2015年12月26日

今年は書きに書きまくって、5冊を出版!

2015年も押し迫ってまいりました。年内に書かねばならない原稿もすべて書き終え、つかの間の休息に浸りながら、ノンビリと過ごしています。

さて、今年は書下ろし新刊4冊、以前出版したものの文庫版1冊、合計5冊を出版いたしました。


ここ数年、九州地方を中心に積極的に取材を続けてきたのが、太平洋クラブ、クラウンライターライオンズに関する物語です。

『野球小僧』誌での連載を皮切りに、同誌の休刊によって、他社である『ベースボールマガジン』誌に連載が移って、継続連載したものの、編集長交代によるリニューアルとともに連載中断。出版化を諦めつつあったときに、関係者の尽力によって、またまた別の出版社から何とか出版にこぎつけました。

まるで、西鉄から太平洋・クラウン、そして西武へと短期間で移り変わったライオンズそのもののような経緯だけに、ようやく完成した喜びでいっぱいです。


稀代の名レスラー・三沢光晴氏が亡くなって、今年で七回忌を迎えました。期せずして、生前の三沢さんにお世話になった3人が集まり、「何か三沢さんの物語を作りたいね」と話していたことが、トントン拍子にまとまり、「三沢さんの命日である6月13日までに完成させよう」と一気に取材をし、怒涛の如く書き上げました。

出版をご快諾いただいた三沢夫人、そして三沢さんの最期を看取った医師の取材協力なくしては、この物語は完成しませんでした。アクシデントが起きて、救命治療を施し、息を引き取るまで……。関係者たちの生々しい証言を基に、「あの日」を描き、そして、今もなお多くの人々に影響を与え続ける「あの日からの三沢光晴」を描いた物語です。


女子野球日本代表・マドンナジャパンを追いかけ続けて、早くも10年の月日が流れました。昨年、宮崎で行われたワールドカップ(W杯)にも大会期間中、ずっと代表に密着しました。そしてつかんだ、大会四連覇。マドンナジャパンの強さは本物でした。

けれども、なかなか世間の認知度は高まりません。「何とか力になれないか」と考えていたところ、女子野球関係者から、「ぜひ本を出してほしい」と力強く後押しされて、書き上げたのがこの本です。本書発売後も、選手たちが大会会場で販売してくれたり、本当に感謝、感謝、感謝です。

この本には、マドンナジャパン一人ひとりがどんな思いを抱えて野球をやっているのか、どんな人生を歩んできたのかが書かれています。来年2016年は韓国でW杯が行われます。もちろん、僕もまた帯同するつもりです。


2011年に発売された本書。この本によって、僕の物書きとしての人生は大きく変わりました。地味な題材でありながら、多くの人に読んでいただき、「マイナーなものに光を当てることの意義」を改めて認識した次第です。

そんな思い出深い本が、加筆して文庫化されました。それまで面識のなかった若き編集者から突然、「文庫にしませんか?」と連絡が来たときの喜びは忘れられません

この『最弱球団』があったから、今年発売した『極貧球団』が生まれました。実はこの『○○球団』シリーズ、僕の構想では全三部作の予定です。第三弾の発売はいつになるのか? もうしばらく頑張るつもりです。


そして、本日全国発売となったのが、この本です。僕はかつて『Cawaii!』というギャル雑誌の編集者でした。当時、この雑誌は売れに売れまくっていました。女子高生たちは本当にパワフルで、元気に渋谷を闊歩していました。

しかし、僕がこの編集部を去りフリーランスとなった後に、この雑誌は次第に失速を始め09年に休刊します。その知らせを聞いたとき、僕は自分の耳を疑いました。あれだけ元気だった雑誌が休刊するという事実を受け入れることができなかったからです。

そこから、旧知の先輩、後輩たちに話を聞き、この雑誌の生涯と、女子高生カルチャーを描くことを決めました。しかし、思いのほか難航して完成までに6年近くかかってしまいました。

あの雑誌が生み出したものは何だったのか? 女子高生カルチャーとは何だったのか? ギャルはどこから生まれ、どこに行ったのか? そんなことをまとめた本です。



……以上、今年刊行された5冊について振り返ってみました。ジャンルもテーマもバラバラですが、来年以降も自分の気になること、自分が読みたい本を作っていこうと思っています。

来年はすでに2冊の出版が決まっています。数年にわたって、取材を続けているテーマも3本ほどあります。2016年も元気に精力的に頑張っていくつもりです。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!


shozf5 at 19:03│ 執筆、執筆、執筆…… 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場