2016年01月21日

40代ライターの生きる道〜昼間から暗いお話〜

ラクダに乗って、いざピラミッドへ!

今日は完全フリーにして、昼過ぎから映画を見て、夕方からダラダラ呑んで、自堕落に過ごそうと思っていたのに、結局は日曜日締め切りの原稿、さらに1ヵ月後締め切りの原稿と2本分の原稿を仕上げた。ワーカホリックなのだろうか?

……以下、暗い話。

今から6年ほど前のこと、もうすぐ40代に突入するというときに、パッタリと仕事がなくなった

リーマンショックの影響も大きく、仕事をしていた雑誌が休刊になったり、出版社の緊縮経営により、お世話になっていた編集者がリストラされたり、自主退職されたり……。出版社が倒産し、多額の未払い原稿料に泣かされたのもこの頃のことだった。出版社内では社員編集者がダブついているため、外部ライターを使わず、自分たちで原稿を書くケースも増えた。

それから、しばらくの間苦しい時期が続き、自分なりの打開策を見つけて、何とかここまで生き延びた。粗製乱造とバカにされ、揶揄されようとも、40代の間は手あたり次第にいろいろなテーマの本を矢継ぎ早に出版することを決めた。

それでも、あのとき以来、「仕事がなくなる怖さ」が潜在的に植えつけられてしまったようだ。住宅ローンは完済し、子どもも車もないので教育ローンも自動車ローンもない。自由に取材して執筆できて、多少のお酒を飲めるだけの財力さえあればいい。法外なぜいたくさえしなければ何とか生きていけるとは思う。

それでも、あのとき感じた恐怖感はいまだに拭えない。今でも、ふとした瞬間に「求人広告」を読み込んで、「45歳はもうダメなのか」とか、「未経験者はNGか……」とか、つい「転職した自分」を想像してしまうことはしばしばだ。

ひとまず、今年は3冊の新刊を出版し、来年以降も出版予定はある。けれども、明日はどうなるかわからない。自分で選んだ自由業ではあるけれど、潜在的失業者であることには変わりない。けれども、後に続く有望な若手ライターたちの手本となるべく――たとえそれが反面教師であろうとも――、真っ直ぐ、前を見据えて、道を切り拓かなければ。そこが渡世人の辛いところよ。僕も、寅さんの気持ちが理解できる年齢になったようだ(笑)。

先日、若手ライターからの相談に乗ったとき、(偉そうなこと言えないよな、オレ自身がこんなに不安だらけなのに……)と考えた。そのことが頭から離れなかった。で、この暗い長文。お目汚し失礼しました。



shozf5 at 17:30│ ボーッとしながら考える 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場