2009年04月21日

手塚治虫『MW(ムウ)』が映画に!

今夏、『MW(ムウ)』という映画が公開される。
この映画について、あるインタビューをすることになったので、
本日(20日)、この原作漫画、全二巻を読了。

手塚治虫ならではの重厚な物語。

「善とは何か? 悪とは何か?」、
そして、その二元論に終始しない、さまざまな伏線の数々。

銀行員という「表の顔」の裏で、善悪の観念を消失した主人公は
誘拐、殺人、強姦などさまざまな罪を犯し続ける。
そして、「ある過去」を持つ、聖職者である親友。
15年前の「ある事件」の被害者でもある2人の物語。

犯罪の奇抜さもさることながら、同性愛、
男娼の描き方も含めて、「問題作」という評価も納得。

スケールが大きくて、たった二巻だけなのに、
映画の大作を観終えたような読後感を味わう。

映画版では、玉木宏と山田孝之がこの2人を演じるという。
どんな映画になっているのか、実に楽しみ。
来週にでも試写に行くつもり。そのときにでも改めて触れたい。


MW(ムウ) (1) (小学館文庫)MW(ムウ) (1) (小学館文庫)
著者:手塚 治虫
販売元:小学館
発売日:1995-02
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

MW(ムウ) (2) (小学館文庫)MW(ムウ) (2) (小学館文庫)
著者:手塚 治虫
販売元:小学館
発売日:1995-02
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


shozf5 at 00:29│Comments(0)TrackBack(0) 映画、音楽、そして本 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場