2007年11月04日

ヴィーナスリーグ〜11月4日・決勝戦の結果〜

おめでとう、尚美学園!







本日(4日)、ヴィーナスリーグの決勝戦。
ジャイアンツ球場で行われる初めての試合。
以下、本日の結果。


【ヴィーナスリーグ 11月4日・本日の結果】

ジャイアンツ球場

決勝戦         
尚美学園大 040 000 021 7 
平成国際大 000 000 000 0

(バッテリー)
尚美学園大 萱野―西
平成国際大 坪内―高島

(本塁打)
なし


さらに試合終了後には、表彰選手と
ベストナインが発表された。


MVP  西(尚美)
首位打者 川保(新波).750

【ベストナイン】
投 手 坪内(平成国際大) 
捕 手 高島(平成国際大)
一塁手 岸本(尚美学園大)
二塁手 柴田(平成国際大)
三塁手 藤田(駒澤学園女子)
遊撃手 牧野(尚美学園大)
外野手 梅本(ウェルネス)
    小久保(ハマンジ)
    新宮(埼玉栄)




元プロ野球選手である新谷博監督率いる
尚美学園大学が春に続いて2連覇を達成。
創部2年目にして、戦力も充実し、
チームとしての体裁が整っている。
それでも、新谷監督は、
「まだまだ、全然ダメ」と厳しく先を見据えている。


元々、高校生のリーグとして始まった同リーグだが、
昨今では、クラブチーム、大学チームの台頭もあり、
高校チームが勝ち上がることが困難となっている。

経験者が集う大学チームは、4年間の間に、
徹底的に練習し、連係プレイなども強化されるため、
今後、ますます高校チームと大学や
クラブチームとの格差が広がることが予想される。

今大会のベストナインでは、高校生が2人だけ
という結果が、今後の格差を予感させている。

もちろん、大会事務局としても、
このまま手をこまねいているわけにはいかず、
来春のリーグ戦までに、改善策を講じるという。

毎回毎回、選手たちの実力が
レベルアップしているのは疑いようのない事実。

試合形式のあり方など、大会運営システムの改良とともに、
次回、来春のリーグ戦も楽しみに待ちたい。





shozf5 at 19:21│Comments(0)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場