2010年08月22日

第4回女子野球ワールドカップ・15.第8戦アメリカ戦!

里投手


21日は、いよいよ決勝ラウンド初戦・対アメリカ戦が行われた。
ここからはトーナメント方式に変わるため、
本当に、もう、ひとつも負けられない戦いが始まる。

ベスト4に残ったのは、以下の4チーム。

・日本
・アメリカ
・ベネズエラ
・オーストラリア


日本はこの日、アメリカと戦うことになった。

日本の先発は中1日で新宮有依(平成国際大学)。

13日・キューバ戦……完投勝利
19日・カナダ戦……完投勝利


ここまで2試合に登板して、2完投勝利。
おそらく相当、調子がいいのだろう。

新宮投手は、埼玉栄高時代から注目していたが、
大学に進んだ今年、さらに進化した世界有数の好投手。
疲労はあるだろうが、ぜひとも踏ん張ってほしい。
期待を背負った上での登板となった。

先制点をどちらが取るかがポイントだと思っていたが、
待望の先取点は日本チームが手にした。

1回裏、一死後、2番・志村亜貴子(アサヒトラスト)が、
セカンド内野安打で出塁すると、
大倉監督は3番・六角彩子(サムライ)にバントを命じた。

1死からの送りバントは、「何としてでも先取点を」という
大倉監督の執念が透けて見える采配だった。

その後、4番・西朝美(マドンナ松山)が敬遠、
5番高島知美(平成国際大学)がレフト前ヒットで満塁。

続く、キャプテンの6番・金由紀子(ホーネッツ)に対して、
アメリカの先発投手は、押し出しのデッドボール!
日本チームは予期せぬ形での先制点を挙げた。
余談となるけれど、金さんは本当に死球が多い(笑)。


先発の新宮投手は2回表こそ3者凡退に抑えたものの、
初回、3回、4回とピンチの連続。
3回表には1点を失い、同点に追いつかれる。

5回表に無死1、2塁の場面を作ると、大倉監督は、
今大会で最も頼りになる里綾実(写真・尚美学園大学)へスイッチ。
新宮投手は疲労と多大なプレッシャーの中、
見事に、みんなの期待に応えたと思う。

里投手は、代わりばなヒットを喫して、
いきなりノーアウト満塁の大ピンチとなってしまった。

しかし、ここからが圧巻だった。

続く打者をホームゲッツーでアウトにすると、
その後も、落ち着いた投球で見事に抑えて、
この回のアメリカ打線を0点に完璧に封じた。

野球とはやはり「流れ」のスポーツで、
大ピンチを切り抜けた後は勢いが自軍に訪れる。

5回裏の日本は、3番の六角選手のタイムリーで、
待望の1点を挙げてアメリカを引き離した。

ここでも大倉采配が光ったのは1死から、
2番志村選手に命じた送りバント。
結果として続く六角選手のタイムリーの呼び水となった。

さらに6回裏には、1番・中野菜摘(尚美学園大学)、
3番・六角のそれぞれ2点タイムリーで4点を追加。
アメリカに引導を渡すことに成功した。

里投手は、最後まで投げ切って今大会3勝目を挙げた。
日本チームは、これで決勝戦進出!!!!!!!!!
明日、ベネズエラ対オーストラリアの勝者と決勝を戦う。

さぁ、残すはあと1試合!
泣いても笑っても明日ですべてが終わる。

長丁場の戦いで相当、心身ともに疲労困憊だろう。
それでも、残り「あと1試合」だ。

ぜひとも、日本チームには総力結集、全員野球で、
最後の踏ん張りを期待したい。頑張れ、大倉ジャパン!


JAPAN 6, U.S.A. 1 (Aug 21, 2010 at MARACAY)
------------------------------------------------------
U.S.A............... 001 000 0 - 1 7 1 (0-1)
JAPAN............ 100 014 X - 6 8 1 (1-0)
------------------------------------------------------











トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Tママ   2010年08月22日 08:39
5 いよいよ明日までですね。選手の皆さん、疲労もあるでしょう。でも、泣いても笑っても、明日で終わり。金メダル待ってます(o^_^o)
皆さんが金メダルを持って帰国する姿が目に浮かぶようです。頑張れ〜
大倉ジャパン〜(^-^)v
2. Posted by カナ   2010年08月22日 09:21
5 やったー明日も頑張って

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場