2011年03月25日

19歳のアイドルと36歳の元アイドル。

清水寺 (2)

※先日訪れた、京都・清水寺!

昨日(24日)、久しぶりに一日3本というインタビューをした。
震災のために延期になっていた分と、もともと予定されていた分。

先週は、ヒマで仕方がなかったけれど、
おかげさまで今週は通常に戻りつつある。

今週は3日で、8人の女性にインタビューした。
ここ最近、女性にインタビューする機会が
めっきり減っていただけに、とても珍しい。

それぞれ別の企画なのだけれど、
重なるときには重なるものなのだろう。


で、昨日は午前中に、デビュー直後の売り出し中アイドル。
昼過ぎに、アラサー・売れっ子タレントさん。
で、夜は、いつもの「元アイドル連載」インタビュー。
慌ただしかったけれど、とても楽しい時間だった。


……それにしても。


僕は改めて「人生いろいろだなぁ」と痛感する。

午前中にインタビューしたアイドルは19歳。
夜にインタビューした元アイドルは36歳。


19歳のアイドルは、「明るい未来」を無邪気に信じていた。
そこで語られる言葉は、すべてが明るくみずみずしかった。

一方、36歳の元アイドルは、結婚、引退、離婚、復帰を経て、
「厳しい現実」を踏まえた上での現実的な発言が多かった。

とは言え、決して暗く、辛気臭い話ばかりではなかった。
さまざまな経験を経た上での言葉は重く、確かに胸に響いた。

そして、そこには今も失われていない往時の美しさと、
年齢を重ねたことで得た大人のおだやかさがあった。


19歳のアイドルと36歳の元アイドル。


現役アイドルには、その無邪気さが損なわれることのないように、
元アイドルには、自ら「第二の人生」と語る、
タレント人生第二章が、思い描いた理想のものとなるように。

漠然とそんなことを考えながら、帰路についた。
頭は疲れていたけれど、心地よい疲労感があった。


※追記・12.08.24
上に書いたものをまとめた新刊
『私がアイドルだった頃』が発売されました!
私がアイドルだった頃
私がアイドルだった頃
クチコミを見る


shozf5 at 09:59│Comments(0)TrackBack(0) 取材・インタビュー…… 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場