2012年12月31日

そう、「それでも、真っ直ぐ、前を――」!

2013年、すばらしい年に!

2012年も、いよいよ暮れようとしています。
今年は、どんな一年だったでしょうか?

最近、とみにこの日本全体を取り巻く閉塞感や、
行きかう人々の活気、活力の不足を感じるような気がします。

2008年秋のリーマンショックは、フリーランスにとっても、
ジワジワと暗い影を及ぼし始め、辛い思いをしました。
2011年の東日本大震災にも大きな打撃を受けました。

それは、フリーランスライターに限らず、
他の職種においても同様のこと思います。

そんな時代において、自分に何ができるのか?
自分が果たすべき役割とは何か?
そんなことを考えながら、少しでも、
勇気や元気を感じられる物語を作りたいと思っています。


今年一年はいろいろな取材、執筆をやらせていただきました。

2月に『不滅 元巨人軍マネージャー回顧録』を、

不滅 元巨人軍マネージャー回顧録
不滅 元巨人軍マネージャー回顧録


そして、8月には『私がアイドルだった頃』を、

私がアイドルだった頃
私がアイドルだった頃


さらに12月に、『マドンナジャパン 光のつかみ方』を発売しました。

マドンナジャパン 光のつかみ方――世界最強野球女子
マドンナジャパン 光のつかみ方――世界最強野球女子


1年間に3冊の単行本を出版。個人的には大きな自信となりました。
取材を通じて出会った方々は、みな生きる勇気を与えてくれました。

『不滅』で描いた、巨人軍の元マネージャーは、生涯を通じて、決してスポットライトを浴びることはなくても、裏方として生きる美学、「どんな人にも与えられた役割があり、それをまっとうすることでこそ輝く」、そんなことを教えていただきました。

『私がアイドルだった頃』に登場してくれた「元アイドル」たちは、「いいときもあれば悪いときもある。それでも決して浮かれ過ぎても、腐ってもいけない」、そんなことを学ばせていただきました。

『マドンナジャパン 光のつかみ方』で描いた、女子野球日本代表20名――マドンナジャパン――からは、自分の好きなことを貫き通す強さと凛々しさ、「たとえ困難に直面しようとも、諦めず、嘆かず、やり抜くことの大切さ」、そんなことを伝えていただきました。


来年は、春に一冊、秋に一冊の新刊も発売予定です。
再来年刊行を目指した新連載もいよいよ始まります。
その他にも、準備を進めている企画も、いくつかあります。

いろいろとふさぎこむことも多く、生きることの難儀を感じます。
日々の中で、心が折れることも、悲嘆にくれることもあります。
それでも、真っ直ぐ、前を見据えて、力強く生きていきたいです。

そう、それでも、真っ直ぐ、前を――
そんな思いで、来るべき2013年を迎えたいと思っています。

皆々さま、今年一年、どうもありがとうございました。
どうか、よい年をお迎え下さい。





shozf5 at 12:22│ ボーッとしながら考える 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場