2009年05月13日

30代、最後の一年が始まった……

毎年、この時期になると、つい手にする詩集がある。


『寺山修司 詩集 五月の詩』



表題でもある「五月の詩」と題された一編の詩は、
1人の少年の出立を描きつつ、ラストをこう結ぶ。



「二十才 僕は五月に誕生した」



……折に触れ、寺山修司を読んできた。
浪人していた19歳の頃は、予備校の行き帰りに、
寺山の本を何冊も読み、入手できるものはすべて読んだ。

……当時、時代はバブルのとば口にあったというのに、
我ながら、暗く、ナイーブ過ぎる少年だと思う(笑)。

確か、大槻ケンヂが、こう言っていた。

「20歳になる前に寺山修司に出会うかどうかで、
 人生観は大きく変わる。出会えなかった人は不幸だと思う」


オーケンのこの言葉を読んで、当時、大学生だったと思うが、
「確かに」と大きく納得した記憶がある。


で、何で、毎年この時期に寺山の詩集を手にするかというと、


・僕が5月生まれだから
・僕が生まれた病院は寺山修司の死んだ病院だから



くだらない理由だけど、毎年、自分の誕生日が近付くと、


(あぁ、今年も寺山の季節だなぁ……)


そんな気になって、ついつい彼の詩集を手にしてしまうのだ。


さて、本日、僕は誕生日を迎えた。
ついに、30代最後の1年を迎えてしまった。
時間は容赦なく、オッサンへの道を強要する(笑)。

昼過ぎに、上京中の懐かしい人と出会い、
その後、映画を観るべく新宿に繰り出すも、
「レディースデー」とやらで大混雑で、
観たかった『グラン・トリノ』も断念。

『スタートレック』の試写があったけれど、
電車での移動も面倒くさかったので、
早々に、帰宅して、書斎で寺山の詩集を読んでいた。


久しぶりに手にする詩集には、いたるところに
付箋がはってあった。特に『寺山修司名言集』は、
多くの箇所に付箋があった。
ためしに「質問」という箇所では、



「私自身の存在は、いわば一つの質問であり、
 世界全体が、その答えなのではないか」


「人生には、答えは無数にある。
 しかし
 質問はたった一度しか出来ない」


「質問は必ず答えをかくまっている」




今となっては、どういう意図で、どんな感銘を受けて、
付箋を貼ったのかは定かではないけれど、
10代の、あるいは20代の僕は、これらの言葉に対して、
当時の境遇の中で、胸に響くものがあったのだろう。


さて、30代最後の一年が始まった。
30代の有終の美を飾るべく、そろそろ動き出そうか。
考えていること、やりたいことは山ほどある――。







shozf5 at 16:51│Comments(6)TrackBack(0) ボーッとしながら考える 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by HATSUTA   2009年05月13日 22:09
お誕生日おめでとう!この時期が来ると、お互いにひとつ年を取るのを実感するんだよね。残りの三十代の一年を悔いなく行きたいね。
2. Posted by BATT   2009年05月15日 00:01
5 お誕生日おめでとうございます。これからも長谷川さんらしく、狄芯召袷阿鬮甕援しています。
3. Posted by カミヤ   2009年05月15日 03:38
5 誕生日おめでとう。
しょうちゃんの書くもの、いつも楽しみにしてます!新連載楽しみです!
4. Posted by SHO   2009年05月15日 12:55
みなみなさま

コメント、どうもありがとうございます。
いい一年になるよう頑張ります。
久々にヤル気になってきました!
これからもよろしくです!
5. Posted by アメジスト   2009年05月19日 16:55
SHOさま
遅ればせながら、39才のお誕生日おめでとうございます。
オッサンですか?
私的には、これからが脂が乗っていい時期に入るのではないかと…
若さが少しづつ失われていく中で、逆に得る物もたくさんあって、そっちの方がはるかに大きいように、思ってますが… 内面が明らかになるというか、若さでごまかせないというか、そこを見られるのが、楽しみです。
がむしゃら…いいですねぇ。
なんか、ドキドキする言葉です。
SHOさまにとって、飛躍の善き年となりますよう、お祈りしています。
話し変わりますが…
新宿の飲み屋さんが、よく登場しますよね。どんな所か、ちょっと気が惹かれます。私東京には、年に何度か行くんですが、新宿と言えば、高速バスみたいな感じで… また機会があれば、覗いてみますね。
ではまた。
6. Posted by SHO   2009年05月20日 01:02
アメジストさま

ごぶさたしています。
コメント、どうもありがとうございます。
善き年とするよう、精進します。

「新宿」ですが、昨晩もこの地で痛飲でした(笑)。
酒と仕事と、さらに頑張ります!



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場