2011年06月

2011年06月21日

ビールの大盛り

77b77f83.jpg
博多に着いて、取材が終わり、そのまま久留米へ。
何度かお邪魔した「やっちん」へ。
馬刺のバリエが豊富で酒の種類が多いし、店長のやっちんが最高なんで、やって来ました!
いきなり「ビールの大盛り」のサービス。
デキャンタでいただくビールは初めて(笑)。
お代わりの手間が省けていいや。
さぁ、夜は長い!


shozf5 at 20:31|Permalink ひたすらの、呑み…… 

さぁ、博多へ!

401fcb61.jpg
高橋ユニオンズ取材でこれから博多へ。昨日は久々の集中力発揮で18時間ぐらい原稿を書いた。
肉体的にはキツいはずだけど、全く辛くない。
まさにライターズ・ハイの真っ只中。
現地では以前、別の書籍でお世話になった方がナビしてくれる。夜の飲み会までセッティングしてくれた。ありがたいありがたい!
それにしても、もうこの時間は通勤ラッシュなのねん。耐性がないから辛い。タクシーに乗ればよかったと軟弱なオレ。


shozf5 at 08:18|Permalink 私は今、旅の途上です 

2011年06月18日

何も生み出せない日は、生み出すキッカケを作ろう。道具を磨くとか。

KREAM ルールなき世界のルールブック
KREAM ルールなき世界のルールブック
クチコミを見る


本日(17日)、懐かしい編集者2人と呑んだ。
諸事情があって、かつて彼らと一緒にやった仕事は、
アンハッピーエンドという結末に終わった。

理由はいろいろあるけれども、
強いて言えば3人とも、被害者だと僕は思っている。

で、本当に久しぶりに彼らと新宿で呑んだ。
かつてともに交わった人生の機微。
そして、今はそれぞれ別の道を歩んでいる。

でも、久しぶりの彼らとの邂逅を経て、
僕は、また彼らとの新たなつき合いが始まるという確信を得た。

それぞれの新しい道での、それぞれの新しい関係。


(……人生っていいな)


最近、しばしば痛感する想いを今日も感じられた。
新たなる出発点が、今日だったような気がする。



……で、今日の表題の


「何も生み出せない日は、生み出すキッカケを作ろう。道具を磨くとか。」


これは、先日インタビューしたKREVA氏の最新刊に出てくる言葉。


オレ、この言葉すごい好き!


今日、懐かしい人と呑みながら、この言葉が頭をよぎった。

2009年は、僕にとって暗黒の年だった。
でも、2009年に仕事が激減して笑えるぐらい収入が減ったときに、
あまりにもヒマすぎて、僕はいくつかの企画を立案した。

で、そのときに始めた企画が、いずれも今年書籍化される。


何も生み出せない日は、生み出すキッカケを作ろう。道具を磨くとか。


この言葉が改めて、身に沁みる。


09年の暗黒の原因は、実は件の彼ら2人にも一因がある。
彼らを責めるつもりはまったくないけれど、
でも、恩讐を超えて、再び始まる出会いもある。

そんなことを感じて、幸せな気分となった一夜となった。







shozf5 at 01:17|Permalink 取材・インタビュー…… 

2011年06月13日

高橋ユニオンズ発祥の地へ!

7cfcd33f.jpg
大正11年に開業した東京會舘。
昭和28年12月、高橋ユニオンズはこの地で、
高橋龍太郎オーナーによる球団設立記者会見を行った。

「なぜ、帝国ホテルではなく東京會舘なのだろう?」と
僕は、ずっと不思議に思っていた。

先週の土曜日、馴染みの店で呑んでいたら、
たまたま東京會舘の支配人が隣に座った。
僕の疑問を話すと、その謎はすぐに氷解した。

で、本日、当時の資料を借りて、
彼の案内で昭和20年代の名残りを見て回った。

この写真は大正11年当時から使われているシャンデリア。
おそらく、オーナーの高橋龍太郎も、
この灯りの下で、何度も会合をしたことだろう。

高橋ユニオンズ取材、快調です!


shozf5 at 15:57|Permalink 『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』関連 

2011年06月10日

本日は桂歌丸師独演会!

a15de291.jpg
先ほど、本日のインタビュー終了。軽く泳いで、久しぶりの独演会へ。
本日は桂歌丸師。ゆっくり楽しみます!


追記
柳亭小痴楽:強情灸
林家たい平:明烏
桂歌丸:ねずみ


shozf5 at 18:52|Permalink 映画、音楽、そして本 

2011年06月09日

ヒクソン・グレイシーインタビュー

ヒクソン・インタビュー


資料部屋を整理していたら、懐かしい写真が出てきた。
かつて、「400戦無敗」と言われていたヒクソン・グレイシーだ。

彼にインタビューしたのは、「船木対ヒクソン戦」の翌日。
激闘から一日経って、都内のホテルで行った。

静かなたたずまいがとても印象的なインタビューだった。
……あれから、すでに11年も経つんだなぁ……。

以前、このブログでアップした短い文章を再掲したい。



フナキはとてもよく準備していたと思う。
 パンチの練習もしていたようだし、
 彼はいいファイターであることは間違いない。
 こんなに顔を腫れさせられた
 こともなかったしね……



その言葉どおり、翌日、病院での精密検査で、
眼窩底骨折と診断されることになる、
その左目は赤く充血している。


――東京ドームの激闘から40時間後。


ヒクソン・グレイシーは都内のホテルにいた。

2000年5月26日、
ヒクソンは、船木誠勝と東京ドームで闘った。

「400戦無敗」と喧伝されていたヒクソンは、
船木相手に危なげのない勝利を収めていた。


試合の詳細について振り返ってもらいつつ、
僕は、実にシンプルな質問をした。


――どうして、あなたはそんなに強いのか、と。


負傷した左目を気にしながらヒクソンは言う。


私は、“強さ”とは、
 セルフコントロールだと思っている。
 もし、私が強いというのなら、
 それは私がセルフコントロールを
 心がけているからではないか……



このころ、世の中では、
10代による凶悪犯罪が頻発していた。
ヒクソンは、そんな日本の現状を憂い、
日本のティーンエイジャーにメッセージを送った。


どうか自分自身を信じてほしい。
 自分の中に、まだ自分が気づいていない、
 未知なる力が必ず眠っている。
 
 自分でも気づいていないパワーが必ずある。
 そのパワーを信じて、自分が直面する
 困難を乗り越えてほしいんだ……
 


そうして、ヒクソンは、色紙に
こんなメッセージをしたためた。


STRONG SPIRIT
 STRONG LIFE



この日、僕の取材の後に、
不調に苦しんでいた、当時ジャイアンツの
清原和博がヒクソンの下を訪ねた。

そして、ヒクソンは、清原にも
この言葉を贈ったという。


取材終了間際、
ヒクソンの口調が強くなる。


人生は変わる!
 だから自分を信じてほしい!



そして、静かにうなずいて、
改めて、何度も口にした。
口調はすでに穏やかになっている。


Believe in yourself……

Believe in yourself……

Believe in yourself……








shozf5 at 00:49|Permalink 忘れられぬインタビュー 

2011年06月08日

モー娘。DVDざんまい!

3c1add2a.jpg
akb48の総選挙が話題の今、僕はあえてモーニング娘。に関する取材を続けているところ。
メンバーそれぞれにインタビューをしながら、
過去と現在、未来をまとめようと奮闘中。

ということで、移動中は歌詞カードを見ながらiPodで、
自宅ではDVDで、モーニング娘。ざんまい!

今では、風呂でも、トイレでも、寝ているときも、
彼女たちの楽曲が鳴り響くようになった(笑)。


shozf5 at 19:16|Permalink 映画、音楽、そして本 

2011年06月07日

追悼・高橋ユニオンズ・伊藤四郎投手……

伊藤四郎投手

本日の取材前に伊藤四郎氏の死を知った。
先週5月30日の夕方、旅先で亡くなったという。78歳だった。
伊藤さんとの出会いは昨年2月、「高橋ユニオンズ」取材でだった。

僕は『野球小僧』誌において、10年4月号〜11年4月号まで、
『高橋ユニオンズ青春記』という連載を書かせてもらっていた。

1954〜1956年のわずか3年しか存在しなかったプロ野球チーム。
ほとんど記録や資料が残っていないこのチームに興味を持ち、
当時、在籍されていた選手の方々に話を聞き始めた。
その中で、知り合ったのが伊藤さんだった。

伊藤さんのお話は、ずば抜けて面白かった。
若いときには相当やんちゃだったようで、だからこそ、
その武勇伝や失敗話は実に生き生きしていた。


「法律には触れていないけど、悪いことはたくさんしたよ(笑)」


笑顔で、そう語っていた姿がとても印象深い。

当時の資料もきちんと整理されていたし、
記憶も確かだったので、伊藤さんにはずいぶん助けてもらった。

三重県のご自宅にも2度ほど、お邪魔したし、
原稿に息詰まると伊藤さんに電話をして、
抱腹絶倒の思い出話をたくさん聞かせてもらった。

最後にお会いしたのは今年の4月のことだった。
抗ガン治療を続けているとは言いつつも、
その口調は快活そのもので、
まさかこんなに早く訃報を聞くとは想像だにしなかった。


現役引退後は、南海、ダイエーのチーフスカウトとして活躍。
獲得に関わった選手はたくさんいる。

伊藤さんならではの権謀術数スカウト術、
人間の機微を巧みに利用した交渉術について、
現在発売されている『野球小僧6月号』に書いた。
商売人の息子ならではのエピソードは最高だった。

伊藤さんが獲得に関わった選手の一人、
福岡ソフトバンクホークスの斉藤和巳投手が、
自身のブログで実に心のこもった文章を綴っている。


『ありがとうございます!』


文字量の関係で『野球小僧』では触れられなかったけれど、
先日お会いしたときには、斉藤獲得秘話もたくさん聞いた。
獲得後も続く、斉藤選手のお父さんとの交流など、
スカウトの地道な仕事ぶりは、実に感動的だった。



今年の9月、『高橋ユニオンズ青春記』が単行本になる。
連載では書ききれなかったこと、連載中に明らかになったこと、
そして、連載中に見つかった大量の貴重な資料と、
新規取材を交えて、大幅に改訂して出版するつもりだ。

伊藤さんに見てもらうことはかなわなくなったけれど、
それでも、精一杯の力を注いでこれから執筆作業に入る。
近々、伊藤さんの墓前に線香をあげに行こうと思う。
そして、改めて墓前に完成した本を供えさせてもらいたい。

……合掌。ご冥福をお祈りします。












shozf5 at 21:10|Permalink 『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』関連 

2011年06月06日

麻布にヘビが!

e6601bc5.jpg
本日の調べもの終了。戦後すぐの時刻表を見ながら、当時の旅を夢想する。図書館を出て、有栖川宮記念公園に出ると大きなヘビが!写真を撮ろうと思ったけど、恐くて撮れなかった。僕は報道カメラマンにはなれない。さて、陽気もいいので、神宮でビールを呑みましょうか?今日は館山の先発かな?


shozf5 at 17:23|Permalink ボーッとしながら考える 

2011年06月03日

夜もまた神宮へ!

9e531e2a.jpg
ジムで泳いで、鮨屋で軽くつまんで。気がつけばナイターの時間。由規が投げるということで、再び神宮に戻って来ました。夕焼けとヤクルトとビール。最高です!


shozf5 at 19:15|Permalink スタジアムでビール! 

神宮バッティングセンターへ!

5184717c.jpg
インタビュー終了後、近くのバッティングセンターへ。今日の相手は楽天・田中マーくん。100キロを60球打ったら、もうヘロヘロ


shozf5 at 13:05|Permalink スタジアムでビール! 

朝から、神宮へ!

85869b3c.jpg
今日はヤクルトの畠山選手のインタビュー。これからスタートです!


shozf5 at 10:58|Permalink スタジアムでビール! 

2011年06月02日

つかこうへい・飛龍伝へ!

3a6bc356.jpg
本日、ある会社のパーティーに出席後、そのまま新宿へ!北区つかこうへい劇団の解散公演。来月の公演も行くけど、もう見られなくなっちゃうんだなぁとシミジミ。


shozf5 at 18:42|Permalink 映画、音楽、そして本 

2011年06月01日

今日は旧千葉マリンスタジアム!

d97d0a60.jpg
風が冷たく、雨も心配だけど、野球と花火とビールの誘惑には勝てず、馳せ参じた次第。さぁ、どんな試合になるのかな?


shozf5 at 17:39|Permalink スタジアムでビール! 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場