2009年02月15日

『Cawaii!』 休刊……

さらば、Cawaii!

数日前、雑誌『Cawaii!』が休刊
というニュースを知った。

「近年、売り上げが芳しくない」とは
何となく聞いていたけれど、
このニュースは、少々ショックだった。

またしても「出版不況」という、
イヤなフレーズが頭に浮かんだ。


……実は、ほんのわずかだったけれど、
一時期、『Cawaii!』編集部に在籍していたことがある。



20代後半の頃、突然辞令が出て、
いきなり「ギャル雑誌」の世界に放り込まれた。

今はどうなのか知らないけれど、
当時の『Cawaii!』は、なかなか勢いがあって、
いろいろなメディアで取り上げられたり、
各企業のサンプリングのために、編集部には
さまざまな新商品(お菓子やコスメなど)がたくさんあった。
それらの商品がタダでもらえるということもあって、
放課後になると、編集部は女子高生たちでいっぱいだった。

また、編集部限定プリクラもあって、
彼女たちは「オリジナルフレーム」目当てに
大挙して編集部にやってきていた。

だから、たとえ編集作業中であっても、
女子高生がやってきたら、
お茶やお菓子を出したり、
アンケートに記入してもらって、
写真を撮ったりしなければならなかった。


当時で、彼女たちとは10歳程度の差があった。
正直言って、彼女たちのことは
何も、少しも、全然、理解できなかった。


その後、女子高生をテーマにした
チアダンスや野球の本を書くことになるとは
つゆ知らず「もう、女子高生相手はイヤだ」と
真剣に思っていた。

多少、ロリコン気味の友人からは、
「お前と代わりたい」と真剣に言われた(笑)。
本当に代われるものなら代わってほしかった。

やはり、向き不向きがあるのだろうか、
一応、『Cawaii!』に籍を置きつつ、
僕はすぐに、新創刊される姉妹誌(兄弟誌?)、
ギャルの彼氏たちをターゲットにした
新男性誌の編集をメインに日々を過ごすことになった。


いわゆる「ギャル男」とはちょっと違うのだけれど、
まぁ、大人から見たら「チャラい男の子」たちを
相手に、それから退職するまでの5年間を過ごした。
大変なこともあったけど、それはかなり楽しい日々だった。

でも、時折『Cawaii!』の仕事もした。
「勉強のために」と渋谷のセンター街を歩き、
「109」をブラブラしてみたり、
一応、自分なりの努力はしたつもりだが、
それでも、よくわからないというのが本音だった。

しばらくして、僕は完全に『Cawaii!』から離れ、
件の男性誌専門となる。


……あれから10年近く経った。
わずかではあったけれど、自分が在籍していた雑誌、
しかも、強烈な印象が残っている『Cawaii!』が
なくなるというのは、やはりショックだった。

もはや今となっては、どんな誌面なのか、
誰が人気モデルなのか、まったくわからない。
けれども、やはり寂しさだけは胸に残る。

昨日、一人で呑みながら、
ついつい当時の思い出に浸ってしまった。










トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ムラゴロ   2009年02月15日 18:37
僕もわりと最近まで
書いてた雑誌なんで、
このニュースを聞いたときは
「えっ…」って感じでした。
cawaii! フレームプリクラ、
懐かしいですね。
2. Posted by SHO   2009年02月19日 10:44
懐かしいです。
ムラゴロさんも書いてましたよね。

さて、いよいよ球春到来。
09年ハムはどうですか?
スワから移籍したばかりの三木が
いきなりのコーチ就任。
……申し訳ないです(笑)


3. Posted by あいね   2009年03月05日 17:30
はじめまして。
中学3年生のCawaii!読者です。
休刊ってことわ
また.再開する可能性が
あるのですか?
あと.Cawaii!が休刊したら
もでるサンたちわ
どうなっちゃうんですか?
知ってたら教えて
ください!!★

ちなみに-.No.ロ1もでるわ
福長優ちゃんです★
4. Posted by SHO   2009年03月06日 09:51
あいねさんへ

はじめまして。
NO.1モデルを教えてくれて、
どうもありがとう!

「休刊」ということは、
言葉上では再開の可能性も
あるということだけど、
これまで「休刊」から「復刊」した
ケースはほとんどないです……。

モデルさんたちがどうなるのか、
ちょっとわからないけど、
一部のモデルさんたちは
「Sカワ」に行くのかなぁ?

中途半端な回答でゴメンナサイ。



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場