2012年09月27日

「太平洋・クラウン」連載・掲載誌変更のお知らせ

太平洋・永射保氏

『野球小僧』2011年12月号から、ここまで5回続けてきた、
「太平洋クラブ&クラウンライターライオンズ」連載ですが、
同誌のリニューアル化に伴い、いったん連載を中断し、
新態勢で改めて、連載を再開することとなりました。

多くの読者の方に混乱を招いてしまって、
大変心苦しく思います。
また、詳細がなかなか確定せずに、
発表が遅れてしまい、大変申し訳ありません。

今後は、発表媒体を『野球小僧(白夜書房)』誌から、
ベースボール・マガジン社の『ベースボールマガジン』誌へと、
出版社も掲載誌も変更させていただくこととなりました。


現在決まっているのは、以下の通りです。


『ベースボールマガジン』3月号(13年1月発売)より、
「ライオンズ波瀾の6年間――太平洋・クラウンその興亡」(仮)
と改題して、連載を再開させていただきたく思います。



連載当初からお世話になっている、元球団代表・坂井保之氏に、
今回の掲載誌変更の経緯をご報告しました。

坂井保之氏


坂井さんからは、

「今回の掲載誌変更をきっかけに、さらに、太平洋クのこと、
あの悲惨な歴史を十分に書き込んでください。
もう43年にもなり、生き証人がどんどん減っていると思います。
それだけに、貴重な記録です。健筆を祈ります」

と、激励のメッセージをいただきました。


何度も親会社が変わった「流浪の球団」の物語が、
版元も掲載誌も変わった「流浪の連載」となるのも、
あの頃のライオンズのようで、何かの因縁でしょうか?

これまで、取材はしたものの、原稿にしていなかった、
竹之内雅史氏、吉岡悟氏、永射保氏、滝内コーチ、
さらに、平和台球場ウグイス嬢、球団フロント……、

それぞれの方々の証言と今後の新規取材を交え、
引き続き、連載を展開していくつもりでいます。


連載再開までにはまだ少し時間がありますが、
ぜひ、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


shozf5 at 14:38│ 執筆、執筆、執筆…… 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場