2011年10月

2011年10月28日

明日は、高橋ユニオンズOB会だ!

2010ユニオンズOB会

『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』が発売されて約一ヵ月。
いろいろな方にご感想をいただき、本当に感謝しています。

さて、明日は一年に一度の高橋ユニオンズOB会
僕は一昨年の09年から参加させてもらっているけれど、
明日も、もちろん参加させていただく予定。

ここんとこ、ちょっと体調が悪かったけれど、
明日は万難を排して、参加するつもり。
そして、無事に出版できたお礼を改めて言いたい。

そして、編集部に作ってもらった「ユニオンズTシャツ」を着て、
ぜひ、みんなで記念撮影をしたい。

今年もお二人のOBが亡くなられてしまったけれど、
お二人を追悼しながら、思い出話をぜひ拝聴したいと思う。

明日が楽しみで仕方がない。


最弱球団 高橋ユニオンズ青春記最弱球団 高橋ユニオンズ青春記
著者:長谷川 晶一
白夜書房(2011-09-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


shozf5 at 19:52|Permalink 『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』関連 

2011年10月27日

『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』書評です!!

諸事情あって、自宅にいる時間が少なく、
何だか、気ぜわしい日々を過ごしている。

とは言え、この間、地味に原稿を書き続け、
来春発売の新刊もいいペースで進んでいる。

その一方で、先月発売した
『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』
余韻も、まだまだ噛みしめているところ。

最弱球団 高橋ユニオンズ青春記
最弱球団 高橋ユニオンズ青春記
クチコミを見る


本書は、いろいろなところでご紹介いただいている。

先週はTBSラジオで取り上げられて、
今朝もCBCラジオでご紹介いただいたとのこと。
その他、書評としてもいくつか取り上げていただいている。

ということで、以下四つご紹介します。
ぜひ、ご覧いただければ幸いです。


ノンフィクションはこれを読め!「HONZ」


「エキレビ」


「NEWSポストセブン」


「熊式。」


ホントにありがたいことです。ぜひ、ご覧ください!!

今後も、更新頻度は落ちると思うけど、
ボチボチ更新していきます。よろしくお願いいたします。




shozf5 at 13:06|Permalink 『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』関連 

2011年10月15日

太平洋クラブライオンズ、そしてクラウンライターライオンズ!!  ――二番煎じと言わないで(笑)――

太平洋クラブライオンズ集合

高橋ユニオンズの物語を書こうと取材、執筆を続けている間、
ひそかに、気になり続けた球団があった。

それが、クラウンライターライオンズだった。
このチームは昭和52年と53年の二年間だけの幻のチーム。

拙著『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』で触れたように、
高橋ユニオンズは昭和29年から31年までの、
わずか三年間だけ存続したチームだった。

しかし、年数だけを見れば、クラウンライターライオンズの方が短い。
このチームが存在していた頃、僕は7歳から8歳の時期。

当時はパ・リーグの情報が少なかったし、
僕自身はヤクルトファンだったため、
このチームのことはかすかに記憶に残っている程度だった。

でも、高橋ユニオンズの物語を書いている間、
このクラウンライターライオンズが気になって仕方がなかった。

……そして、ユニオンズ書籍発売からしばらく経った今、
次なるテーマとして、このチームを取り上げてみようかな、
そんな思いが芽生え始めている。

ということで、当時の資料や関連書籍を片っ端から集めてみた。
それらを読んでいて、感じたことがある。

クラウンライターの二年間を語るには、
その前身の太平洋クラブライオンズから、
いや、さらにその前身の西鉄ライオンズの末期から、
きちんと検証する必要があるのではないか、
そう考えるようになった。


上に掲げた写真は太平洋クラブライオンズの集合写真。
薄いワインカラーという驚きのカラーリングに加え、
背番号ならぬ胸番号という斬新なデザイン!!

写真には、現阪神監督の真弓や名球会投手の東尾、
さらに若菜や基など、僕が現役時代を知っている選手もいる。

ユニオンズと比べれば、はるかに資料も多いし、
当時を知る方も、ほとんどが健在だ。

ユニオンズ執筆時に感じていたジレンマ、

「もう少し誰かが早く取材していれば、
もっといろんな話があったはずなのに……」


そんな悩みも、このチームならば少ないことだろう。

これから、来年にかけて本格的に取材してみよう。
ユニオンズのときに味わった燃えるような興奮と感動が、
太平洋とクラウンライターでも感じることができるだろうか?

お楽しみは、まさにこれからだ!







shozf5 at 20:28|Permalink ボーッとしながら考える 

2011年10月14日

「スポーツと靖国神社」を見て……

img115


昨日、午前中の打ち合わせが終わり、二時間ほど時間が空いた。
そこで、そのまま電車に飛び乗り、靖国神社へ出かけた。

目的は23日まで開催されている「スポーツと靖国神社」を見るため。
副題に「スポーツと共に生きた英霊たち」とあるように、
戦火に散ったスポーツ選手たちにまつわる特別展だった。

その前日にたまたま近くで取材をした際に、
このイベントが開催されていることを知り、

「今度時間があるときに、ちゃんと見たいなぁ」

と思ったものの、開催時期が23日までということもあり、

「意識しない限り、“今度”は永遠にやってこない」

そう思い直して、まさかの二日続けての靖国参拝となった。
たとえ二日続けていったとしても、
僕は「私人」だから、何の問題もないのだ(笑)。

戦前のオリンピック選手から始まり、サッカー選手、
そして、野球選手など、個々の選手のプロフィール、
さらに、使用していた道具、表彰状やメダルなど、
さまざまな展示物が並べられていた。

それにしても、二十代前半で命を落とした人の多いこと。
彼ら、彼女らが戦地から家族にあてた手紙を読んでいると、
知らず知らずのうちに、涙が出てきて止まらなくなった。

実にあり来たりの感想で恐縮だけれど、
「平和であってこそのスポーツ」という、
シンプルな思いを、改めて突きつけられたような気がする。

そのまま、「遊就館」で併設されている常設展を見る。
大和の国の始まりから戦国時代、明治維新を経て、
西南戦争、日清、日露戦争、満州事変、大東亜戦争と、
日本の歴史がたっぷりと展示されていた。

展示の最後には「靖国の神々」と題されて、
家族にあてた英霊の遺書が展示されていた。

それらを丹念に読んでいると、さらに涙があふれ落ちる。
声を出さずに泣いていたつもりだったけれど、
鼻水だけはどうしようもなく、静かな館内で、
一人、ズルズルと汚い音を出し続けてしまった。

近くにいたおばあさんが「大丈夫ですか?」と声をかけてくれた。
もうヘンな精神状態だったので、その優しさにまた泣けた。
酔っているわけでもないのに、センチメンタルな40代……。

とにかく二時間ではまったく時間が足りず、
「今日の打ち合わせですけど一時間遅らせてください」と、
途中で、編集者に不躾な連絡をしてしまった。
結局、三時間、ここにいたけれどまったく時間は足りなかった。

帰宅後、打ち合わせを済まして、そのまま資料部屋に。
目的は以前読んだ本を引っ張り出すため。

で、ほどなくしてその本は見つかった。

新ゴーマニズム宣言SPECIAL靖國論
新ゴーマニズム宣言SPECIAL靖國論
クチコミを見る

以前、この本を読んだときにも「英霊たちの言の葉」に感銘を受けた。
けれども、改めて読み直してみると、
よりリアルに本の内容が頭に入ってきた。

先にも述べたように、三時間ではまだまだ時間が足りなかった。
改めて、時間の余裕のあるときに再訪したい。




shozf5 at 17:04|Permalink ボーッとしながら考える 

2011年10月13日

『1985年のクラッシュ・ギャルズ』とつかこうへい

1985年のクラッシュ・ギャルズ
1985年のクラッシュ・ギャルズ
クチコミを見る

眠れない今朝方、ふと手にしたらあまりにも面白くて一気に読了。

女子プロレスにも、クラッシュ・ギャルズにも思い入れはないけれど、
アントニオ猪木ファンだった僕は毎週週刊プロレスを買っていた。

だから、1985年から95年ぐらいの女子プロレス界については、
リアルタイムで知っていたし、女子プロ対抗戦も何試合か、
会場で見たことがあるので懐かしく読んだ。

個人的に思い入れのある、故つかこうへい氏も登場する。

つかこうへいは長与千種と出会い、彼女に惚れ込み、
長与を主演にして『リング・リングリング』を上演する。

長与がつかさんの稽古場に初めて訪れた場面。
以下、本文中からいかにも「らしい」場面を引用。


まもなく劇作家は驚愕した。
素人女優が、自分にもたれかかって眠っていたからだ。
稽古の後、全員で焼き肉店に行った。
「俺はこいつを信じたね」
つかこうへいがいきなりこう切り出したから、
今度は千種が驚いた。
「俺に寄りかかって居眠りしたヤツなんか、いままでにいたか?
こういう女が信用できるんだよ」



まさに、つかさんらしいセリフだ。
生前のつかさんと呑んだときのことがよみがえってくる。

また、以下のつかさんによる「女子プロ評」もいかにも「らしい」。


「風呂で寝てしまい、我が子を溺死させた母親がいる。
母乳を与えながらうたた寝して、
我が子を窒息死させた母親がいる。
そういうヤツは一生上を向いて歩いたりはしない。
でも俺は、お前たち女子プロレスラーだったら、
そういうヤツらにも力を与えることができるような気がするんだよ。
女子プロレスってなんだ?
普通若い女はおしゃれをしているのに、
お前たちは水着一丁で股ぐらを開いている。
チャンピオンベルトといったって、ただのメッキだろ?
俺はいままで女子プロレスを知らなくて、
ちょっとだけ見せてもらったけど、あんな若さで、
水着一丁で肌をさらしてぶつかっていく姿は、
まるで天に向かうひまわりみたいだな」



まるで天に向かうひまわり!


つかさんのレトリックはいつも優しく温かい。

以前、このブログでも書いたけれど、
僕がつかさんから聞いたのは、内縁の夫と結ばれたいから、
実の娘の入浴中に火を放って殺した母についてだった。

思春期の娘なので、入浴中であれば、
裸で逃げることが恥ずかしく、
逃げ遅れるだろうと考えた母の仕業だった。


「どこまで人は鬼になれるんだ!」


と、酔った直木賞作家は、つぶやくように言い放った。
その姿は、今でも忘れられない……。



本書で参考になったのは、物語の「結構」。

長与千種の章、ライオネス飛鳥の章に加えて、
当時、女子プロに熱狂したファンの一人称で語られる章、
この「三者の章」のコンビネーションが心地よかった。

「ファンの章」が入ることで、それまでの章の再確認ができ、
同時に冷静な視点を呼び起こしつつ、読者を焦らす効果があった。

ノンフィクションにはまだまだいろんな可能性があるな、と
勉強不足の僕は、痛感した次第。オススメします!








shozf5 at 11:48|Permalink 映画、音楽、そして本 

2011年10月05日

『ライオンズ・クラシック2008−2011』が届いた!

DSC_0087

昨日、かなり大きな宅急便が自宅に届いた。
差出人は「ベースボール・マガジン社」。

(……さて、なんだろう?)

ベーマガ社には連載で原稿を書かせてもらっているけど、
これだけ大きな荷物が届く心当たりはない。
ということで、期待しながら開封してみて驚いた。

中には、トレーディングカードバインダーと
『スポーツカード・マガジン』最新号が入っていた。

それで、ようやく気がついた。

(……あぁ、あのカードか……

実は先日、面識のない方から連絡をいただいた。

「●●選手のカードを作りたいのですが、連絡先がわからないので、
 もし可能でしたら、教えていただけませんか?」


それは、戦前のプロ野球草創期から活躍し、
高橋ユニオンズにも在籍した小田野柏氏のカード制作依頼だった。

そこで、小田野氏に確認を取り、本人の許可を得た上で、
カード担当者に小田野氏の連絡先を伝えた。


……僕がかかわったのはそれだけだった。


そして今週、「カードができましたのでお送りします」と連絡をもらった。
てっきり、小田野氏のカードだけが送られてくるものだと思っていた。

それが、レギュラーカードのフルコンプ、しかもバインダー入り!

一時期、カードコレクションに熱中し、
今でもバインダーだけで10冊ぐらいは保管してある。

ということで、ありがたく頂戴することにした。
何だかとっても嬉しくて、昨晩はずっとこれを手元に置いて、
気がつけば、バインダーのページを繰っていた(笑)。






shozf5 at 12:59|Permalink 映画、音楽、そして本 

2011年10月02日

「モー娘。」と「ドリムス。」コンサートへ!

ドリーム モーニング娘。 コンサートツアー2011春の舞 ~卒業生DE再結成~ [DVD]
ドリーム モーニング娘。 コンサートツアー2011春の舞 ~卒業生DE再結成~ [DVD]
クチコミを見る

一昨日(30日)は、日本武道館・モーニング娘。コンサートへ。
この日は、高橋愛の卒業公演だった。

これまでに卒業していったOGたちの「卒業コンサート」DVDは、
今までに何本も見てきたけれど、生で見るのは今回が初めて。

特別、高橋愛に深い思い入れがあるわけではないけれど、
メンバー個々人からの惜別の辞、本人のラストメッセージは、
さすがに感動的なシーンの連続で、卒業公演ならでは。
「とっても、いいものを見たな」という感じで会場を後にした。


そして今日は、中野サンプラザでドリーム モーニング娘。コンサート
僕の座った席の周りには、メンバーと共演している芸人や、
女装家として人気の某氏、別のおネエ系タレント、
さらには某誌のモデルたちが居並び華やかな雰囲気だった。

で、現役「モー娘。」と違って、「ドリムス。」には、
現在各メンバーにインタビューを行っている最中なので、
もちろん過去の曲も、最新アルバムの曲も聞きこんでいるから
本日のセットリストは全部知っている曲ばかりだった。

以前にインタビューしたメンバーには取材時の思い出が、
これからインタビューするメンバーには、今後の質問事項が、
頭に浮かびながら、コンサートを見たけど、とても楽しかった。


それにしても……。


春のツアーを見た際にも感じたことだけど、
『LOVEマシーン』『恋愛レボリューション21』があれば、
どこの会場でも、鉄板で盛り上がることは間違いない。

この二曲だけで、この人たちは一生食べていけるのではないか?

それが錯覚、誤解であるということは、
メンバーたちのインタビューを通じてわかっているけれど、
それでも、ついついそう感じてしまうほど、今日も盛り上がった。

彼女たちが40代になり、50代になっても、
そして、ダンスの負担を軽減させていってもいいので、
ぜひこの曲だけは歌い続けていってほしい。
そんなことを感じながら、中野サンプラザを後にした。


……それにしても、自宅まで徒歩一分はホントにラクだ(笑)。






shozf5 at 21:25|Permalink 映画、音楽、そして本 

2011年10月01日

『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』制作日誌、更新しました!

DSC_0084

『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』制作日誌、更新しました!

今回は、正式入団からわずか三週間でチームが解散。
一試合も出場することのなかった当時19歳の少年。
現在、74歳になった西本道則氏から届いた手紙について書きました。

「発売から10日後、1通の手紙が届いた……」

よかったら、ぜひご覧ください!



shozf5 at 23:59|Permalink 『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』関連 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場