2015年11月

2015年11月12日

ときは流れる。季節は巡る――台湾・天母棒球場

JT8I7696

プレミア12をテレビ観戦。昨日のメキシコ戦は台北の天母棒球場で行われた。中田翔の大活躍、メキシコの粘り強さなど試合も面白かったのだけれど、どうしても両軍ベンチ、観客席、スコアボードなど、球場設備が気になって仕方なかった。

2006年の夏、僕はこの球場に10日間通い続けた。「第2回女子野球ワールドカップ」が行われていたからだ。僕にとっては初めての女子野球国際大会取材。前年に初めての「女子野球本」を出したばかりで、選手との関係も今よりもずっと希薄ではあったけれど、某スポーツ誌の依頼を受けて、台湾へと旅立った。

結局、この大会で日本はアメリカに敗れて準優勝に終わる。決勝戦は0対10から10対10に追いつくものの、11対13で敗れ去った。その後もずっと女子野球取材を続けているけれども、この一戦は僕にとって「生涯忘れられない試合」となった。

この試合で印象的だったのが二番手に登板した中島梨紗だった。大会全6試合中5試合に登板。他の投手陣が満身創痍だったこともあって、この大会での中島は身をちぎるようにして投げ続けた。その鬼気迫る姿は見る者に畏怖の念を抱かせるに十分なものだった。

JT8I6840


……第1回プレミア12を見ていて、9年前の夏の光景がありありと浮かんできた。今日のドミニカ共和国戦からは桃園球場に戦いの舞台が移る。予定では今後、今大会では天母での試合は行われない。

あの夏の中島梨紗の奮闘を、僕は決して忘れないだろう。その彼女も、今季限りでの現役引退を決めた。ときは流れる。季節は巡る。


shozf5 at 11:12|Permalink 今日も元気に女子野球! 

2015年11月09日

1980年2月23日〜12球団ファンクラブ評論家Ⓡの原点〜

FullSizeRender


昨年、プロ野球12球団ファンクラブ全部に10年間入会してみた!』(集英社)という本を出版した。

タイトルの通り、2005年から2014年にかけての10年間にわたって、全球団のファンクラブに入会してみた顛末をまとめたバカバカしい内容のものだが、思いのほか話題になって多くの人に読んでもらうこととなった。

さて、お手元にある方は、ぜひ46ページをご覧になってほしい。そこには、「僕とファンクラブの35年闘争(笑)」と題されたミニコラムがある。

ここでは、僕が初めてヤクルトのファンクラブに入ったのが1980年であること。そして、そのきっかけは当時購読していた『朝日小学生新聞』に掲載されていた「ファンクラブ特集」を見て、母が入会を勧めてくれたことを記した。


今日、来年発売する新刊の資料を集めるために朝から国会図書館で調べ物をしていた。必要な資料をある程度見つけた後に、ふと『朝日小学生新聞』のことを思い出した。拙著で書いたように、この記事が掲載されたのは「80年の開幕前」であることは間違いない

ということで、1980年1月からの『朝日小学生新聞』を請求して、この記事を探してみることにした。1月1日の元日号から始まり、丹念に記事を拾っていく。この年開催予定のモスクワ五輪について、前年に話題になった機動戦士ガンダムの記事などが続き、そして2月23日7面、ついにその記事が見つかった!

この記事を目にした途端――自分でも驚くほど鮮やかに――9歳当時の情景が脳裏に浮かんできた。特に深く考えることなく、ヤクルトファンクラブに入会した僕は、まだ小学校3年生だった。そこから35年が経ち、45歳の中年男性となった(笑)。

まさか大人になって、全球団のファンクラブに11年間も入会し続け、特許庁に出向いて「12球団ファンクラブ評論家Ⓡ」で登録商標を取得するとはまったく思ってもみなかった(笑)。国会図書館の片隅で、僕はしばしの間、感慨に浸っていた……。











shozf5 at 23:07|Permalink スタジアムでビール! 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場