2010年06月17日

三沢光晴のお茶目な言葉の数々

ドンマイ ドンマイッ! ―プロレスラー三沢からのメッセージドンマイ ドンマイッ! ―プロレスラー三沢からのメッセージ
著者:三沢 光晴
販売元:ミシマ社
発売日:2010-06-05
おすすめ度:3.0
クチコミを見る

相変わらず自叙伝を読み続けている。先日は、この本を読んだ。

この本は、三沢さんがノアの公式携帯サイトで
書いていた日記をまとめたもの。

この本は、他の本と違って、ライターの手が入っておらず、
三沢さんの生の言葉でつづられているのが大きな特徴。



「年中無休」で「年末年始休業」っていうお店をよく見ますが、
矛盾してると思わないっ? あれは正しい日本語なのかなぁ。

女性芸能人といってもそろそろ歳下が多くて、
なんというか異性として見れないんだよなぁ。
あえていえば新垣結衣ちゃんがカワイイかな。

それにしても、あそこがたつときは「立つ」ではなくて
「勃つ」って書くのかな? 不思議だなと思う三沢です。




このような、「酒場の三沢さん」を彷彿させる文章が、
他のどの本にもない、この本の魅力。

もちろん、清々しく凛凛しい「レスラーの三沢」さんらしい、
勇気の出る、力強い言葉もいっぱい。

途中、何度も「首が痛い」という表現があるのが、
今となっては胸が痛むけれど、
時折思い出したら、ふと書棚から取り出して、
パラパラとめくりつつ気になったところを読み返す。
そんな楽しみ方ができる本だと思う。おススメです。









トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場