2012年08月30日

「第8回全日本女子硬式野球選手権大会」、無事に終了!

尚美優勝!

686ecef7.jpg

昨日、無事に「第8回全日本女子硬式野球選手権大会」終了。

カナダ・エドモントンでのW杯に引き続き開催された、
今年の全日本選手権大会は過去最多となる32チームが参加。

W杯戦士たちも、休む間もなく自分のチームに戻って参戦。
日の丸とは違うユニフォーム姿が、僕にも新鮮に映った。

決勝戦は、尚美学園大学対侍
両チームともに、日本代表選手が3人ずつ所属。
また、両チームともに、過去二度ずつの優勝経験を誇る。

強豪チーム同士の決戦は、11対3で、尚美が勝利。
二年連続三度目の優勝を飾った。

これで、尚美・新谷博監督は、W杯、全日本と完全制覇。
「世界一」と「日本一」の称号を手に入れた。

磯崎・寺部

尚美は、W杯MVPの磯崎由加里投手に加え、
2年生の寺部歩美投手の両輪が活躍。


花咲徳栄高校時代の寺部さんの剛腕は印象深い。
大学で伸び悩んでいるように映っていたけれど、
ぜひ、今後のさらなる飛躍に、ぜひ期待したい。

4番を任された大山唯選手の打撃は図抜けていた。
下半身の安定したあの打撃フォームは実に美しい。

侍・準優勝

2位は侍。
W杯戦士の中島梨紗、直井友紀、六角彩子の
クリーンアップは破壊力抜群だった。

三位・アサヒトラスト

3位はアサヒトラスト。
志村亜貴子、西朝美ともに、W杯の疲労を抱え、
さらに満身創痍の身体で奮闘した。
未来のジャパン候補・高校2年生の加藤優選手は、
その潜在能力の高さを、ここでも証明した。

(余談だけれど、加藤さんを見ていると、
僕は、カープの堂林のようなきらめきを覚える)

三位・成美

元ジャパン・キャプテンの長野監督率いる福知山成美は、
もはや日本を代表する強豪チームに成長した。
川口琴、木下ゆみ、古谷恵菜ら、豪華投手陣は、
今後、どれだけ成長していくのだろうか?


……僕にとっても、カナダ、松山と、
女子野球漬けの8月が終わろうとしている。

けれども、これから久々に女子野球について、
まとまった原稿を書こうと思っている。
試合は終わったけれど、取材はこれからだ。

彼女たちから、どんな言葉が聞かれるのか?
楽しみに、来るべき9月に備えたい。

shozf5 at 10:34│ 今日も元気に女子野球! 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場