2016年03月11日

新刊『このパ・リーグ球団の「野球以外」がすごい!』発売!

img103

かねてより進めてきました、3月25日発売の最新刊、『このパ・リーグ球団の「野球以外」がすごい!』(集英社)、いよいよアマゾンでの予約が始まりました。

表紙デザイン、そして版元を見れば、賢明なる読者諸兄はすでにお気づきであろう。そう、2年前に出版した『プロ野球12球団ファンクラブ全部に10年間入会してみた!』(集英社)のパート2的な位置づけである。

まさに「柳の下の泥鰌」を狙ったものと思われるだろう。それは半分正解であり、もう半分は不正解である。というのも、この本の出版経緯が少々、変わっているからだ。

この本は、僕が企画したものでも、出版社が企画したものでもない。では、誰が企画したのか? 以下、本書まえがきからの抜粋を読まれたし。


 (FC本の)出版から一年が経ち、世間がカラスコマスクの中年男のことなどすっかり忘れたある日、僕の下に連絡が入った。
「ぜひ、お会いして、お願いしたいことがあるのです……」
 指定された場所に行くと、数名の男性が待っていた。彼らはみなパ・リーグの球団関係者だった。拙著の内容に不満があるために、僕を呼び出してつるし上げにするのではないかと少々、身構えた。
「FC本、拝読させていただきました。我々球団職員にとっても、とても参考になる意見ばかりでした。つきましてはお願いがあります……」
 男性の話を要約すると、「どうかパ・リーグをテーマに本を書いてほしい。とは言っても、無理して褒めなくてもいい。実際に球場に行って見たこと、感じたことをありのままに書いてほしい」というものだった。
「本当にいいんですか? ダメなものはダメと書きますよ。そもそも僕はヤクルトスワローズの大ファンなんですよ!」
「構いません!」
 そこまで言われれば書き手としても本望だ。やってやろうじゃないか。こうして、半年にわたってパ・リーグ球場を行脚する日々が始まった――。



……そうなのだ、本書の端緒はパ・リーグそのものからの依頼だったのだ。何という器のでかさなのか! ということで、昨年6月から半年間にわたって、札幌、仙台、千葉、埼玉、大阪、博多行脚の日々が始まった。

その間、編集者はもちろん、パ・リーグ各球団の担当者にもまったく何も告げずに、ほぼ隠密裏に行動し、抜き打ち検査的に、全80項目ほど、いろいろなことを比較した。

ボブルヘッドの相似度、選手プロデュース弁当、チアリーダー、マスコット、コラボ&限定アイテム、スタッフたちの対応力、通販力、OB活用度、レジェンドやヒストリーのリスペクト度、球場、トイレ、イベント……。

スポーツビジネスの最前線を行く、パ・リーグの「現在」を、一ファンの視点で綴ってみた。もちろん、自分の主観満載だし、パ・リーグ各球団による原稿チェックなど何も行っていない。発売後、怒られるかもしれないけど、それはそのとき考えよう。

期せずして、スポーツビジネスの現状と課題が浮き彫りになったのではないかと、ひそかに自負している。3月25日、プロ野球開幕日の緊急発売です。224ページ、まさかのオールカラー! どうぞよろしくお願いいたします!




Amazonでの予約が始まっています。どうぞよろしくお願いいたします!



こちらも、絶賛発売中です。よろしくお願いいたします!



shozf5 at 21:46│ 執筆、執筆、執筆…… 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場