2009年02月24日

21分13秒、そして23分47秒。

相変わらず、猪木対アリ戦のことばかり考えている。
過去の様々な資料を入手し、それをひたすら整理する日々。


本日、意外な事実に気がついた。
以下の数字、何かわかりますか?




21分13秒と23分47秒。




この2つの数字。
猪木対アリ戦、3分15ラウンド、つまり全45分間のうち、


前者が猪木がスタンド状態にあった時間。
そして、後者がグラウンド状態にあった時間。



「猪木は寝てばかりいた」と言われることの多い、
猪木対アリ戦だけれど、総時間のうち
寝ていたのは約53%で、立っていたのは、約46%。


これらの数字をどう見るかは、
人それぞれだけれど、僕個人としては、


「なんだ、半々じゃないか……」


というのが正直な感想。
特に、試合終盤の14ラウンドは、3分中2分43秒は
スタンディングでアリと対峙している。

もちろん、それは現代の格闘技に見慣れているからだろう。
仮に、33年前に半分以上グラウンド状態にあったら、


「立って、闘えよ!」


とヤジの一つも飛ばしていたかもしれない。

……うーん。
それでも、やはり「寝てばかり」なのかな?
まだ読んでいない資料があるので、
そのあたりを意識しながら、もう少し考えてみたい。







トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場