松をどう思っているのだろうか?)


と考えると、少し不安な気分に支配される。
でも、あの強面の江夏豊を「ユタカ」と
呼び捨てにできる若松なら大丈夫か?


いや、


プロ入りの際、入団拒否を告げづらく、
スカウトから逃げ回っていた若松勉。

ヤクルトの監督就任を固辞し続けた名球会男。

娘思いの心優しき、ミスタースワローズ。


(もし若松が監督になったら、かつての教え子である
 岩村と青木がキーパーソンになるな……)



そんなことを考えていたら、
あっという間に時間が過ぎてしまっていた。


イカン、いかん、遺憾……。
あたりも暮れてきたのでそろそろ帰って原稿でも書こう。


いやぁ、実にいい気分転換となった秋の1日だった。












shozf5 at 01:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月06日

買っちゃった、買っちゃった! その6・若松勉復刻ユニフォーム!

ずいぶん前に、このブログでも書いたけれど、
以前注文していた、

「若松勉復刻ユニフォーム」

が、本日届いた。
ユニフォームとそれを飾るための額。
これもすっかり忘れていたけど、両方合わせて6万円。
この間買った、ルイガノのチャリンコよりも高い(笑)


いよいよ到着!さぁ、オープン!








注文を受けてからの限定生産とのことだけれど、
一体、どれぐらいの注文があったのだろう?

今の日本で、この若松のユニフォームを買う人とは、
(僕以外で)どんな人なのだろうか?

同志として、ぜひ酒でも酌み交わしながら、
若松談義に花を咲かせたいものだ。
きっと、うまい酒が呑めることだろう。


おぉ、ついに……あぁ、若松……







しかし、UVカット機能付の額縁もずいぶんとデカイなぁ。
きちんとサイズを測らなかったけれど、
これは壁のレイアウトを変更する必要がありそうだ。


若松胴上げ!ちなみに、これが資料部屋の壁面。2001年の日本一の瞬間とリーグ優勝のときの胴上げシーン。この位置をずらして、その横にユニフォームを並べることにしよう。









ついに来たか……さっそく着てみたけど、ジャストフィットで気持ちいい。この姿を写真に収めたけど、それは自分だけの秘密(笑)。









今朝から原稿を書いていたのだけれど、
ちょうどこの分の原稿料が
このユニフォームの支払いですっ飛んでしまった(笑)。

まぁ、いい。今日もきちんと働こう!
さぁ、これから神宮に行って、
かつて若松のライバルだった篠塚コーチにインタビューだ!


今日も頑張りますです!




shozf5 at 11:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場