2016年01月16日

僕にはありあまる、八重樫幸雄がありあまる

DSCN1625

ここ数日、八重樫幸雄氏が頭から離れない。先日、初めて彼にインタビューをして、その個性的な佇まいと話の面白さに圧倒されて以来、寝ても覚めても、僕の頭の中には「八重樫幸雄」の笑顔でいっぱいなのだ

故・大杉勝男さんとの仲睦まじいエピソード、弱小時代のチームの雰囲気、不遇だった頃の若手時代。訥々と語られる話題はどれも最高だった。

でも、あえて呼び捨てにするけれど、現役時代の八重樫が好きではなかった。ピッチャーと正対するような、極端なオープンスタンスもカッコ悪いと思っていた。守っても、もっさりしていてパスボールも多く、ろくに配球のことなどわかりもしないのに、「ここでスライダーはないだろ」としたり顔で彼を非難し、「ヤクルトが弱いのは八重樫のせいだ」と思っていた。

後に古田敦也が入団し、ヤクルトが黄金時代を築いたときに、「やっぱりキャッチャーは大事なのだ」と八重樫時代を頭に思い浮かべて、納得していたものだ。

ヤクルトに入団する前に、スカウトたちが古田を称して、「メガネのキャッチャーは大成しない」と言っていたのは、八重樫という前例があったからだ。僕は、そう信じていた。

……ところが、時間の経過とともに、そして、自分も大人になり、やがて中年になるに連れて、僕の中での「八重樫像」が少しずつ変化していった。それまで、「八重樫」と呼び捨てにしていたけれど、気がつけば「八重樫さん」と呼ぶようになっていた

70年のプロ入り以来、ずっと大矢明彦の陰に隠れて、ほとんど出番をもらえなかった。入団当時はスリムな体形で、俊足を誇っていた。打撃センスと走力を買われ、ときの監督たちはみな、「内野手にコンバートしたい」と考えた。それでも、八重樫さんはキャッチャー道を貫き続けた。

出番を与えられないまま、いたずらに時間だけが過ぎていく。やがて八重樫さんは太っていき、走力は衰え、乱視となり、メガネをかけるようになったことで若い頃のようなプレーを続けられなくなった。乱視のためボールが見づらくなったので、「よく見えるように」と、両眼でボールを見る、あのバッティングスタイルとなった。

初めてオールスターに出場したのは入団15年目。初めて打率3割に到達したのもプロ15年目のことだった。その間、決して腐らずにキャッチャー道を歩き続けた。やがて、若手の台頭でレギュラーを奪われると、その後は代打の切り札として23年間のプロ生活をまっとうした。

その後はバッテリーコーチ、二軍監督、打撃コーチ、スカウトを歴任。スワローズひと筋の人生を、今もなお歩み続けている。ともに海を渡った背番号《1》コンビ・岩村明憲、青木宣親は、八重樫さんの教え子だ。

23年間のプロ生活で積み上げた安打数は「773」。決して、超一流の数字ではない。決して、華のある超スター選手でもなかった。けれども、1970年のドラフト以来、実に45年間、スワローズとともに歩み続けている。

そんな八重樫さん、カッコいいではないか。河島英五の歌に出てくるような、不器用で、一途で、そしてはにかむような笑顔を持って……。インタビュー時の八重樫さんは、まさにそんな感じだった。

この取材時に、「昔は失礼なことばかり思っていてスミマセンでした」と謝罪をした(笑)。ようやく肩の荷が下りたような気がする。

以来ずっと、気がつけば八重樫さんのことばかり考えている。手元の古いビデオや市販されているDVDを漁ってみても、八重樫さんの雄姿はほぼ収録されていない。実際の映像を見ることができないからこそ、僕の脳内では過去の記憶が、より鮮明にエンドレスに流れ続けている。今日も、目覚めた瞬間、背番号《28》が真っ先に頭に浮かんだ。もはや、恋愛の初期症状ではないか。


shozf5 at 11:33│ ヤクルト書籍関連 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場