田中将大

2008年04月01日

「第3回女子野球ワールドカップ」新連載について!

『BT』創刊!












すっかりご報告が遅れてしまったけれど、
先週水曜日に、『BT(ベースボール・タイムズ)』
という新しい野球週刊誌が創刊された。

折りしも「出版不況」という言葉が吹き荒れ、
さらには「野球人気低迷」なるフレーズばかりの昨今、
「新週刊誌」を、しかも「野球」をテーマに
新しい出版社が創刊するなんて……。

今後、苦難の道は続くだろうけれど、
ぜひとも奮闘してほしいと思う。


……と他人事のように書いたけれど、僕は
この創刊号に東北楽天ゴールデンイーグルスの
「田中将大選手インタビュー」記事、
「田中将大の条件」という原稿を書いた。

以前、このブログに書いたように、

「あなたにとって幸せとは……」とか、
「許せないのはどんな人ですか」とか、
「どんな人となら友だちになれますか?」など、

少しでも素に近い彼の反応が知りたくて、
野球以外の質問をぶつけつつ構成したもの。
明日(2日)には、次の号が出てしまうけれど、
もしよかったら、読んでみてください。


で、これもお知らせ。


以前お知らせした「第3回女子野球ワールドカップ」の
同時進行形式のドキュメントを、この『BT』誌で
隔週で連載することになった。

タイトルは、

「女子球児、世界へ――」


僕が担当するのは「偶数号」。
第1回目が、4月2日発売の第2号「4.09号」で、
第2回目が、4月16日発売の第4号「4.23号」の予定。
これも、お手にする機会があれば、ぜひ。


で、調子に乗ってもう一つ。

4月10日発売の『中学野球小僧5月号』で、

「女子野球にまつわるQ&A集」

という6Pほどの原稿を書きました。
ここでは、「女子が野球をすることの意味」を問いつつ、
競技人口、そのレベル、卒業後の受け皿、
世界の状況、今後の課題などを15問ほどまとめました。

この号では、他に横浜・石井琢朗選手について
そして、中日・谷繁元信選手について
それぞれのインタビュー記事を書きました。



普段はあまり告知をしないようにと思っていたのに、
今日は告知ばかりになってしまいました、スミマセン。







shozf5 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年03月13日

楽天・田中将大選手インタビュー


昨日は、楽天・田中将大選手のインタビュー。
いちばん驚いたのは、
本人の中に「引退」の意識があったことだった。


これから絶頂期を迎えるはずの19歳は、
自らの「絶頂期のイメージ」を
持っていなかったのにも驚かされた。


先日取材したカープの前田智徳の、


「(ケガをする前は)自分がどこまで
 うまくなれるんだろうと考えると、
 野球が楽しくて楽しくて仕方がなかった」



という言葉とは対極をなす考え方が意外だった。


「2年目のジンクスは?」という質問はすまい、
と事前に決めていた。散々聞かれているだろうし、
この質問に対しては露骨に不快感を表すとも聞いていた。

僕は単に「みんなが同じことを聞くから」不快なのか
と思っていたが、実はそうではなくて、
明日致命的な怪我をしたら「即引退」の可能性もある
世界に生きているプロ選手にとって、
無責任な外野席から、好き勝手に言われたくない
のだという意識が透けて見える話だった。


「最も許せない人は?」
「どんな人となら友だちになれる?」
「最も不安なことは?」



という問いに対する彼の答えが印象的だった。
「マーくん」などというかわいらしい
ニックネームとは裏腹の骨太な答えが気持ちよかった。

原稿を書き終わり、出版された段階でこの続きを記したい。




shozf5 at 11:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年02月09日

田中将大クンに会えたのに……

7日の夜、原稿を書いていると携帯電話がなった。


「楽天の田中将大の取材があるんですけど……」


先日も、沖縄まで取材に行ったばかりだったし、
さ来週も、宮崎キャンプ取材の予定があったけれども、
田中将大クンなら、ぜひとも会いたい。聞きたいこともたくさんある。

間髪入れずに「うん、やる、やる!」と言おうと思ったけれども、

その日は、朝から別の取材が入っていた……。

編集のT氏にその旨を告げると、
「もし都合がつくようなら、連絡ください」
と言ってもらったものの、やはり取材はズラせない。

……あぁ、残念。


今年から、大学の後輩となる「ハンカチ王子」もいいけれど、
田中クンのピッチングスタイルも好きなんだよなぁ……。

仕方がない。

3月になってオープン戦でぜひ見てみたいと思う。
それまでのガマンだ。

……と、自分に言い聞かせよう。あぁぁぁぁぁぁぁ……(涙)




shozf5 at 09:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場