2012年07月14日

「プロ野球を支えた男」からの貴重な贈り物

DSC_0424


土曜日の午前中、ノンビリと眠っていると、
大きな段ボールの宅急便が届けられた。
差出人は、以前取材したご老人だった。

「彼」は、1931年生まれで今年で82歳になる。
プロ野球コミッショナー事務局員として
その生涯を、プロ野球発展のために捧げてきた。

第3代目となる内村祐之コミッショナーを尊敬し、
今でも「歴代コミッショナーでは内村さんが別格」と慕う。

内村コミッショナー主導の下、
『オフィシャル・ベースボール・マガジン』を創刊し、
長年にわたって、一人で執筆を続けてきたのも彼だったし、
1965年の第一回ドラフト会議を取り仕切ったのも彼だった。

僕が、「ドラフト会議を創った男」、「プロ野球を支えた男」と、
彼のことを評すると、当の本人はいつも首を振る。

「私は事務局員としての仕事を全うしただけです」

と、淡々と語る。

2003年、出版社を辞してフリーの道を選んだとき、
僕は、北鎌倉の彼の自宅に何度もお邪魔して、
1950〜80年代のプロ野球の話を聞き続けた。

彼の記憶は鮮明で、事務局の法規部長として、
ドラフトなどさまざまな制度の策定に関わってきただけに、
実に筆まめで、多くの資料を保管していた。

僕は、彼の話に夢中になった。
フリーになった直後で、仕事もなく、時間はたくさんあった。

それから、断続的に彼の自宅に行き、
お互いの近況報告をしながら野球話をした。

その彼からの貴重なプレゼントだった。
彼が執筆した『オフィシャル・ベースボール・ガイド』など、
今では入手困難な書籍や資料、数十冊が入っていた。

さっそくお礼の電話をすると、彼は言う。

「私が持っているより、あなたが持っていたほうがいいから」

何とも、温かい気持ちになった。

彼からお預かりした貴重な資料の数々。
ぜひ、今後の執筆にきちんと役立てたいと思う。

まだ実現していないけれども、いつか必ず、
彼の人生、彼の仕事をきちんと形にしたい、
……そんな想いが、さらに強くなった。


DSC_0425





shozf5 at 20:49│ スタジアムでビール! 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場