2010年08月22日

女子プロ野球と『スクール☆ウォーズ』 〜「切り替えて」を「切り替えて」〜

今日の女子プロ野球の試合終了後、僕は、
あるドラマのワンシーンを思い出していた。

1984年に放送された、ドラマ『スクール☆ウォーズ』の
伝説のワンシーンだ。長くなるけど、時間のある方はぜひ。



京都の選手が手を抜いているというつもりはないけど、
「負けたけど明日から気持ちを切り替えよう」的な雰囲気が、
チーム内に満ち満ちていることには違和感を覚える。

年間を通して戦うプロ選手なんだから、
ひとつの敗戦をいつまでも気に病む必要はないと思う。

それでも、前期の結果や後期のここまでの戦い方から、
もはや「切り替え」だけで済む問題ではないのではないか?


打てなかったこと、抑えられなかったこと、
負けたことが問題なわけじゃないのだ。


同じプロ選手でありながら、どうしてこんな大差がつくのか、
「切り替えず」に、見つめ直す必要があるのではないか?

今こそ、負けた悔しさを「切り替えず」に
抱き続けることこそ、大切なのではないだろうか?


今日の敗戦が悔しくて、悔しくて、今晩、
一睡もできないような選手はいるだろうか?

今日、たびたび見せた深澤美和選手のヘッドスライディング、
うつむき加減でグラウンドを後にした大倉三佳キャプテン。
全身を使った精一杯の投球を見せた河本悠投手。
大事な場面で自分の仕事をした三浦伊織、川端友紀両選手。
彼女たちの姿には希望の可能性を見た気がするのだが……。


このドラマの中には印象的な二校の戦い方が登場する。
負け癖のついた川浜高校の無気力ぶりと、
大差での勝利で緊張感の切れた相模一高の試合運び。


演出上、多少、オーバーに描かれているけれど、
こういう光景は取材を通じて、しばしば目にする。

現在、女子プロ野球ファンはとても優しい。
けれど、その優しさに甘えていては、
絶対に早晩、見捨てられてしまうだろう。

立ち上がったばかりの女子プロ野球が、
このドラマのような状態にならないように、
京都の、もうひと踏ん張り、ふた踏ん張りを見たい。


プロである以上、結果も求められるという、
シンプルかつ、当然の命題を改めて考えた次第だ。

先ほど届いた京都アストドリームスのメルマガに、
「切り替えて」の文字があったために、
ついつい、長文をエントリーしてしまいました。
……長文にて、失礼いたしました。




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ミミ   2010年08月22日 23:12
正直、私もそう思っていました。京都の選手たちは悔しくないんでしょうか。
2. Posted by japan   2010年08月23日 08:42
おはようございます♪。
sho様
 後半戦も一方的な結果になりつつありますが、悔しさをバネに!後半戦何とか巻き返して欲しいと思います♪。
 余り差がついてしまうと、トレ−ド等も有り得る???。
 
 また、現状の動員数はどれくらいなのでしょうか?、収入面も今後の課題になりそうな気がします・・・・。
 
 あと、ベネズエラの結果も気になりますネ♪。
3. Posted by ナックル王子   2010年08月23日 16:15
弱いチームが無気力になるのは男子でもある事です。
横浜ベイスターズがそのような状態に陥ってますね。
ただ問題なのはたった2チームしかいないためチームの問題がリーグの問題にまで波及してしまう事です。
京都が弱すぎるために兵庫が空気を読んで手を抜くって事にまで発展するとかなり問題です。
小西選手の先発が減ってるのはひょっとして手を抜いてる?と疑ってしまいます。
やはりチームは増やさないとダメですね。
弱いチームを強くする事は簡単ではないです。
チームが増える当てはないんでしょうか?
4. Posted by SHO   2010年08月26日 22:39
ミミさん
こんにちは。
決して悔しくないことはないと思います。
ぜひ、歯車が元に戻るように応援したいですね。

japanさん
こんにちは。
今シーズンのトレードはないようです。
今年のトライアウトで、どう振り分けるかがポイントですね。

ナックル王子さん
こんにちは。
まさにおっしゃる通りですね。
チームが増えればいいのですが、
来年度はそのままのようです。
京都の頑張りに期待したいです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場