私は今、旅の途上です

2012年05月25日

岩手のアオダモを守り続ける男

原会長とアオダモ

ここ数日、東北に行っていた。
青森、岩手、宮城、福島と各県を回り、
以前取材で知り合った方、初めて会う人、
それぞれと楽しい酒をともにした。

岩手県紫波町では忘れられない人と再会した
彼の名は、原修。すでに70代半ばを迎えている。
地元で40年以上、スポーツ店を経営している人物だ。

西武の菊池雄星は、中学生の頃、
この店に顔を出しては何時間も飽きることなく、
グラブやバットを手にして原さんと過ごしたという


「野球バット材・アオダモが枯渇している」
そんな話を聞いた原さんは60歳になる頃に、

「スポーツ店を経営してきた恩返しをしたい」と、
アオダモの植樹に取り組むことを決意した。

アオダモはモクセイ科トネリコ属の落葉樹で、
主に北海道の森林に分散して生育している。
その材質は、固くて粘りがあり、バット材に最適だ。

しかし、バットになるまでには約70年かかり、
現在では、森林開発の影響などで減少。
ここ数年のうちに、枯渇してしまうだろう。

僕はここ10年、アオダモの取材を続けてきた。
2010年には、『イチローのバットがなくなる日』と題して、
現在、アオダモを取り巻く環境について、一冊にまとめた。

イチローのバットがなくなる日―「アオダモ」を巡る渾身のルポルタージュ (主婦の友新書)
イチローのバットがなくなる日―「アオダモ」を巡る渾身のルポルタージュ (主婦の友新書)
クチコミを見る


僕が原さんと出会ったのは、本書が出版された後の、
2011年春のことだった。
したがって、本書には原さんのことは触れられていない。

原さんは自費で、北海道からアオダモの苗木を購入し、
行政各所と交渉の末、国有林の使用許可を得て、
現在では、数万本の植樹実績を誇っている

植樹祭では、地元の少年少女球児たちが、
「木のバットがなくなる日がくるとは知らなかった」と、
熱心にスコップ片手に小さなアオダモを植えているのだという。

昨年に引き続き、今年も植樹会場を訪れた。
五月晴れの東北の風は気持ちよかった。

「GWまでは、まだ雪が残っていたんだよ」

すくすく育つアオダモに触れながら、原さんが笑う。

「今まで何度もクマにも出会ったんだよ」

この場所には、孫の名前から一文字をとって、
「光の森」という名前が付けられている。

「孫の名前をつけておけば、私が死んだ後でも、
少しは森のことを気にかけてくれるんじゃないかと思って」


現在、「岩手のアオダモを育てる会」が発足し、
定期的な植樹活動、啓蒙活動を行っている。
原さんをサポートする体制も着々と整っている。

「岩手の野球少年少女たちに、アオダモのバットで、
たくさん野球を楽しんでもらいたい」


少年たちの寄せ書き


名もなきヒーローの名もなき奮闘。
全国には、誇るべき偉人がたくさんいる。







shozf5 at 10:32|Permalink

2011年12月16日

土地の記憶、歓声の記憶

平和台球場記念碑と城跡

年末進行のさなかだけれど、博多に行っていた。
太平洋/クラウンライターライオンズ取材のため。

一年間続いた高橋ユニオンズ連載が終わり、
「さて、次はどうしよう?」という中で、
思い浮かんだのが、太平洋&クラウン。

いろいろ資料を集め、関係者に話を聞いて、
そんなことを続けているものの、今はまだ手探り状態。

で、今回の博多行き。

子どもの頃大好きだった元プロ野球選手にインタビューをし、
そして向かったのが、この平和台球場跡地。
かつての西鉄、太平洋、そしてクラウンの本拠地。

球場撤去時に古代遺跡が見つかり、
現在は、発掘作業の真っ只中にあり、
周囲は金網で囲われ、作業員が発掘を続けていた。

僕は、この球場でプロ野球の試合を見たことがない。

今、僕の目の前に広がっているのは、
バックスクリーンがあり、得点板があり、
ダッグアウトがあり、スタンドがある……。
そんな野球場ではなく、ただの茫漠とした、古代遺跡でしかない。

でも、これから取材を続け、関係者の声を多く集めるに連れ、
この場に、確かに存在していた「平和台球場」が、
多くのプロ野球選手とファンたちの姿が眼前に広がるだろう。

早くその日が訪れるよう、今後も取材に励みたい。

……ようやく、太平洋&クラウンが確かな実感を伴いつつ、
動き始めたような気がする。

この地の記憶、歓声の記憶をたどる旅を楽しみたい。













shozf5 at 15:48|Permalink

2011年06月21日

さぁ、博多へ!

401fcb61.jpg
高橋ユニオンズ取材でこれから博多へ。昨日は久々の集中力発揮で18時間ぐらい原稿を書いた。
肉体的にはキツいはずだけど、全く辛くない。
まさにライターズ・ハイの真っ只中。
現地では以前、別の書籍でお世話になった方がナビしてくれる。夜の飲み会までセッティングしてくれた。ありがたいありがたい!
それにしても、もうこの時間は通勤ラッシュなのねん。耐性がないから辛い。タクシーに乗ればよかったと軟弱なオレ。


shozf5 at 08:18|Permalink

2011年05月27日

沖縄取材5日目!

305e630e.jpg
ここまではとっても順調。合計で20時間以上インタビューをした。また毎晩、おいしい店を紹介してもらい、旨いお酒を堪能。昨晩、ユタと呼ばれる神様の遣いの女性とお会いした。初めて聞く話ばかりで夢中で楽しんだ。さぁ、最後のインタビューを始めましょう!


shozf5 at 10:21|Permalink

2011年05月26日

沖縄取材4日目!

00a99135.jpg
ホテルを出たら、交通事故の現場検証をしていてビックリ。ケガ人はいないとのことで何より。さぁ、今日もこれからロングインタビューのスタートです。頑張ります!


shozf5 at 10:38|Permalink

2011年05月25日

今日も今日とて日が暮れる。

a369b231.jpg
いつも、どこに行ってもいい人ばかり。どうもありがとう!


shozf5 at 21:39|Permalink

2011年05月23日

ひとまず、小休止!

2e894659.jpg
原稿は7合目辺りまで進んだかな? ということで階下のレストランへ。まずはオリオンの生から。2杯だけでやめられるか、自分の意思の強さを確かめたい。


shozf5 at 21:07|Permalink

沖縄に到着!

a1b1666b.jpg
選手の『アメトーーク』の「沖縄芸人」でも紹介されていたご当地ヒーロー『マブヤー』がお出迎え。さて、さっそくインタビュー開始です!


shozf5 at 09:49|Permalink

そして、沖縄へ!

9abf13fd.jpg
昨日、東北から戻ったばかりだけど、今日からは沖縄へ!今まで取り組んでいたテーマもいよいよ大詰めです!今回は5日間の滞在。呑み過ぎないよう頑張ります!……それにしても眠いです。


shozf5 at 05:47|Permalink

2011年05月22日

さぁ、東京に着いた!

91e8f237.jpg
岩手・盛岡から新幹線で東京へ!現地では多くの方にお世話になりました。さぁ、帰って原稿書きだ!


shozf5 at 15:17|Permalink

2011年05月21日

岩手のアオダモ!

98322063.jpg
10年以上も前から、たった一人だけで、アオダモの植樹を続けている70代の方がいると知ったのはつい最近のこと。アオダモとは日本が誇るバット材。アオダモの枯渇を気にやみ、すべて自費で植樹を続けてきた。今日、岩手の山の中でその方にお会いした。僕は昨年アオダモに関する本を出版したけれど彼のことは何も知らなかった。目の前のアオダモの木々を前に色々な話を聞いた。静かでゆっくりと流れる時間が心地よかった。
追記
「岩手」に行ったのに、なぜか「山形」と書いてしまいました……。酔ってなかったはずなのに、完全なケアレスミスです、スミマセン。すべて訂正しました。


shozf5 at 14:32|Permalink

2011年05月20日

巨大な観音さま!

dd7cab21.jpg
ホテルの部屋から見える巨大な観音さま!
地震にも負けずに静かに見守られています。


shozf5 at 18:25|Permalink

2011年05月19日

明日から、仙台、盛岡へ

がんばろう!日本


震災から2カ月が経った。
明日から、2泊3日の行程で東北に行く。

どのタイミングで行ったらいいのか、
ずっと迷っていたのだけれど、仕事が一段落したことと、
お世話になっている人が東北に行くということで、
同行させてもらうことにした。

来週からは別件の取材が本格化しバタバタするので
このタイミングでの東北行きとなった。

今回、ずっと気になっていたある場所を訪れる。
その場所が、どんな状態になっているのだろう?
夜は、現地の方との会食も予定している。

東北の酒を汲み交わしながら、
この2カ月のことを聞きたいと思う。

明日の夜は仙台で楽天対ヤクルトを見るつもり。

順当にいけば、田中将大由規の投げ合いになるはずだ。
楽天の若きエース・田中と仙台育英の由規との投げ合い。
それぞれに深い思いを抱えた上での登板となるだろう。

これまで何度も取材で訪れた東北だけれど、
今回は、今までとは違った心境での旅となりそうだ。




shozf5 at 18:50|Permalink

2011年04月18日

矢場とん・みそカツ&ソースカツ

08890f35.jpg
先ほど取材終了。
5時間近いインタビューとなった。
知人がやってる鮨屋に行こうと思ったら、月曜定休とのこと。
あまりにも空腹なので、矢場とんに。
生とトンカツをガッツリいただきます!


shozf5 at 18:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

名古屋に着いたぞ、やっとかめ!

aba3ea9a.jpg
これから、近鉄線で四日市まで。
まずはその前にひつまぶしでも食しますか?
やっとかめ!


shozf5 at 11:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場