2011年03月20日

女子プロ野球オープン戦観戦!

河本悠投手


昨日(19日)は、京都・わかさスタジアムに行き、
オリックス・バファローズ対広島東洋カープと、
京都アストドリームス対兵庫スイングスマイリーズを観戦。

天気も良く、昼から二試合、野球漬けということで、
軽く日焼けし、顔が赤くなってしまった。

さて、僕にとって、今年最初の女子プロ野球は、
京都が14対1で完勝した。

佐々木新監督の指導の成果のたまものなのか、
各選手、実によくバットが振れている印象だった。

トレードで新加入した松本育代、小久保志乃、
両選手が活躍し、シンデレラインタビューを受けた。

松本選手は、昨年は出番に恵まれなかったものの、
アマチュアのBLESS時代から、
元気でキビキビしていていい選手だと思っていたので、
ぜひ、今年は新天地での大暴れを期待したい!

京都の先発は、新キャプテンの河本悠投手。
昨年同様、テンポのいい小気味いい投球を披露した。

試合開始直前の投球練習を見ていて、
彼女が手にしていたピンクのグラブが気になった。

遠目に見ても実に鮮やかで、女子選手らしく、
「とってもかわいいな」と思った。


一方の兵庫は完敗を喫したとはいえ、
中村茜選手が、外野、内野、捕手を、
田中碧選手が、投手、外野、内野を、
奥田実里選手が、内野と捕手を、
などなど、各選手がマルチポジションを守れ、
さまざまなオプション展開が可能の嫌らしい布陣が印象的。

大敗を喫したものの、それでも昨年優勝した兵庫は、
今年も、ますます実力アップしたように思う。

河本投手新グラブ


試合終了後、殊勲の河本投手に話を聞いた。
その際に、ピンクのグラブを見せてもらった。

「私、ピンクが好きなんです!」という河本さん。
間近で見ると、そのピンクは実に鮮やかで、
もちろんルールにも抵触しないので、
今後は「ピンク=河本」のようなイメージが定着するだろう。


ここ最近、気が滅入ることばかりだったけれど、
やっぱり、野球は面白いと痛感。

そして、女子プロ野球の2年目は、更なる進化が期待できて、
今年も、ぜひグラウンドで彼女たちの躍動する姿を見たいと思った。


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場