2012年05月

2012年05月25日

岩手のアオダモを守り続ける男

原会長とアオダモ

ここ数日、東北に行っていた。
青森、岩手、宮城、福島と各県を回り、
以前取材で知り合った方、初めて会う人、
それぞれと楽しい酒をともにした。

岩手県紫波町では忘れられない人と再会した
彼の名は、原修。すでに70代半ばを迎えている。
地元で40年以上、スポーツ店を経営している人物だ。

西武の菊池雄星は、中学生の頃、
この店に顔を出しては何時間も飽きることなく、
グラブやバットを手にして原さんと過ごしたという


「野球バット材・アオダモが枯渇している」
そんな話を聞いた原さんは60歳になる頃に、

「スポーツ店を経営してきた恩返しをしたい」と、
アオダモの植樹に取り組むことを決意した。

アオダモはモクセイ科トネリコ属の落葉樹で、
主に北海道の森林に分散して生育している。
その材質は、固くて粘りがあり、バット材に最適だ。

しかし、バットになるまでには約70年かかり、
現在では、森林開発の影響などで減少。
ここ数年のうちに、枯渇してしまうだろう。

僕はここ10年、アオダモの取材を続けてきた。
2010年には、『イチローのバットがなくなる日』と題して、
現在、アオダモを取り巻く環境について、一冊にまとめた。

イチローのバットがなくなる日―「アオダモ」を巡る渾身のルポルタージュ (主婦の友新書)
イチローのバットがなくなる日―「アオダモ」を巡る渾身のルポルタージュ (主婦の友新書)
クチコミを見る


僕が原さんと出会ったのは、本書が出版された後の、
2011年春のことだった。
したがって、本書には原さんのことは触れられていない。

原さんは自費で、北海道からアオダモの苗木を購入し、
行政各所と交渉の末、国有林の使用許可を得て、
現在では、数万本の植樹実績を誇っている

植樹祭では、地元の少年少女球児たちが、
「木のバットがなくなる日がくるとは知らなかった」と、
熱心にスコップ片手に小さなアオダモを植えているのだという。

昨年に引き続き、今年も植樹会場を訪れた。
五月晴れの東北の風は気持ちよかった。

「GWまでは、まだ雪が残っていたんだよ」

すくすく育つアオダモに触れながら、原さんが笑う。

「今まで何度もクマにも出会ったんだよ」

この場所には、孫の名前から一文字をとって、
「光の森」という名前が付けられている。

「孫の名前をつけておけば、私が死んだ後でも、
少しは森のことを気にかけてくれるんじゃないかと思って」


現在、「岩手のアオダモを育てる会」が発足し、
定期的な植樹活動、啓蒙活動を行っている。
原さんをサポートする体制も着々と整っている。

「岩手の野球少年少女たちに、アオダモのバットで、
たくさん野球を楽しんでもらいたい」


少年たちの寄せ書き


名もなきヒーローの名もなき奮闘。
全国には、誇るべき偉人がたくさんいる。







shozf5 at 10:32|Permalink 私は今、旅の途上です 

2012年05月21日

女子野球日本代表、プロアマ合流!

小西・川端・中野・監督

今夏、カナダで開催される「第五回ワールドカップ」に向けて、
5月19、20日の両日、女子野球日本代表候補合宿が行われた。

今回は、先日追加招集されたプロ選手たちが
初めて合流するということで、注目されていた。

厚ケ瀬美姫(兵庫)が故障のため参加できなかったけれど、
小西美加(大阪)、川端友紀、三浦伊織(ともに京都)、
田中幸夏、中村茜(ともに兵庫)の5名
が参加。

個々の能力に関してはお墨付きだけれど、
フォーメーション、サインプレーなど、
「新谷博監督の野球」にどこまですばやく融合できるか、
その点が注目されていた。

しかし、その心配は杞憂に終わった。

2日にわたり、実戦形式の紅白戦で、
練習では顕在化しない細かい課題を洗い出し、
その後の練習では2ランスクイズ、ディレイド・スチールなど、
新谷さんの目指すスモール・ベースポールを徹底する。
そのいずれも、プロ選手たちの動きは俊敏だった。

プロ選手たちに話を聞いて初めて知ったけれど、
ディレイド・スチールに関しては、
兵庫の選手たちは「初めて練習する」と言い、
京都の選手たちは「普段、練習している」と語っていた


詳しく聞けば、京都では昨年就任した佐々木恭介監督が、
この練習を行っており、サインまであるのだという。
今季、大躍進を続けている京都の強さの秘密を見た気がした。

また、先日のプロとの強化試合でコテンパンにやられた
アマチュア選手たちも、この1ヵ月で相当練習に励んだのだろう。
身体のキレも戻り、パワフルになっていた。

それにしても、片岡安祐美、川端友紀の二遊間は、
グラウンド上が一気に華やかな雰囲気になるいいコンビだった。

萱野選手・佐々木氏


新谷博監督、清水稔コーチがプロ選手を指導するのも新鮮だったが、
同じく、プロの佐々木監督がアマ選手を指導する姿も新鮮だった。

全体練習終了後、我慢しきれなくなったような佐々木監督が、
萱野未久選手に対して、実に1時間のマンツーマン特訓を行った。

バットが遠回りしがちで、ヘッドが遅れて出る萱野選手に対して、
インサイドアウトを身につけさせるべく、さまざまな指導を行う。
ずっと身近で聞いていたけれど、なかなか刺激的だった。

小西投手


2008年の第3回大会を最後に代表から離れていた小西投手が、
久々にジャパンのマークをつけているのもよかった。

「まさか、再び、この姿を見られるとは思わなかった」と言うと、
「普段とは違う新鮮な野球が楽しい」と小西投手は笑った。


全練習終了後、新谷監督に話を聞いた。

「技術的には底上げされたけれど、チーム的にはまだまだ」

監督が選手たちに求めるものは「巧みなリードオフ」ということも、
今回、初めて知ることができた。
この辺りは、改めてじっくり話を聞いてみたいテーマだ。

次回合宿は、6月23、24日、埼玉・尚美学園大学にて。
さらなるパワーアップが見られるはず。楽しみだ!















shozf5 at 11:06|Permalink 今日も元気に女子野球! 

2012年05月17日

温故知新連載3【ヤクルトファンブック・1983〜1985編】

さらに調子に乗って、第3回は【1983〜1985編】です!

1983


さて、1983年版
おぉ、前年までの若松勉から表紙の座を奪ったのは、
期待のルーキー・荒木大輔だ!!!


この年の僕は、中学に入る年だ。
丸坊主の野球部員で、先輩のケツバットがヘビーだった頃。

さて、この年の大注目が、井本隆の入団だった。
ファミリー体質で、なかなかトレードをしないと言われていた
ヤクルトが、鈴木康二朗、柳原隆弘を放出してまで獲得

言わずと知れた「近鉄のエース」の獲得!
僕のアドレナリンは出っ放しの垂れ流し状態だった


ちなみに、井本のプロフィール欄を見ると、

「1ヵ月のこづかいは、50万円」と書いてある。

ちなみに、同時期に移籍入団した倉持明は、

「1ヵ月のこづかいは、3万円くらい」とある。

倉持明は、現AKB48、チームAの倉持明日香のお父さん
このプロフィール欄には、家族の実名も掲載されているが、
彼女は89年生まれなので、この名鑑には載ってない、残念!

……さて、井本だ。
結局、この年の井本はまったく活躍しなかった。
記録を調べてみると6勝14敗、防御率5・46。
50万円使ってもいいから、活躍してよ。

後に、暴露本出版で騒がれた記憶がある。
興味ゼロ。僕は読んでない。

移籍前後に女性問題で騒がれたことしか、
僕の印象に残っていないよ。エミーだか、エリーだよ。
で、鈴木、柳原は、近鉄で活躍したんだよ、確か


おっ、ボビー・マルカーノの加入もこの年だ!
ベネズエラ出身で、阪急から移籍。
でも、ピークはもう過ぎていたよな。
後に39歳の若さで亡くなる。ニュースで知ってショックだった


1984


続いて1984年版

この年は、中央に若松勉、左にルーキー・高野光、
右に、松岡の後のエース・尾花高夫が配されている。

前年表紙の荒木はどこに行ったかと思えば、表4にいた。

1984b


やっぱり、爽やかだなぁ。やっぱり、斉藤佑樹の先輩だ。

ドラ1で高野光、他に橋上秀樹、池山隆寛が入団したのがこの年。
後に高野の訃報に接したときは、本当にショックだった……。

次のページを見ると栗山英樹、桜井伸一がいた!
まさか、日ハムの監督になるとは誰も思わなかったよなぁ。
桜井さんは、現役引退後、中野のジムでよく一緒になった(笑)。


おっ、これは!

小川&荒木


誌面で見ると小さくてわかりづらかったけれど、
スキャンして拡大してみたら、やっぱり間違いない。

女性アイドルに扮しているのが、荒木大輔。
学生服姿の親衛隊中央は、小川淳司だ!


まさか、このコスプレイヤー2人が、
20数年後に監督とヘッドという関係になるとは!!



1985


今回のラストは1985年版

この年は、広沢克己、秦真司、青島健太、
乱橋幸仁、後に審判に転身する柳田浩一らが入団


前年の池山に続き、広沢が加入し、秦や橋上など、
黄金の90年代への、かすかな光が見え始め……ないな、まだ


読み物企画では、選手たちの家族がたくさん登場している。
松岡弘の家族も紹介されているのだけれど、
奥さん、長女、次女、見事にみんなメガネだ!

目の悪さは遺伝するものなのだろう。

おぉ、松岡のグラブはスポルディングだったんだ。
あれ、立野の名前が違っている?
……調べてみると、前年までは「政治」
この年からは「正士」だ。一体、何があったんだろう?

調べてみると、前年は登板機会ゼロ。
ちなみに、この年は登板2試合のみで、そのまま引退だ。
スリムで柔らかいフォームで、新人年は活躍したのになぁ……。


※こうやって見ていくと、この第3回【83〜86年】は、
僕自身の中学3年間にピッタリ重なるんだけど、
生観戦だけでなく、テレビ観戦もぐっと減って、
日々の日刊スポーツと週べでの情報収集が多いことに気がついた。

※以上、全3回、76〜85年までのファンブックと、
個人的な思い出でした。長々とおつき合いいただき、
どうもありがとうございました!



shozf5 at 11:30|Permalink スタジアムでビール! 

2012年05月16日

温故知新連載2【ヤクルトファンブック・1980〜1982編】

前回の第1回【1976〜1978編】が、意外な反響だったので、
調子に乗って、第2回【1980〜1982編】をお届けします!

1980


前回明記した通り、1979年版は手元にないので、
1年飛ばして、続いては1980年版

さぁ、やはりこの年もイラストで若松勉の単体。
この頃、「ミスタースワローズ」の称号は完全に若松のものだった。

当時、小4だった僕は、若松勉とアントニオ猪木に、
心から惚れていた。心酔、溺愛、寵愛、偏愛……、
何と言っていいかわからないほど、この2人が大好きだった。


……おっ、意外な発見。
76〜78年までは、右閉じ左開きだったけれど、
この80年以降は、左閉じ右開きにマイナーチェンジ!

この年からは、「ケンカ四郎」・武上四郎が監督に就任

この年の「三本柱」は、松岡弘、鈴木康二朗、安田猛
そして、「第二の三本柱」として紹介されているのが、
寮長・梶間健一、PL・尾花高夫、そして、後頭部直撃・井原慎一朗

「後頭部直撃」とは、キャッチャー・大矢の二塁送球が低すぎて、
しゃがんでいた井原の後頭部を直撃した、
80年代に何度も繰り返された「珍プレー」のことです。

ルーキーは、大川章に岩下正明片岡大蔵は期待外れだった。
で、助っ人は快足自慢のスコット、とにかく足が速かった。

そして……、アレ、アレ?
この年、パラーゾがいたのに、載ってないぞ。

と思ったら、後半のカラーページに載っていた。
パラーゾは、後にメジャーで指導者として活躍するんだよな。
マリナーズでコーチをやっているのをみて、すごく嬉しかった(笑)。

この年、角富士夫のサヨナラホームランを生で見た。
阪神のピッチャーは池内豊だった。
なぜ覚えているかというと、図工の課題で、
この試合の絵を描いて、表彰されたから(笑)。


で、この年は広島に大差をつけられての2位。
……さぁ、ここからヤクルト暗黒時代の幕開けだ(笑)。

1981


続いて1981年版
おぉ、ようやく表紙がイラストから写真に変わった。

ちなみに、表4(裏表紙)は武上監督の「ヤクルトタフマン」広告
キャッチコピーは、「ここ1番にこの1本」!
このテレビCM、よく覚えてる。

中西太コーチとともに出演し、「辞書には載ってません」、
「乗ったよ」と辞書の上にタフマンを乗せるやり取りだった。

期待のルーキー・竹本由紀夫、散々だったよなぁ。
そして、最大の誤算はヤクルトに復帰したマニエル

この年、開幕前に「シーズン1号はいつ?」クイズがあって、
全然出ないで、まったく尻すぼみ企画になっちゃったんだよな。


この年のチーム最年長は、神部年男か。
おっ、48ページには、野村克晃が出ている。
後の団野村さん。プレーを見た記憶は全然ない。

img150



1982


さぁ、続いて1982年版

この年のルーキーは、宮本賢治だ! 当時はニキビが多かった。
そして、現監督・小川淳司の入団もこの年。

まったく活躍しなかったけれど、森長隆もこの年入団か……。
オレ、この年のファン感謝デーでこの人にサインもらったなぁ。
アレ、どこに行っちゃったんだろうなぁ……。

この年の外国人は、ラリー・ハ―ロー、デビッド・デントン

ハーローは開幕戦でのズッコケタイムリーエラー、
デントンは、ド貧乏のボロボログラブのテスト生

今の僕には、この程度の思い出しかない。


前年に盗塁王を獲得した青木実が、大きく掲載されている。
セカンド盗塁シーンの連続写真は、なかなか美しいフォーム。

特集企画には「角富士夫選手の追っかけレポート」が。
これを読むと、角は自動車免許を持っておらず、
池尻大橋から表参道経由で外苑前に「通勤」しているという




……さぁ、連載3回目は【1983〜1985年版】です!







shozf5 at 10:22|Permalink スタジアムでビール! 

2012年05月15日

温故知新連載1【ヤクルトファンブック・1976〜1978編】

1976


昨日、資料部屋で探し物をしていたら、
ヤクルトファンブックが大量に出てきた。

1976年版から2012年版までのうち、
欠本は1979、1986、1990年版の3冊。
購入したけれど、何かの拍子になくなってしまったらしい。
それでも、実に34冊、34年分の歴史だ!

で、探し物のことなどすっかり忘れて、
ついつい読み込んでしまうこと数時間。

あまりにも面白く、懐かしかったので、
表紙だけでもこのファンブックをご紹介したい。
ヤクルトファンじゃない人、スミマセン。全3回です!

ということで、連載第1回目は【1976〜1978年版】から

1976年版、表紙は中央に松岡弘、左に安田猛、右に若松勉
写真ではなく、イラストで描かれているが、若松はあまり似てない。

監督は荒川博。大杉勝男は移籍2年目。
助っ人は、ロジャー・A・レポーズ。
そして、チャールズ・F・マニエル
若松、松岡、安田は29歳、大矢は28歳。 
ルーキーは、杉村繁、後の盗塁王・青木実。


そうだ、「ヤクルトの青木」と言えば、
僕の子ども時代は「宣親」じゃなく「実」だった(笑)!

1977


続いて、1977年版
こちらは前年に引き続き、イラストだが、
前年の3人ではなく、エース・松岡弘単体になった。

表紙にサインが描かれているが、これは後年、
大人になってから、松岡さんにサインをしてもらったもの(笑)。

松岡さんは「ずいぶん、古いの持ってるなぁ〜」と言っていた。

前年途中から、監督に広岡達朗が就任
翌78年の初Vの息吹が、少しずつ聞こえ始める頃。

「ライフルマン」船田和英は16年目の35歳。
現コーチの「伊勢大明神」伊勢孝夫は33歳。
両外人は、この年もマニエル、ロジャー。
ロジャー・レポーズは太平洋から74年に移籍。
このとき、来日5年目の36歳。
おぉ、ルーキーは後の戸田寮長・梶間健一だ!


当時の僕は、投手コーチの堀内庄に対して、

「こいつ誰だ? 堀内のニセモノか?」と思っていた。

堀内恒夫しか知らなかった7歳の坊主をお許しください。


1978


そして、ヤクルト初優勝の1978年版
表紙は、やはりイラストで若松勉の単体。
前年に首位打者を獲得したのだから、当然だ。

巻頭も笑顔の若松勉、キャッチコピーは、

「10万ドルの笑顔」

いくら、円安時代とはいえ、「100万ドル」としないところが、
若松らしいというか、ヤクルトらしいというか、実に奥ゆかしい。

「大杉選手のマル秘公開」というコーナーでは、
大杉のバストが112センチであることが明らかに。
その説明文を、ご紹介。

かたせ梨乃ちゃんのバストは92センチ。
 梨乃ちゃんよりも20センチも大きいのだ!


僕は、大杉が112センチであることよりも、
かたせ梨乃が92センチもあることに驚いた


さて、この年の新加入は、デーブ・ヒルトン
ルーキーには、後の横浜監督・尾花高夫
そして、僕が大好きだった「33」鳥原公二
おっ、渋井敬一もいるし、柳原隆弘もいる。
柳原は、後に井本隆とのトレードで近鉄に。
それにしても、井本は期待外れだったなぁ……



引き続き、連載2「1980〜1982年版」に続きます!






shozf5 at 10:47|Permalink スタジアムでビール! 

2012年05月14日

ヤクルトキャップのデッドストック発見!

DSC_0304

探し物があったので、資料部屋を物色。
そしたら、実に懐かしいものが出てきた。

確か1990年代前半だったと思うけど、ヤクルトは
帽子やペットマークをリニューアルすることを決めた。

80年代の超弱小時代を経て、92、93年の
野村克也監督による連覇時代の名残を残す、
このユニフォームが好きだった僕は、
「リニューアルする」と聞いて、残念に思った。

ということで、何を思ったのか、近所の帽子屋を数軒回って、
旧マークの帽子を買い揃えたことを、今思い出した(笑)。

ということで、ただ今、資料探しを中断して、
90年代前半のファンブックを熟読中。

調べてみたら、つば九郎が登場し、
帽子のマークが現行のものになったのは94年だった

94ファンブック


上の写真は94年のヤクルトファンブックの97ページ。
この年のファンブックには、現日本ハム監督の栗山秀樹の
「ティーチャー・栗山のベースボール学園」というコーナーや、
有森也美、佐野史郎、周防正行、小川範子、野際陽子による、
「ヤクルト・フリーク大集合」という企画が。

野際陽子がヤクルトファンだとはまったく知らなかった。
読んでみると、彼女は立教時代に長嶋の同期で、
1リーグ時代の川上、大下をラジオで聞いていたとのこと。
ただ、ヤクルトファンになったきっかけは荒木大輔らしい(笑)。


僕の資料部屋には1976年から2012年までのファンブックがある。
今、確認したところ、79、86、90年の三年分が欠けていた!
探せばどこかにあるかな? いや、元々なかったような気がする。
困った、何としてでも入手したくなってしまった(笑)。

どなたかお持ちの方はいらっしゃいませんか?
お譲り下さる方があれば、ぜひご連絡を(笑)!







shozf5 at 11:37|Permalink スタジアムでビール! 

2012年05月13日

感謝、感謝、感謝……!!

Happy my 42th B-day!

本日、無事に42歳の誕生日を迎えました。

昨夜0時過ぎから、Facebookを通じて、
多くの方に祝福のコメントをいただきました。

この年になって、これだけ多くの方に
お祝いしてもらえるとは思ってもいませんでした。
本当にありがたいことです。感謝、感謝、感謝です。

仕事を通じて頻繁に会っている人もいれば、
十年、二十年来ごぶさたの人もいるし、
拙著を通じて知り合い、ご丁寧な感想をいただいたものの、
いまだ一度も会ったことのない人もいるし、
僕には畏れ多い方からのお言葉もあり……。

本厄となった昨年は、公私ともにキツイ日々でした。
「なるほど、人はこうして年をとるのか」と、
肉体的、精神的に感じることも多々ありました。

それでも、真っ直ぐ、前を向き、一歩一歩進みます。

この数カ月で二冊の本を書き上げました。
それぞれ、もうすぐ発売となります。

次なる企画、その次の企画も取材を始めています。
それは、来年、再来年以降の発表になりそうです。

自分にできることと、できないこと。
自分がやるべきことと、そうではないこと。

そんなものが漠然と見えつつあるように思います。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

すてきな母の日をお過ごしください。


2012.05.13 陽光と薫風に包まれた仕事場から
                      長谷川晶一





shozf5 at 10:56|Permalink ボーッとしながら考える 

2012年05月07日

映画『ミスター・ジャイアンツ勝利の旗』を見た!

ミスター・ジャイアンツ勝利の旗


前から観たいと思っていた映画が近所で公開中。
ということで、本日、阿佐谷ラピュタに行き、
ようやく、『ミスター・ジャイアンツ勝利の旗』を観ることができた。

この作品は、昭和38年のペナントレースを舞台に、
リアル巨人ナインが迫真の「演技」に挑んだ、
セミ・ドキュメンタリー作品。しかも、カラー!

ストーリーにはまったく期待していなかったけれど、
期待以上の出来栄えで、物語としても楽しかった。

オープニングでいきなり、当時の玉澤バットがたくさん登場
そのシーンだけで、僕は「1200円の元をとった」と感涙。

で、とにかく長嶋さんが素振りをするシーンが多いのだが、
長嶋さんはやはり玉澤ではなくルイビル製のバットだった

当時の長嶋さんは「舶来モノ」を真っ先に導入するお洒落さんで、
おそらく、あれはアーニー・バンクスタイプのものだと思う。

多摩川グラウンドでのノックシーンはたまらない。
3〜4分近く、延々とノックシーンが続くのだけれど、
大画面で、しかもカラーでみるノックシーンの数々。
グラブの出し方、スローイング、やはりカッコいい。

それを見守っているのが、王、廣岡、国松、柴田……
もう、たまらないですよ。

「ミスター・ジェントルマン」藤田元司が名演技。
怪我した長嶋を助けるために、なぜか舟木一夫に、
「舟木クンは飛行機の手配を、いや、いい……」と、
いろいろ指令を出すシーンもカッコよかったよ。

脇を支える豪華な役者陣がまた凄すぎ。

フランキー堺、伴淳三郎、大空真弓、淡島千景、
佐原健二、沢村貞子、新珠三千代、淡路恵子、
アイ・ジョージ、池内淳子、伊藤久哉、伊東ゆかり、
香川京子、加東大介、草笛光子、桜井浩子、宝田明、
仲代達矢、西村晃、舟木一夫、南弘子、園まり、三木のり平。


しかも、主題歌は坂本九

西村「黄門さま」晃は、酔っぱらって長嶋に絡むし、
桜井「ウルトラマン」浩子は、ホントのチョイ役だし、
三木「ごはんですよ」のり平は、なぜか西鉄ファンだし。

後に噂となる柴田勲と伊東ゆかりが並んでるんですよ!
この映画で二人は、そういう関係になったのかしらん?

明日の予定がなければ、もう一回観に行っていたな。


……長文にて失礼いたしました。
残念ながら、阿佐谷ラピュタでの公開は、5月8日まで。
もし、何か機会がありましたら、ぜひご覧ください!

shozf5 at 23:53|Permalink 映画、音楽、そして本 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場