2007年07月15日

粋 第10回 〜平日の百貨店の屋上を散策する!!〜


先ほど、明日から、仙台に行くと書いた。

……気がついたら、「仙台 温泉」で
検索している自分がいた(笑)。

調べてみたら、仙台市内から30分前後で、
秋保温泉とか、作並温泉がある。

それを見ていたら、無性に「温泉とスナック」
に対する思いが強くなってしまった(笑)。

前回の熊本の玉名温泉のときのような、
いい出会いがあるかはわからないけど、
僕の頭は今、「温泉とスナック」でいっぱい(笑)。


ということで、明日は当ブログのアップはないかも?
それに、当ブログをご覧のみなさんだって、
せっかくの連休なんだし、時間の余裕もあるだろうから、
という、都合のいい言い訳を見つけたので、
『粋』をアップすることにした(笑)。

三連休、台風の真っ只中です。
ご自宅で、『粋』をご賞味いただけますでしょうか?


……しかし、この回、
「平日の百貨店の屋上を散策する」って、
誰が思いついたテーマかな?
オレじゃないよな、やっぱりH編集長かな(笑)。

でも、この回は実に楽しく、実に研究熱心で、
都内の百貨店のほぼすべてを網羅した。

……ずいぶんヒマだったのねん(笑)。


01.08






第10回

都会の憩いスポットは今、どうなっているのか?

平日の百貨店の屋上を散策する!!

日常よりも空に近い場所、それが屋上。
百貨店の屋上は子どもにとってのワンダーランド。
そして、疲れたサラリーマンのサボりスポット。
地上30メートルのロマンチック。それが百貨店の屋上。
デパート業界が大不況の今、屋上の現在はどうなのか?
かつての盛況やいかに? そして、そこに粋はあるのか?
はたして、そこにあるのは何なのか?
興味は尽きぬ、謎も尽きぬ!
梅雨の合間をぬって今月のクエストを開始してみよう!



テーマは「理想の屋上で理想の一日を過ごす」!

去年のGW、東京・中野の丸井の屋上で
時間があったので、仮面ライダーショーを見た。

V3、アマゾン、ライダーマン、クウガという、
わけのわからない組み合わせで怪人を倒していた。

いくらショッカー戦闘員がいっぱいいるからって、
4対1で闘うのは卑怯だろ? 
そんな思いを抱きつつ、昼下がりのビールを呑んだ。

そのときの、ショーを見る子どもの熱狂ぶりは
すさまじかった。狂乱、絶叫、失禁、卒倒せんばかり。
この子どもたちにとって、この日の丸井屋上は、
強烈なインパクトがあったに違いない……。

今回のクエストのテーマは、少年たちのワンダーランド、
かつ、疲れたサラリーマンの休憩スポット、
百貨店の屋上をテーマに粋を探る。

今回、新宿、池袋、渋谷、上野、銀座、
日本橋などを中心に20以上もの百貨店を回った。

しかし、時代の流れなのか、
屋上を開放していないデパートも多く、
また、開放していても、ただベンチがあるだけ、
なんて殺風景な所も多かった。

昔のように、遊園地があるようなデパートは、
西武池袋店など、ごくわずかだった。

そごうの例を出すまでもなく、「大型百貨店」
という形態が時代とズレてきているのだろう。
ドン・キホーテ、マツキヨの品ぞろえ、
ヨドバシカメラの安さ、コンビニ、
ネットショッピングや通販の手軽さ、と比べたら、
どうしても「デパート」には魅力がない。

あぁ、これも時代の流れなのねん。
でも「格式」なら百貨店は負けない。
格式だけで商売しようとして
現在の凋落を招いたのは事実だが、
格式が唯一の「武器」であるのは間違いない。

オレは今回「格式」に酔わせてもらおうと思っている。
三越や眦膕阿覆廟里らある百貨店の屋上には
立派な鳥居を持つ神社があったし、
伊勢丹の屋上には創業者の銅像まであった。
歴史のなせる重みがいい感じだ。

ちなみに、この伊勢丹の屋上はかなり気合の入った力作で、
空中庭園のような緑あふれる空間や弁財天を奉った神社、
銅像、遊具、ペットショップなどかなり充実していた。

オシャレでもないし、きれいでもない。
でも、昔ながらの「いい感じの百貨店の屋上、
理想の屋上で理想の一日を過ごす」これがテーマだ。


マイ・キング・オブ・屋上は「浅草松屋」だ!

新宿の京王デパートのビアガーデンで、
自信なさげなマジシャンのショーを見ながらビールを呑む。

オレは、この日までにまわった百貨店の屋上を
思い出しながら、「理想の屋上」を改めて考えてみた。

〇劼匹睛僂梁膩人袈颪ある、
疲れた大人のための休憩スポットが充実、
イベントスペースつき、
ぅ撻奪版箴譴函
ゥ好淵奪売場がある、
μ襪魯咼▲ーデンになる。
以上の六項目を独断で決めた。

で、オレにとっての「キング・オブ・屋上」は
「浅草松屋の屋上」だ。

.肇薀鵐櫂螢鵑鮖呂瓩箸垢襯▲好譽船奪施設もあるし、
今回10数年ぶりに挑戦した「ワニワニパニック」
(知ってるか? ひたすらワニを叩くゲームだ)の
ようなコインゲームも大充実だった。
隅田川を眼下に眺められる絶好のロケーション。
小ぶりながら小さなステージがある。
ざ盖すくいや鯉釣りができるペットショップがある。
ゥレーライス、焼きそばも常時食べられる売店がある。
Ε后璽僉璽疋薀い離咼▲ーデン完備。

さぁ、完璧だろ!
しかも、最大の決め手は「浅草」ならではの、

Гいご兇犬離ヤジが多かった!ということに尽きる。

一人、気になるオヤジがいた。
ヴィトンのモノグラム風ボストンバックを持ち、
東スポほかスポーツ紙を小脇に抱え、
白いYシャツに紺のスラックスを小粋に着こなしている。

酒で身を持ち崩したに違いない。
オレにはわかる。同じ酒呑みの香りがする。

ここの「カオ」なのか、掃除のオバサンから
缶コーヒーの差し入れを受けていた。

「このオヤジに会いたい!」。
だから、「浅草松屋」をもう一度、取材する。 


食って呑んで寝て…… そしてあのオヤジは?

梅雨の晴れ間のある平日。
開店と同時に浅草松屋屋上に足を運ぶ。
携帯も時計も自宅に置いてきた。
時刻はまだ十時。

今日は開店から閉店まで、ずっとここにいる!
それがオレの決意表明であり、公約だ!

奥のベンチには例のオヤジがすでに座っている。
今日も、白いYシャツにスラックス。
声をかけたいが、今日一日ずっと過ごす仲だ。
ファーストコンタクトは慎重にいこう。

無人のミニ飛行機に乗ったり、
『ワニワニパニック』で89点を出したりして
時間をつぶすも、まだ11時前。

なかなか時間はつぶせない。
2階の東武東上線浅草駅に下り、
スポーツ新聞を買って屋上に戻る。

新庄故障や、都議選のニュースを読んでるうちに
時刻は午後1時。ちょっと腹が減った。

地下の食品売場にいき、おこわとハンバーグ、
薩摩揚げのセットを購入。
もちろん、ビールも4本買った。
例のオヤジはなぜか、木綿豆腐をパックのまま食べている。

満腹感と心地よさとですぐに睡魔が襲ってきた。
ステージ上で横になってみるもののどうも、寝苦しい。

そこで、5階のアウトドアコーナーで
携帯用の空気枕を購入。
屋上で空気を膨らませていると掃除のオバちゃんに
「若い人は準備がいいね」とほめられた。

で、爆睡。目ざめると午後3時過ぎ。

ちょっと退屈してきたので、
5階の書籍売り場で雑誌を買う。
あわせて1階で買った栗まんじゅうを
「生茶」とともに食す。ステキな昼下がりだ。

あのオヤジは相変わらず、馬券研究に余念がない。
先ほど買ったビールが一本余っている。
これをオヤジにあげよう。

正直、オレも退屈していた。
話し相手がほしかったのだ。


オヤジからのプレゼントと意外な結末に涙する

ためらいつつ、オヤジに声をかける。
近くでみると60代ぐらいか?

オヤジは新聞から視線を外し、
「ごちそうさん。すまないね」
といった。会話はそれだけだが目は笑っている。
やっぱり酒呑みの目だ。もっと話したかったが仕方ない。

オレも5時からのビアガーデンに備えなければ。
でもその前に、5階におり、先ほど予約した
「クイックマッサージ」を30分間受ける。
全身スッキリしたところで、午後4時半。

屋上に戻るとオヤジがオレに駆け寄ってくる。
セカンドコンタクトだ。

「さっきはどうも。コレどうぞ」

さしだされたのは小さなチラシ。
見ると「マンガ喫茶ゲラゲラ」の30分割引券。
真っ黒な爪からのプレゼント。
これがうれしくなくて何がうれしい、感動したっ!

で、そこからはオレの得意分野だ。
年は、住まいは、家族は、前職は、など質問攻めだ。
しかし、オヤジの歯切れは悪い。

年は「おぼえてない」、住まいは「気分によってかわる」、
家族は「捨てた」、前職は「職人」と答えただけ。

逆に「お兄ちゃんこそ、一日中、こんなとこで
ブラブラしてちゃダメだよ」と優しく諭された。

なるほど確かにその通り。
セカンドコンタクト終了。

そして、いよいよ、ビアガーデンも開店。
すでに、サラリーマンの集団が4組ほどいる。
5、6人は座れる円卓にオレは一人で座り、枝豆で呑む。

大きなテーブルにつまみひとつ、というのは寂しい。
気になるオヤジは相変わらず、
隅田川よりの壁際で新聞を読んでいる。
酔っていたオレは決断した。

あのオヤジと呑もう!
さっきの感動のお礼なら、ビールの一杯や二杯安いもんだ。

サードコンタクトスタート。
「いっしょに呑みませんか?」

オヤジの答えに驚いた。

「ごめんな、酒呑めねぇんだ」

聞くと、体調が悪いとかじゃなく、
体質的な問題だそうだ。
見た目は酒豪、実は下戸。
人を見かけで判断してはならない、と知る。

その後、寂しく呑んだ。
気づくとオヤジは消えていた。
人生は深く粋は遠い。
あぁ、酔った酔った酔った。また、来月!


今月のひとこと

人生はつじつまがあうものなのか?
たてつづけに知り合いがバーを出した。新宿と高田馬場。どちらもいい感じの店。年明けになじみの店を2軒失ったが、半年後に2軒新規店ができた。何でもそうだが、人生はつじつまが合うようにできてるのでは、そう思わずにはいられない今日この頃。つじつま合わせの人生は悲しいが、泰然自若としてつじつまが合うのはいいのでは? 迷わずいけよ、いけばわかるさ! 結局はココに行きつくんだけどね。以上、今月の多事争論。

雪之丞華之介●ファン歴20数年ながら、ヤクルトの強さがいまだに信じられない懐疑的な男。神宮に足を運びつつ、90年代の強い余韻に浸るのが趣味。恋を夢見る31才。














トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 伊勢丹  [ 関連キーワードでブログでの口コミとか通販とか ]   2007年07月15日 01:30
「伊勢丹」の関連キーワードでブログでの口コミ・評判、ショッピング情報をゲット!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場