2012年07月16日

トラ、トラ、トラ、『¥マネーの虎』本3冊!

お手伝いさせていただいた本が先週発売された。

美空家の歳時記~昭和を生きた家族の絆
美空家の歳時記~昭和を生きた家族の絆
クチコミを見る


美空ひばりの一人息子・加藤和也氏の新刊。
タイトルは、『美空家の歳時記』

ひばりさんの当時の日記や手紙を基に、
亡き母の思い出をつづった歳時記風エッセイ。

今回、本書の制作のお手伝いをしたわけだけれど、
その過程で和也氏とはいろいろ話し合った。

71年生まれの彼は僕より一つ年下だけれど、
やはり同世代ということで幼い頃に夢中になった
アニメや漫画やテレビの話題でかなり盛り上がった。
さらに、彼が熱狂的な寅さん好きというのも嬉しかった。

国民的歌手である美空ひばりと、
一私人である加藤和枝の両面を知る数少ない
忘れ形見である和也氏の話は、刺激的だった。

話を聴いている間、何度も「ひばりさんに会いたい」と思った。
彼女にインタビューをしてみたかったなぁ……。


さてさて、加藤和也氏と言えば『¥マネーの虎』の印象が強い。
ご存知ない方のために簡単に説明すると、
『¥マネーの虎』とは2001年から放送されていたバラエティ。

一般人である起業希望者が、名うての成功者を前に、
自らの事業計画を懸命にプレゼンする。
共感を得られれば、投資をしてもらえるという番組。

番組では、事業に成功した成功者を「虎」と呼んでいた
真面目な志願者、頓珍漢な志願者を前に、
「虎」たちは厳しくも温かいアドバイスを与え、
その丁々発止のやり取りが実に面白かった。

その「虎」の一人が和也氏だった。


……さて、僕はなぜか、「虎」に縁がある。


実は、加藤和也氏の本は、
僕にとって3冊目の「虎」本になる。



高橋がなり 強く生きる言葉
高橋がなり 強く生きる言葉
クチコミを見る

AV界の革命児・高橋がなり氏
雑誌『フロムA』の連載に始まり、彼のブログ、
カルチャースクールでの講義など、数年間彼と行動をともにした。

『¥マネーの虎』では、ときに過激派、ときに人情派として、
志願者を一喝したり、温情をかけたりしていた。

この『高橋がなり 強く生きる言葉』は、
彼の考えを格言風にコンパクトにまとめたもの。
本当にシャイながなりさんは、とても魅力的だった。


すべての今日は成功に通ず
すべての今日は成功に通ず
クチコミを見る

続いて、生活創庫・堀之内九一郎氏の
『すべての今日は成功に通ず』

こちらは、雑誌『CIRCUS』の連載で知り合い、
その後、「本作りを手伝ってよ」と頼まれ、
彼の著作作りに関わることになった。

堀之内さんはホームレスからの成功者として、
『¥マネーの虎』でも、異質な存在感を誇っていた。

堀之内さんは常に冷静で酒の呑み方、
金の使い方など、さまざまな哲学を教えてもらった。



これらの3冊の本は出版社も違えば、編集者も異なる。
それなのに、本当にさまざまな偶然から、

「虎の本を手伝ってくれませんか?」

という依頼が、僕の下に届けられたのだった。
今では、その偶然に感謝したい。


昨日、久々にこれらの本を取り出してみた。
がなりさんも、堀之内さんも、2人の言葉は、ともに強く、熱い。

ちょっと元気が足りないとき、気合い不足のとき、
自分に喝を入れたいとき、ページをめくってみるとしよう。







shozf5 at 11:00│ 執筆、執筆、執筆…… 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場