2009年04月12日

プレシオサウルスは、恐竜じゃなかった……

大恐竜展






「大恐竜展」に行きたくてしょうがない。
春休み中は、大混雑が予想されたので、
ぜひ学校が始まってから、しかも平日に、
時間をたっぷりかけて見ようと目論んでいる。

幸いにして、来週は時間的余裕があるので、絶対に見に行くつもり。

ということで、その前に、事前学習をしておこうと思い、
ここ数日は、恐竜の本ばかり読んでいる。
以前にも、このブログで書いたけど、僕は恐竜が好きだ。

小学生の頃はもちろん、大人になってからも、
しばしば恐竜の本を読んできたし、海外に行くたびに、
その地の国立自然史博物館に行き、恐竜展示を見てきた。
と言うことで、恐竜については、それなりの知識を持っている。




……と思っていた。




しかし、これらの本を読むたびに、

「オレは何もわかっちゃいなかった……」

という事実に気づかされて、己の不明を恥じた。


今日、横浜スタジアムまで横浜ヤクルト戦を見に行ったのだけど、
その行き帰りで読んだ『ニッポンの恐竜』は実にいい本だった。


ニッポンの恐竜 (集英社新書 483G)ニッポンの恐竜 (集英社新書 483G)
著者:笹沢 教一
販売元:集英社
発売日:2009-03-17
クチコミを見る


読売新聞の現役記者である筆者は、実に丁寧にわかりやすく、
恐竜に(化石に)関する人々を訪ね、最新の情報を提示する。


そもそも僕は、「恐竜」の定義すらわかっていなかった。


恐竜とは、
「二本ないし四本の足で立って歩く完全な陸上生活者」である。

(本文より)


ということは、僕の大好きなプレシオサウルスは、
「水棲」だから、恐竜ではないじゃないか!!!
あぁ、「首長竜」イズノット「恐竜」!!!!!



僕はこんな基礎的なことすら知らず、
「恐竜好き」を自任していたのだった……。


さらに、僕が小学生の頃は、

「日本では恐竜化石はまず期待できない」と言われていた。
けれども、1980年代後半から、福井県を中心に、
怒涛の恐竜発掘ラッシュが続いている。

僕は、それがなぜだかまったく知らなかったけれど、
この本によれば、福井、石川、岐阜、富山各県にまたがる
「手取層群」こそ、日本最大の恐竜産出層なのだそうだ。

……書いていてもよくわかんないんだけど、
まぁ、「手取層群」がポイントらしい(笑)。



とにかく、もう数冊読みこんで、来週「大恐竜展」に行こう。
そして、今年こそ、福井の「恐竜博物館」に行ってみたい!




P.S.
ヤクルトが負けたため、試合のことはまったく触れない(笑)。







トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場