2015年01月

2015年01月22日

大豊泰昭氏からのラストメッセージ

大豊氏一本足


1月18日、中日ドラゴンズなどで活躍した大豊泰昭氏が亡くなった。51歳という若さだった。

一昨年秋、僕は大豊氏にインタビューをした。テーマは「一本足打法について」。王貞治氏はもちろん、片平晋作氏、駒田徳広氏など、一本足打法に挑戦した方々に会って、一本足打法とは何なのか? なぜ、今ではあのようなフォームの打者はいないのか? そんなことを尋ね歩いていた。

大病を患ったことは聞いていたけれど、目の前に現れた大豊氏の痩せ細った身体に言葉を失った。現役時代の偉丈夫なイメージとはほど遠く、それはまさに病人そのものだったからだ。

それでも、大豊氏は饒舌だった。話しているうちに、身振り手振りを交え、さらに静かに立ち上がると一本足打法の極意を実演を交えて伝授してくれた。「体調はあまりよくない」と聞いていたから、内心ではハラハラしていたけれども、一度、構えに入ると見事にビシッと決まったのが、本当にカッコよかった。

波乱万丈の野球人生に加えて、ときおり交えるユーモア。歯に衣着せぬ毒舌などがバランスよくミックスされていて、お話はとても面白かった。ただ、ときおり見せる、寂しそうな発言が切なかった。

大豊氏


ハッキリとは明言しないものの、「外国人が外国で暮らすことの厳しさ」、「閉鎖的な日本野球界の弊害」をにじませる発言も、ちらほらと漏れてきた。


最新刊『プロ野球、伝説の表と裏』にも書いたけれど、彼が漏らしたこんなセリフが胸に刺さる。


「台湾からやってきた僕が世の中で認めてもらうためにはホームランしかなかった。みんなを満足させられるのはホームランだけだった。僕は14年間で277本のホームランしか打っていません。でもね、僕のホームランはその一本、一本が涙と汗と血の結晶でした。一本のホームランを打つことに必死でした」


一本足打法修得は、本当につらく厳しい道のりだったという。大豊氏は「生まれ変わったら二本足で打ちたい」とも言っていた。それでも、一本足打法のおかげでホームラン王も獲得できたことも大豊氏は重々、承知している。

長時間に及んだインタビューの後、彼はなおも話し続けてくれた。たわいもない雑談もまた絶妙な話術で時間の経つのを忘れさせてくれるほどだった。

この雑談の中で、自費出版で写真集を作ったことを聞いた。「一部、購入させて下さい」と頼むと、「お金はいいよ」と大豊さん。そんなわけにもいかないので、お支払いすると「押し売りしたみたいでゴメンね」と笑顔。

そして、大豊さんは言った。

「実はね、こんなものを書いてみたんですよ……」

そこには、きれいな字で大豊さんの「打撃理論」がまとめられていた。

FullSizeRender


感心して読んでいると、僕にひと言、「よかったら差し上げますよ」と言った。

A4六枚、すべて直筆による力作だったために恐縮していると、「ぜひ、もらって欲しいんです」と笑顔になった。

今となっては、どうしてそんなことを言ってくれたのかわからない。原稿を書く際の参考のためだったのか、それとも、書籍化を希望していたのだろうか?

文章の最後には、こう記されている。

「さぁ……、自分の感性と慣性を磨こう。自分の能力を信じて努力する。夢は簡単に実現できないが、あきらめと中途半端だけはやめよう。厳しく、楽しく、頑張ろう」

努力の人が、静かに逝った。早すぎる死を悼んで、合掌。






shozf5 at 16:40|Permalink 忘れられぬインタビュー 

2015年01月06日

【太平洋・クラウン書籍・執筆余話01・基満男氏】

141202・基満男氏 (9)

2011年から取材を続けてきた太平洋クラブ・クラウンライターライオンズ関連取材。1973〜1978年まで、太平洋4年、クラウン2年の合計6年間という短期間だけ存在したプロ野球チーム。これまでにOB、フロントなど、のべ40数名のインタビューを行った。そして、ようやく今春、一冊の書籍として刊行されることが決まった

この年末年始は、これまでに行った膨大なインタビュー原稿を整理し、構成を考える作業に没頭。年明け早々、韓国取材があったため、実に慌ただしかったもののようやく構成も見えつつある。この物語は、ずっと「早く書きたい」と思いつつ、あえて自分を焦らしてきたため、おそらく書き始めたら、あっという間に執筆完了となるような気がしている

この6年間、チームに在籍した基満男氏――。
基さんには11年12月、そして14年12月、二度にわたって福岡でお話を聞いた。基さんのお話は実に面白い。現役時代から一匹狼で、人とつるむことをしなかった性格そのままに他の選手に対する批判がかなり厳しい。特に、同僚だった竹之内雅史氏に対する舌鋒は鋭い

開口一番、「オレはアイツのことは好きじゃない」と言い放つと、その理由を詳しく話てくれた。後に、竹之内さんに基さんの発言を告げると、「いかにもアイツらしいよ」と豪快に笑った。そんな竹之内さんもカッコよかった。

詳しくは、これから本書で執筆していくつもりだけれど、ひとつだけエピソードをご紹介したい。

「オレは、“竹之内はラクやなぁ、幸せな選手やなぁ”って、ずっと思っとったよ」

その理由を聞くと、

「気持ちよくバットを振って、当たればヒット、外れればゴメンナサイで済むやろ、アイツは。でも、そんなのがホントにプロか?」

ファンは、当たればホームラン、ダメなら三振という豪快スイングを喜ぶもの。でも、基さんによれば、「素人のファンならばそれでもいいけど、本物の玄人の目から見れば、あれは自分本位のバッティング」とのこと。そして、基氏はこう締めくくった。

「ヒットを打つやろ? でもな、本当に大切なことは、自分で喜ぶか、それとも相手ピッチャーを泣かすか? どっちかっちゅうことよ」

自分で気持ちいいスイングをして豪快な一発を打って喜んでいるうちは、まだ素人。一方で、相手ピッチャーに散々、苦労させた上で、その決め球を平然と打ち返すのが本物の玄人。それが、基氏の考えだった。

竹之内さんには竹之内さんの考えがあり、言い分があるのだけれど、それは別の機会に触れたい。基さんも、竹之内さんも、「本当のことならば、どんどん書いていいよ」と言ってくれたのがありがたい。

そして、基さんは2人の打撃について端的に言った。

「……つまりは、野球観がまったく違うんだよ、竹之内とは」


基さん、竹之内さんをはじめ、太平洋・クラウン戦士は実に個性的な面々ばかりだった。今後、少しずつ、このブログにて、執筆中のこぼれ話を記していきたいと思う。どうぞよろしくお願いいたします。



※2014年12月5日に新刊、『プロ野球、伝説の表と裏』を発売しました!






shozf5 at 20:01|Permalink 『太平洋・クラウン』書籍関連 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場