2010年06月22日

心がつらいときには「君は何かができる」と「ありがとう」を



……どうも最近、心理的に調子が良くない。
今、抱えている仕事であれこれと考えているからなのか?
きっと、いろいろと疲れているのだろう。

こういうときは酒を呑んでも、心身ともにおいしくないので、
以前よりも(多少)控えめにして、部屋で本ばかり読んでいる。
(と言っても、毎日、酒場に繰り出しているけれど……)


で、つらいときには、今でも口ずさむ歌がある。
アニメ版『キャプテン』のオープニング「君は何かができる」。


マンガ『キャプテン』が最高傑作であるということは、
今さら言うまでもないけど、この作品はアニメ版も素晴らしい。
映画版については、あえてここでは触れないけど(笑)。

先週の「週刊ベースボール」で「球界 チームリーダー論」という、
実にすばらしい特集が組まれていたのだけれど、
その企画内で、マンガ版『キャプテン』も特集されていた。

この特集を読んでいて、改めて『キャプテン』を読みたくなった。
で、僕の仕事部屋には、すぐに手に取れるように、
『キャプテン』『プレイボール』が全巻そろっている。

以前、弟に「久々に『キャプテン』を読みたいなぁ」と言ったら、
「何? 『キャプテン』持ってないの?」と驚かれ、
すぐに全巻そろえて、『プレイボール』とともに贈ってくれた。

だから、読もうと思えばすぐに読めるのだけれど、
今はちょっと読めない。だって今週は締め切りのピークだから。


(まぁ、一冊ぐらいいいか……)


ちらっと、そんな思いが頭をよぎったけれど、
それで何度も眠れない夜を過ごしてきた経験がある。

ということで、

(今は締め切りと睡眠が先決)

と心を鬼にして原稿と格闘しているところなのです。
だから、今はユーチューブでガマン、ガマン。




以下は、映画版の主題歌。これはこれでありだよね。






トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by よかろうもん   2010年06月22日 10:50
5 私も少年時代、野球漫画を読むのが毎日の楽しみで、「キャプテン」・「プレイボール」大好きでした。今思うと23年前、「キャプテン」に感化され、小学6年生のときに自分たちでチームをつくり、自分たちで練習を楽しんだ事が懐かしい。このチームの指導を続けて23年、イガラシ君みたいなキャプテン、野球小僧に数多く出会えることも、指導者としての楽しみの一つになってます。
2. Posted by ヤナセ   2010年06月22日 13:10
初めてコメントします。僕もキャプテン大好きです。アニメは見たことないけど、漫画は何度も読んでいます。それにしても、いい歌ですね。
3. Posted by JIROU   2010年06月23日 00:21
 こんばんは。
 僕もモチベーションが上がらない時は、たまに聴いています!
 また東京に行く機会が出来そうです。
 色々お話できるといいですね。
 
4. Posted by SHO   2010年06月23日 02:43
よかろうもんさん
こんにちは。
やっぱり、この漫画が与えた影響は、
とても大きいですよね。
イガラシみたいな野球小僧がいたら、
憎たらしいけどかわいいですよね。

ヤナセさん
はじめまして。
ぜひアニメ版も見てほしいです!

JIROUさん
こんにちは。
東京に来るときは、ぜひ連絡ください!
ぜひ、久々に呑みましょう!



5. Posted by japan   2010年06月23日 07:42
おはようございます♪。
sho様
「キャプテン」「プレ−ボ−ル」・・・。
読みましたねぇ、子供の頃♪。
上の子もしっかり読んでいました、親子2代で♪。
昔も今以上に野球漫画がありました、中でも「群竜伝」「新巨人の星」「アストロ球団」「たかされ」「剛球少女」は脳裏に焼き付いています〜。
6. Posted by SHO   2010年06月24日 11:10
japanさん
こんにちは。
やっぱり、みんなちばあきおにハマったんですね(笑)。
この記事を書いた後、3人から「懐かしい」とメールをもらいました。
僕も『新巨人の星』、『アストロ球団』『剛球少女』、
夢中になって読みました(笑)。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場