2009年03月16日

猪木対フレアー@北朝鮮

猪木・フレアー戦@北朝鮮猪木対フレアー@北朝鮮、
撮影byオレ!







アントニオ猪木対リック・フレアー戦の
ビデオを久しぶりに見た。

前にも書いたけど、95年に北朝鮮で行われたこの一戦。
僕は、リングサイドで観戦した。

当日会場に訪れた観客は19万人。
リングサイドから会場中を見渡してみても、
スタンド席の端まで、あまりにも遠すぎて見えない。
歓声は、技が起こってから2秒ぐらいしてから
地鳴りのように、リングまで届いた。


当時の僕は、社会人2年目。
仕事もそんなに忙しかったわけでもなかったので、
ボーナスをはたいて北朝鮮まで出かけた。
確か、もろもろの諸経費を入れると、
60万円ぐらいかかったように記憶している。

今思えば、若気の至りというか、物好きというか、
「猪木対フレアー戦が見られるなんて!」、
さらに、「あの北朝鮮に行けるなんて!」という
単純な理由から、60万円をキャッシュで払った。


久しぶりにビデオを見たけど、
試合以外にもなかなか見どころの多い数日間だった。

昼間は北朝鮮観光、夜はプロレス興行。
例のマス・ゲームを目の当たりにしたり、
大学、小学校、サーカス、テコンドー大会、
美術館に博物館、地下鉄視察などなど、
盛りだくさんの内容にお腹いっぱいになった。


特にうれしかったのが、どこに行っても、
猪木氏とモハメド・アリが近くにいることだった。
猪木ファンの僕としては、恥ずかしくて恥ずかしくて、
なるべく猪木氏から離れて、遠くからチラチラ眺めるだけだった。

……そんな自分が、猪木氏に対して14年後に
6時間インタビューをするなんて想像もできなかった。

一方、アリ氏に対しては照れがなかったので、
割とアリ氏の近くで行動を共にしていた。



アリ@北朝鮮













↑こんな感じで、アリ氏の写真はいっぱい撮ったのに、
猪木氏の写真はリング上のものだけ。

……もう、あれから14年も経つんだな……。
ミサイル発射問題だとか、拉致問題だとか、
何ひとつ改善されていないんだなぁ……。

そんな思いで、ビデオ観賞終了後、
久しぶりにアルバムを開くと、
いろいろ懐かしい写真がいっぱい出てきた。
しばらくの間、見入ってしまった。


さて、そろそろ寝て、本日早朝のWBCに備えよう。




shozf5 at 00:19│Comments(0)TrackBack(0) 映画、音楽、そして本 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場