2010年10月15日

所属年数1年、出場試合0の元プロ野球選手

雨上がりの黒蝶

昼下がりの軽井沢は涼しくて気持ちがよかった。
本日は、軽井沢の別荘で元プロ野球選手の取材。

現在74才の、その方が高橋ユニオンズに在籍していたのは、
1954(昭和29)年、彼が18才のときのわずか1年だけ。
試合出場経験は「0」。2軍の試合で2試合を投げただけ。

その年のオフ、19才になったばかりで
球団から解雇通告を受け、以来55年が過ぎた。

長い人生の中のわずか1年。
それでも、その記憶はヴィヴィッドなままだった。

たとえ、わずか1年だけの在籍であっても、
たとえ、わずか1試合の出場経験さえなくても、

「私は、確かにプロ野球選手でした」

という、彼のプライドが僕の耳に心地よく響いた。

……それにしても、聞けば聞くほど、
高橋ユニオンズというのはメチャクチャな、
だからこそ、魅力的なチームだったと再認識。

ぜひ、いい形で連載を終え、いい形で書籍化したい。





この記事へのコメント

1. Posted by 肉野菜いため   2010年10月16日 19:21
書籍化楽しみにしてます。

ユニオンズは伝説の球団ですね。もちろんリアルタイムでは知りません。

知ってることといえば、スタルヒンが初の300勝を達成した時の球団がトンボだった。ということと、伊藤四郎や滝といった投手が活躍して、黒田博樹の親父さんも一時在籍して、監督が浜やん(浜崎真二)と笠原と、あと誰だったか…。
そうそう、佐々木信也が新人最多安打記録を作ったんですね。
レッカも三振の新記録作りましたが…。


あと近鉄から譲り受ける予定だった杉山光平が鶴岡親分に横取りされて、結局これがケチのつき始めになったような…。


そんな感じです。

上っ面の知識ひけらかしすいませんでした。
2. Posted by SHO   2010年10月18日 10:30
肉野菜いためさま

こんにちは。
ユニオンズについて、すごく詳しいのでビックリです(笑)。
伊藤四郎氏、滝良彦氏にはお会いして、
当時のお話を伺いました。
つい先日は、佐々木信也さんにもお会いしました。
今回の企画は佐々木さんがいなくては、
到底成り立たないものでした。
まだまだ取材が続きますが、
ぜひいい形でまとめたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。



3. Posted by 偽物ロレックス   2018年01月05日 01:38
当社の販売のさまざまな国際ブランド、
ルイヴィトンバッグ、エルメスコピー、
ロレックスコピー、オメガ コピー、
シャネル時計コピー、スーパーコピーバッグ、
当社は誠心誠意あなたのためにサービス、

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場