2010年05月12日

昼から酔っ払っている愚か者の、駄文。……それでもいいという方だけ、以下の長文をお読みいただければ幸いです。……スミマセン。

……どうでもいいことだけれど、明日で40歳になる。

10年前、30歳になるときには特別な感慨もなかったけれど、
今回、40を前にして、いろいろ思うところアリ。

30歳になるときに、

「今後、体力的にあまり酒も呑めなくなるだろうから、
 この30代の間にしこたま呑んでやる!」


という何の意味もない決意をしたのだけれど、
それは、この十年間、十分実現できたように思う。


と過去を振り返り、好々爺のふりをしていたのだけど、
「でも、あと数日はまだ30代なんだ」と気がつき、
最後の悪あがきで、昨日から耐久レースのように呑み続けている。


なじみの店に顔を出し、その後、知らない店に入る。
アタリもあればハズレもある、そんなことの繰り返し。

で、昨日、ある「無名の有名人」に出会った。
その人は、御年70歳。
50年近い経験を誇る鰻屋の大将。


僕は漫画『美味しんぼ』で、その人のことを知っていたけれど、
実際に会ったこともなければ、実物を見たこともなかった。


で、昨日、カウンターで独りで呑んでいると、
ある老人が僕の隣にやってきて日本酒を頼んだ。

初対面ではあったけれど、「カッコいい呑み方だな」と
思っていたら、店のママが紹介してくれた。


「このお父さんは、某鰻屋の大将なのよ」と。


(あぁ、あの『美味しんぼ』の、あの人か!)


大将は、長年続けてきた店を親戚に譲り、
昨年から、新しい店を立ち上げたという。

それから、しばらくその人と呑み、
その店が閉まったので、大将とは別れた。

「ランチもやっているからぜひ来てよ!」
と言われたので、酒の入っていた僕は、

「ぜひ、明日、伺います!」

と軽はずみな約束して雨の中を別れた。




……そのまま帰ればよかったのに、
「最後の30代カウントダウン」の真っ最中だったので、
帰り道に、全然知らないバーに一人で入り、
バイセクシャルのママ(男性)の毒気に当てられ、
そのまま朝まで呑み続けるという体たらく。



でも、先ほど二日酔いのまま無理やり起きた。
なぜなら「鰻を食べる」という約束をしたから。


グラングランしている頭のまま店に行く。
白髪の大将は黙々と鰻を焼いていた。
大将は、僕をチラッと見たまま無表情。
どうやら、僕のことなど忘れているらしい。


で、カウンターに座って、ビックリした。

ランチにもかからず、全員がビールを呑んでいた!


(何だよ、この粋な人たちの集団は!)


ということで、僕も二日酔いのまま、生ビールを注文。
隣の人のうな重が実にいい香りでそれだけでツマミになる。


ビールを呑み終えたころ、注文していたうな丼が出てきた。
ということで、冷酒を注文。

(30代、最後の日、昼から冷酒か……)


と、ほくそ笑みつつ食べたウナギは最高だった。


ランチタイム終了ギリギリだったので、
他のお客さんはどんどん出ていき、僕だけになった。

店を切り盛りしている大将の娘さんが、

「お近くにお住まいなんですか?」

と聞いてきたので、僕は事情を説明する。


「昨晩、○○で呑んでいたら、大将と隣同士になり、
 “ランチを食べに来い”と言われて来たんです」


「お父さん、絶対に忘れているわよ」


……僕も、そう思っていました。



で、娘さんが事情を説明してくれ、
大将は「道理で、どっかで見たことがあると思った」とひと言。


しかし、うまい鰻だった。


「今度は、夜、来てくれよ!」

という大将の言葉をもらい店を出る。
「金宮」という酒通の間では有名な焼酎がメニューにあった。
ぜひ、今度は金宮で鰻を食したいものだ。


ということで、今もまた猛烈な酔いのまま、
こうしてパソコンに向かっているのです……。



で、ちょっとプールで汗を流してから、
神宮でビールでも呑みますか、ご同輩!
では、長文駄文におつき合いいただき、
どうもありがとうございました。










shozf5 at 15:27│Comments(1)TrackBack(0) ひたすらの、呑み…… 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by japan   2010年05月14日 08:42
おほようございます♪。
sho様
カウントダウン・・・・。
japanもカウントダウンの年です、≒3.5ヶ月で50歳なります。
子供達もとりあえず??成長し1人前を目指しています、これからは、10年後の人生設計をと思っています。

鰻と日本酒・・相性が良いですよねぇ。
夜ではなく、昼の一杯も格別と思います♪。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場