2007年08月27日

人生でいちばん呑んだ日 〜どぜうの土曜日〜

ここ2日、ブログも書かずに、
ひたすら原稿に取り組んでいる。

……と言いつつ、土曜日(25日)は、
大学時代の友人たちとともに、
浅草にどぜうを食しに行く。

久々に会う友人たちは、
見た目も中身も変わっておらず、
人のことは言えないけど、
あまり成長のない連中ばかり(笑)。

初めて、本格的などぜう料理を食べたけれど、
以前食べたことのあるどぜうに比べて、
全然、泥臭くなく、おいしくいただく。


で、大学時代の思い出話と、
それぞれの近況を肴にグラスを傾ける。


この集まりは、元・野球サークルの面々だけれど、

僕が人生で一番ビールを呑んだ日のメンバーでもある。


あれは、大学2年のころだったかな?
とにかく夏合宿のときだった。

僕は当時から、ライターをしていたのだけれど、
仕事の合間を縫って、何とか駆けつけた。

久しぶりに野球ができることに加え、
久しぶりに仲間と夜通し呑めることが
うれしくて、みんなでひたすら呑んだ。

で、一人抜け、二人抜けしている間に、
残ったのは僕を含めて三人。

もっぱらアサヒスーパードライばかりだったけど、
手元の酒を呑み干すと、階下の食堂に行って、
日本酒やワインかなんかを入手。

さらに近くに買いに行ったりして、
とにかく朝までひたすら呑み続けた。


朝、起きてみてビックリした。


10畳ほどの部屋一面、空き缶で埋まっていた。
さらに、合宿用に持ち込んだ酒瓶も無数に散乱している。


部屋中にたちこめる臭気。
腐乱臭ならぬ、酒乱臭。

横では、朝まで呑み続けた二人が
死体のように転がっている。
腐乱死体ならぬ、酒乱死体。


いやぁ、呑んだ、呑んだ、呑んだ……。
あのときは人生で一番呑んだ。


僕を含めた三人はほぼ同じペースで呑んだ。
どれぐらい呑んだか覚えていないけれど、
それでもビールだけで一人10リットルは呑んだ。
馬鹿馬鹿しいけど、楽しい夜だったなぁ……。


今回、浅草で会ったそのうちの一人も言っていた。

「オレもあのときが人生で一番呑んだ日だよ……」

そんな思い出話をしながら、
旧交を温めあった、浅草の夜なのでした……。


追伸
あの「人生で一番呑んだ日」の翌朝。
僕は、炎天下の中、きちんと野球の練習をした。
あとの二人は、練習をサボった。

センターの守備位置で、みんなにバレないように
ちょっとだけ吐いたけど(笑)。




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場