2012年06月26日

女子野球日本代表、「華の1991年組」

華の91年組

6月23、24日にかけて、埼玉・尚美学園大学で行われた、
女子野球日本代表「マドンナジャパン」合宿について、もう少し。

かつて、『1991年生まれは、女子球界の「松坂世代」か?』
題するエントリーを書いたことがある。(07.09.24)

それは、昨日も触れた、埼玉栄高校の
実力派1年生たちを見て感じた思いだった。

新宮有依、磯崎由加里、六角彩子の3人はとにかく光っていた。
この3人は、それぞれが順調な成長曲線を描き、
現在では、それぞれが代表チームに欠かせない戦力となった。

最終的には20名まで絞られることになるが、
現在の日本代表候補選手は、全24名。

この24名の中に、91年世代がどれぐらいいるのか?
改めて、確認をしてみると、
91年生まれ、92年早生まれの選手は6名いた。

・新宮有依(平成国際大学)
・磯崎由加里(尚美学園大学)
・六角彩子(侍)
・直井友紀(侍)
・大山唯(尚美学園大学)
・三浦伊織(京都アストドリームス)


上の写真は、全日程終了後、
帰り支度をしているところを撮らせてもらった。

左上から、直井、磯崎、新宮、
左下から、六角、三浦の5名の選手。
大山選手も呼ぼうと探したけれど、
近くにいなかった、残念(笑)。
ということで、大山選手の単独写真を。

大山唯


この中で唯一のプロ・三浦選手は、
神業としか言いようのないバットコントロールが身上。

早い段階でトップを作る独特のフォームと、
ヘッドが遠回りしているように見えながらも、
まったく力まず、脱力感たっぷりで
常にボールとバットがフラットに接触する、
唯一無二の打撃センスはとっても魅力的だ。

直井選手は、「どこまでこの子は元気なんだ」という、
ムードメーカーとしての役割を任じつつ、
パワフルな打撃と全力プレーがとても魅力的。
彼女がグラウンドにいるだけで、ついつい視線が行ってしまう。

大山選手は、中学生の頃から日本代表メンバー入り。
僕も含めて、協会スタッフたちも、どうしても、
彼女のことを中学生だった頃のイメージで見てしまいがちだが、
率先して練習準備、撤去作業をしたり、選手に指示を出したり、
グラウンド内外のリーダーシップがとっても光る。


6人6様のプレースタイル、個々のパーソナリティー。
彼女たちは、カナダでどんな活躍を見せてくれるのか?
ケガには気をつけて万全な体調でカナダに臨んでほしい。



実は、1989年世代も、

・山崎まり(アサヒトラスト)
・里綾実(福知山成美高コーチ)
・中村茜(兵庫スイングスマイリーズ)
・川端友紀(京都アストドリームス)


と、タレントぞろいなのだが、それは別の機会に触れるとしよう。



shozf5 at 09:55│ 今日も元気に女子野球! 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場