2010年06月25日

あぁ、アイドルの年齢詐称……

ある人物にロングインタビューをする場合、
事前に過去のインタビュー記事や自叙伝などを取り寄せて、
その人物の、これまでの来歴を頭に入れている。

その際に役に立つのが、「自家製の年表」だ。
で、現在、毎月取り組んでいる「元アイドル」連載でも、
毎回、年表を作成して取材に臨んでいる。

すると、たびたび「アレ、おかしいな?」という事態に陥る。
たとえば、Aという記事とB、Cという記事で、
同じ出来事について語っているので、
それを年表に加えようとすると、
それぞれ1年ずつズレていたりすることがある。

たとえば、「中学のときに○○という映画を見た」という発言がある。
その映画の公開時期を調べると、それは公式プロフィール上では、
彼女の高校時代に公開された映画になっている。

その逆ならば、地方などで少し遅れて公開されたのかもしれないし、
あるいはビデオやDVDで公開後に見たのかもしれないと思えるけど、
このケースだと、「記憶違いか?」としか思えない。

同じことは、「筑波万博」や「阪神大震災」など、
歴史上の出来事、ニュースでもしばしば見受けられる。


(明らかに、前後関係が矛盾しているな……)


そんなケースがしばしばある。
もちろん、いい加減に書かれた記事もたくさんあるので、
記事をすべて鵜呑みにすることはできないけれど、
大抵、こういうケースの場合、年齢を詐称していることが多い。
特に、早生まれの人の場合に多い。

早生まれだと、たとえば同じ1985年生まれでも、
1984年生まれの学年と1985年生まれのひとつ下の学年と、
絶妙な感じでゴチャゴチャになって1年ごまかせる。

わずか1年をごまかすことにどんな意味があるのか、
よくわからないけれど、
それでも当事者にとっては大きな問題なのだろう。

ある芸能関係者は言う。


「芸能人には【実年齢】と【タレント年齢】があるんだよ」


そう言って、何人かの現役タレントの実例を挙げた。

……ふ〜ん。そういうものなのか。
でも、それって何の意味があるんだろう?




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場