2011年04月

2011年04月06日

その後の「被災中の女子球児からのメール……」

東大寺の桜


地震直後の3月15日付けの当プログで僕は、

「被災中の女子球児からのメール……」

というタイトルのエントリーをアップした。

この春、高校を卒業したばかりで、故郷の仙台に帰省中に被災し、
避難所暮らしをしているという女子球児について触れたものだ。

――先日、この女子球児と、偶然出会った。
4月2日、京都の女子プロ野球開幕戦で、だ。

試合が終わって、球場外で取材をしていたところ、
突然、「長谷川さん!」と声をかけられた。
驚きながら振り返ると、そこにいたのは件の女子選手だった。

「えっ、どうして、ここに?」

と驚く、僕に対して「今、親戚の下にいるんです」と笑った。
話を聞けば、最初は車の中で夜を過ごしていたものの、
少しずつ、落ち着きを取り戻し、現在に至ったのだという。

震災直後に「今は野球のことは考えられない」と語っていた彼女が、
かつての仲間や知人も活躍する女子プロ野球を観戦に来ている。

たった、それだけの「事実」だけれど、
僕にはとても大きい「復興」の息吹に感じられた。

彼女のプレーする姿も、もうすぐ見られるはずだ!
関東のヴィーナス・リーグは4月16日に開幕する!




2011年04月05日

女子プロ野球開幕シリーズは京都の2連勝!

小久保志乃選手/ピッチング2

※写真は、アマチュア時代の小久保志乃投手。2009年2月・香港。

昨日(4日)は、さんざん奈良観光した後に、
満を持して、京都・わかさスタジアム京都へ。

試合結果は、4対3で、京都アストドリームスが開幕2連勝。
昨年は開幕5連敗を喫しただけに、上々の滑り出し。

試合前からベンチのムードもとても明るく、
開幕戦勝利の余韻がいい具合に残っていた。

一方の兵庫スイングスマイリーズ・川越透監督は、

「あくまでも(前期20試合の)20分の1にすぎない」と、

開幕敗戦を気に懸けるそぶりを見せない。
その際に強調していたのが、「うちには投手がたくさんいる」という点。

その言葉を裏付けるように、この日の先発は、
ショートとして、不動のレギュラーである厚ケ瀬美姫選手

彼女がマウンドに立つ姿を見るのは、実に久しぶり。
ということで、古い写真を探してみると、
2009年の全日本選手権での試合写真が出てきた。

塁・厚ケ瀬投手


抜群の運動神経を誇る彼女だけに、
大いなる期待を持ってみていたものの、
この大会では大量失点を喫するシーンが目立った。

回転のきれいなストレートで、しかもコントロールがいいため、
バッターにとって打ちやすいのだと、対戦相手が言っていた。

この日も2回を投げて3失点でマウンドを降りることになった。
川越監督は「厚ケ瀬は投手としても抜群」と力説していただけに、
次の機会に期待したい。


……それにしても。


開幕初戦、2戦目ともにシンデレラインタビューを受けたのは、
今年、兵庫から京都に移籍した小久保志乃選手

この日も、マウンド上での気合いの入り具合は半端なかった。
古巣相手に「いいバッターばかりなので気を抜けない」と、
慎重な姿勢を崩さずに、「小西さんを抑えたい」と、
気合の投球を披露して、見事に完投勝利を飾った。
気が早い話だけれど、現時点のMVP選手だ。

04


決勝の犠牲フライを放ったのは、梅本由紀選手
気まじめな性格のために、不振時には考え込む姿が目立った。
この一本をきっかけにして、今年は飛躍の一年にしてほしい!


……それにしても、駆け足の2泊3日だった。
今日の午前中の取材がとても辛かった……。



2011年04月04日

新幹線に飛び乗った……

27930c77.jpg
明日は朝から東京で取材。
車内販売の弁当で、ようやく夕食にありつけた。


再び、京都へ……

eeff896d.jpg
奈良から京都へ戻ってきた。
目的は女子プロ野球開幕二戦目観戦。
京都の先発は小久保。兵庫はなんと厚ヶ瀬。
さて、どんな試合になることやら?


shozf5 at 18:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

鹿と桜と大仏と……

fe916673.jpg
歩いて東大寺へ。
大仏さんを見るのは高校の修学旅行以来かな?


shozf5 at 13:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

桜はきれいで……

52e47f1f.jpg
天気はよくて、鹿は意外と臭くて。
うららかな春の一日を満喫中。


shozf5 at 12:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

爆睡の果てに……

dfc02dff.jpg
たどり着いたら、剥製のような鹿が出迎えてくれた。
大好きな興福寺の阿修羅像を見に行こう!


shozf5 at 12:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

あまりにも天気がいいので……

9eef2897.jpg
奈良まで足を伸ばして、花見に行くことにした。
軽い二日酔いのまま缶ビールを呑んだら、睡魔が襲ってきた。
ということで、車窓を楽しむことなく、寝ちゃいます。


shozf5 at 11:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

さてと……

6f2d8af8.jpg
京都駅に着いた。
いつものコインロッカーのいつもの場所が空いている喜び。
ささやかな幸せを噛みしめつつ、どこに行こうかな?


shozf5 at 10:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月03日

そして、滋賀・皇子山球場へ!

873d8c5d.jpg
本日は、男子プロ野球の西武対ソフトバンク戦へ!
レディー・ガガ「ボーン・ディス・ウェイ」が大音量で流れる中、
ソフトバンク多村がフリーバッティング中。


shozf5 at 11:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

日本女子プロ野球、2年目の進化!!

佐々木新監督&シンデレラインタビュー


昨日(2日)、京都・わかさスタジアム京都にて、
2011年日本女子プロ野球リーグ(GPBL)が開幕。

リーグ発足2年目を迎えて、選手、そして機構が、
どのように進化したのか、期待して観戦した。

昨年、実際の成績以上の大きな差が、
兵庫と京都の間にはあったように思う。

兵庫は、経験豊富なベテラン選手が多く、
若手の多い京都と比べると、
どうしても実力面、戦力面で見劣りしていた。

一時期、「選手たちに悔しさが感じられない」と、
京都の選手を見ていて、感じたこともあった。

もちろん、選手たちは悔しくないわけがない。
それでも、兵庫の選手たちの余裕ある戦いぶりを見ていると、
どうしても京都に物足りなさを感じてしまう気がした。


――そして迎えた、2年目の開幕戦。


キャンプ、オープン戦を通じて、
京都の個々の選手たちの底上げ、
チームとしてのレベルアップの息吹はあった。

だからこそ、内心で僕は思っていた。


(去年のイメージを払拭するためにも、
開幕戦はぜひ京都に勝ってほしい!!)



兵庫のエース・小西美加投手や、川保麻弥捕手、
田中碧、坪内瞳両投手などなど、
アマ時代から注目していた選手もいるので、
兵庫にも頑張ってほしいという思いは強くあるけど、
それでも、この開幕戦だけは京都に勝ってほしかった。

京都の先発、大倉三佳投手は、昨年リーグトップの
8完投を記録した、頼れる大黒柱だった。

試合は京都・大倉、兵庫・小西、両先発投手が、
期待に応えるピッチングを披露する好ゲームとなった。

京都が先制すると、すぐに兵庫が追いつく。
再び京都が加点すると、またまた兵庫が同点に。

昨年までだったら、いいところまでいっても、
最後の最後には兵庫に寄り切られることが多かった。

それでも、今年の京都は、相手の勢いに呑まれることなく、
じっと嵐が過ぎ去るのを待った上で、反撃を展開。

そして、見事に5対3で、念願の開幕勝利を挙げた。

試合終了後の佐々木恭介監督インタビューでは、
おなじみの「ヨッシャーッ!!」という威勢のいい掛け声も聞かれた。

当然と言えば、当然のことだけれど、
やはり勝ったチームは明るく、雰囲気もいい。

昨日の京都には、明るさが充満していた。
この雰囲気が、シーズン後半まで続くことを期待したい。

もちろん、兵庫だって昨年よりも底上げがなされている。
より高い次元での切磋琢磨が、今年は期待できるはずだ。

小久保志乃選手


昨シーズンオフ、京都に移籍した小久保志乃選手。
打っても、投げても頼りになるスター選手。
昨日の試合でも、4番打者として見事なタイムリー。
次回あたりは、彼女のピッチングも見たいものだ。


2011年04月02日

京都は快晴!

a43ac783.jpg
ただいま、兵庫の打撃練習終了。
試合開始は14時の予定です!


shozf5 at 12:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年女子プロ野球、本日開幕!

2010開幕セレモニー

※写真は2010年の開幕戦、試合前セレモニー。

ここ数日、やらなければならないことが目白押し。
でも、ひとつずつ着実に終えて、ようやく一段落。

ということで、本日4月2日、京都に出発する。
もちろん、目的は女子プロ野球開幕シリーズ取材。

リーグ発足2年目を迎えて、選手たちは、
そしてリーグ運営は、どう進化したのか?
そんなことを体感できたらいいなと思っている。

両チームの開幕戦投手は誰なのか?
発表の瞬間を楽しみに待ちたいと思う。

男子プロ野球の開幕は4月12日に延期された。
だからこそ、女子プロ野球への期待が高まる。

選手たちにはケガなく悔いのない1年を、
そして、機構サイドには、さらなる発展を、
そんなことを期待し、祈りながら、取材に励みたい。

さぁ、いよいよ開幕だ! 実に楽しみだなぁ!


追伸
現在発売中の『週刊ベースボール』
今週号から新連載「女子野球ジャーナル」がスタート。
去年は不定期連載でしたが、今年からは毎週連載に。
ぜひ、ぜひ、ご覧ください!




PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場