2009年03月04日

Dearsのみなさまへ 〜Gacktインタビューの余波〜

先週から、今週にかけて、
何通か見知らぬ方からメールをいただいた。

初めは「何だろう?」と思っていたけれど、
内容を読んで、すぐに理解できた。


先月、23日のブログで書いたように、
僕が書いた『N/S EYES ON』のGackt氏の記事を読み、
さらに、当ブログを見てくれた人からのメールだった。


いずれも、温かい文章で、文章の感想と、
Gackt氏に対する熱い思いが綴られていた。


原稿の本文中にも書いたように、
Gackt氏に対する僕のイメージは、
「穏やかな人」というものだ。


ステージ上での「狂気」や作品作りにおける「執着」、
作品にあふれる「耽美」、細かいルールに則った「哲学」、
そんなようなイメージは、漠然と抱いていたけれど、
数度に渡るロングインタビューの中で、
彼は、常に淡々と言葉を選び、
耳に心地いい音域の美声で話していた。

その姿は「穏やか」としかいいようのないものだった。

淡々としているからこそ、その分、
彼の発言は胸に響いた。


サングラス越しではあっても、
真っ直ぐに相手を射抜くような眼光で、
自分の考えを淡々と述べる姿。

あるいは、適切なフレーズを求めて考え込む姿。

インタビューに対する真摯な取り組み方は、
一インタビュアーにとって、至福のひと時だった。



Gackt氏は、ファンの人たちのことを
「Dears」と呼んでいた。
公式のファンクラブも同名だった。


そんなDearsの方からのメールは、
優しく温かいものばかりだった。

また、Gackt氏に話を聞く機会があるかどうか、
それはわからないけど、取材、そして執筆、
さらに、読者との交歓と久しぶりにいい気持になれる仕事だった。

僕の拙い文章を読んでくれて、どうもありがとうございました。






トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by アメジスト   2009年03月05日 21:27
長谷川さま      NO.1

はじめまして、Dearsの
Ryuと申します。

Dearsのみなさまへ〜
拝見いたしました。

先日、ONを購入しまして、インタビューを読ませていただきましたが、涙がホロリ…でした。
Gackt氏のファンになって
7年余りになります。関連の雑誌等ほとんど目を通しますので、かなりの数です。

長くなり申し訳ありませんが、続きがあります。
2. Posted by アメジスト   2009年03月05日 21:50
長谷川さま NO.2
数あるインタビューの中でも、凄く心に遺るものとなりました。ここまで、Gackt氏に心の内を語らせたものは、何なのか…と、思っておりました。文中に、インタビューに対する真摯な取り組み方は…とありましたが、正に、長谷川さまが、Gackt氏に対してそうであったのだと思います。また、Gackt氏のインタビューの機会がありますれば、幸いです。ありがとうございました。
3. Posted by WAKA   2009年03月06日 01:15
N/S EYES ONの記事拝見いたしました。
dearsとして、一読者として、非常に楽しませていただきました。
感動して思わずの書き込みです。
失礼しました。

今後の記事も楽しみにしてますので、頑張ってください!
4. Posted by SHIHO   2009年03月06日 01:38
5 ステキな記事をありがとうございました。
何度も何度も繰り返し読ませていただきました。
こんなにも心が熱くなる記事は久々でした
今後も是非Gacktさんについて書いていただければと思います
5. Posted by SHO   2009年03月06日 10:27
アメジストさま
WAKAさま
SHIHOさま

Dearsのみなさま初めまして!
今回はまたまたコメント、
どうもありがとうございました。

繰り返しになりますが、
手応えのあるインタビューというのは、
取材中の時点で、すでにわかります。
という意味では、Gacktさんの
インタビューは、取材中も、
その言葉のキレ味や重みに、
ワクワクしたり、凄みを感じて
鳥肌が立ったりの繰り返しでした。

今後再び、取材の機会があるかどうか、
それは縁ですけれども、
ご縁があれば、お話を聞くこともあるかと思います。

それまでは、一ファンとして(一Dears)として、楽しみたいです。

改めて、どうもありがとうございました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場