2011年03月

2011年03月28日

『アイドル進化論』を読んで……

アイドル進化論 南沙織から初音ミク、AKB48まで(双書Zero)
アイドル進化論 南沙織から初音ミク、AKB48まで(双書Zero)
クチコミを見る

一昨年から、「元アイドル」へのインタビューを続けている。
先日、取材した方でちょうど20回目を数えることになった。

ほとんどの方が、30代、40代ということもあって、
それぞれ人生経験を積んだ人ばかりなので、
全盛時の話を、冷静に振り返ってもらっている。

ということもあって、「アイドル」関連の書籍を多く読んでいる。
昨日、読んだのがこの『アイドル進化論』

テレビ論を専攻している社会学者である著者。
本書は、社会学的アプローチで「アイドル」を論考。

・アイドル歌手による楽曲と身体のギャップ
(楽曲の比重が軽くなり、身体の比重が増す)

・ファンの中での愛着の視線と批評の視線
(相反する2つの視線でアイドルを見つめる)


上の2つを主な論拠として、70年代〜現在までの、
主にアイドル歌手についての事象を分析している。

00年代以降は、やや駆け足にすぎる感があるものの、
作者自身が学生時代に実体験したであろう、
70年代、80年代については多く紙数を費やしている。

1970年生まれの僕としては、
80年代の項は、懐かしさとととに興味深く読んだ。

やはり、異端児であり革命児は松田聖子と小泉今日子。
この2人なのだなと再確認する。


「バラドルとはアイドル歌手の自己パロディー」

というワンフレーズには、特に納得した。


以下の本も同時購入したので、明日にでも読んでみようと思う。

グループアイドル進化論 〜「アイドル戦国時代」がやってきた!〜 (マイコミ新書)
グループアイドル進化論 〜「アイドル戦国時代」がやってきた!〜 (マイコミ新書)
クチコミを見る






shozf5 at 12:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画、音楽、そして本 

2011年03月25日

19歳のアイドルと36歳の元アイドル。

清水寺 (2)

※先日訪れた、京都・清水寺!

昨日(24日)、久しぶりに一日3本というインタビューをした。
震災のために延期になっていた分と、もともと予定されていた分。

先週は、ヒマで仕方がなかったけれど、
おかげさまで今週は通常に戻りつつある。

今週は3日で、8人の女性にインタビューした。
ここ最近、女性にインタビューする機会が
めっきり減っていただけに、とても珍しい。

それぞれ別の企画なのだけれど、
重なるときには重なるものなのだろう。


で、昨日は午前中に、デビュー直後の売り出し中アイドル。
昼過ぎに、アラサー・売れっ子タレントさん。
で、夜は、いつもの「元アイドル連載」インタビュー。
慌ただしかったけれど、とても楽しい時間だった。


……それにしても。


僕は改めて「人生いろいろだなぁ」と痛感する。

午前中にインタビューしたアイドルは19歳。
夜にインタビューした元アイドルは36歳。


19歳のアイドルは、「明るい未来」を無邪気に信じていた。
そこで語られる言葉は、すべてが明るくみずみずしかった。

一方、36歳の元アイドルは、結婚、引退、離婚、復帰を経て、
「厳しい現実」を踏まえた上での現実的な発言が多かった。

とは言え、決して暗く、辛気臭い話ばかりではなかった。
さまざまな経験を経た上での言葉は重く、確かに胸に響いた。

そして、そこには今も失われていない往時の美しさと、
年齢を重ねたことで得た大人のおだやかさがあった。


19歳のアイドルと36歳の元アイドル。


現役アイドルには、その無邪気さが損なわれることのないように、
元アイドルには、自ら「第二の人生」と語る、
タレント人生第二章が、思い描いた理想のものとなるように。

漠然とそんなことを考えながら、帰路についた。
頭は疲れていたけれど、心地よい疲労感があった。


※追記・12.08.24
上に書いたものをまとめた新刊
『私がアイドルだった頃』が発売されました!
私がアイドルだった頃
私がアイドルだった頃
クチコミを見る


shozf5 at 09:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 取材・インタビュー…… 

2011年03月23日

1983年の日記が出てきた!

P2011_0323_014109

地震以来、ほとんど呑んでいなかった。
先週の京都で久しぶりに呑み、今日、地元で呑んだ。

これまで、あんまり呑みたい気持ちになれなかったし、
呑み代を寄付しようと思っていたので、
僕にとっては初となる1週間以上の禁酒生活。

僕は、確かに酒好きだけれど、
酒がなくても全然平気なのだ。
そこのところ、誤解の内容に。
でも、久しぶりのお酒は、やっぱり美味しかった(笑)。


さて、先週一週間、まったく仕事がなかった。
予定されていた取材が全部流れてしまい、
書かなきゃいけない原稿も終わらせていたので、
本当に、まったく何も仕事がなかった。

フリーランスになって初めての経験だったので、
かなり焦ってしまったけれど、
焦っても仕方がないと思っていたので、
自宅で、『男はつらいよ』のDVDばかり見ていた。


で、本日、地元で軽く呑んで帰宅した後、
『男はつらいよ』関連の本を読みたくなって、
資料部屋に入って、ある本を探していた。

結局、読みたかった本は見つからなかったのだけど、
その際に、懐かしいものが見つかった。


それが1983年の手帳だった。
1983年と言えば、僕は12歳から13歳のこと。

小学生から中学生になる小僧に、
手帳なんかまったく必要のないものなのに、
当時愛読していた『アニメージュ』の手帳に、
僕は、実にさまざまなことをメモしていた。

そこには、ヤクルトの試合結果、猪木のタイトルマッチ、
その日放送されたアニメの感想、
仲の良かった友達の誕生日、
弟が交通事故に遭ったときのこと、
野球部で先輩たちに理不尽なしごきを受けたこと……、
そんなことがいろいろと書かれてあった。

今となってはすっかり忘れていたことも多かった。
改めて「記録すること」というのは、意味のあることなのだと痛感。

高校時代の日記も、探せばあるはずなので、
ぜひ探して読んでみたいと思う。

生意気なことばかり書いてあると思うけど、
20数年前の自分の文章を読んでみたい。



shozf5 at 01:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひたすらの、呑み…… 

2011年03月21日

女子プロ野球オープン戦、雑感!

新原選手

(※写真は打撃フォーム改造に取り組む、兵庫・新原選手)

19日に見た、今季初の女子プロ野球は本当に楽しかった。

昨年と比べても、個々の選手たちが格段にレベルアップしていて、
それぞれが課題を持って取り組んでいるのがよくわかった。

兵庫のスター・厚ケ瀬選手は、「両目でボールを見たい」と、
昨年よりも少しだけ、オープンスタンスで構えていた。

また、渋いつなぎ役でチームに貢献した兵庫・新原選手は、
スタンスを大きくとって、ノーステップで打っていた。
まだ、若干、差し込まれる打球が目立ったものの、
これが奏功し、ショートの頭上に強い打球が打てるようになると、
ますます嫌らしいバッターとなることだろう。

同じく兵庫・益田選手は、若干ヒッチする点が気にかかるけれど、
昨年とはフォームの印象が大きく変わっていた。
「今年はぜひホームランを打ちたい」と抱負を語る
彼女のパンチ力にも、ぜひ期待したい!

京都の新人・細田選手と試合後、少しだけ話した。
トライアウト合格後と比べて、受け答えも堂々としていたし、
すごく明るい表情だったのが印象的だった。
最終回の守備でも堅実なプレーを見せてくれたので、
少しずつ、プロの水に慣れてくれば、ますます楽しみだ。

他にも、書きたいことはいろいろあるけれど、
それはまた別の機会に書くことにしたい。

4月2日の開幕戦。
本当に、楽しみになってきたなぁ(笑)。

女子プロ野球関連の原稿依頼が何本かあるので、
発表の詳細が決まったら、改めて当プログでご報告します!








shozf5 at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

2011年03月20日

女子プロ野球オープン戦観戦!

河本悠投手


昨日(19日)は、京都・わかさスタジアムに行き、
オリックス・バファローズ対広島東洋カープと、
京都アストドリームス対兵庫スイングスマイリーズを観戦。

天気も良く、昼から二試合、野球漬けということで、
軽く日焼けし、顔が赤くなってしまった。

さて、僕にとって、今年最初の女子プロ野球は、
京都が14対1で完勝した。

佐々木新監督の指導の成果のたまものなのか、
各選手、実によくバットが振れている印象だった。

トレードで新加入した松本育代、小久保志乃、
両選手が活躍し、シンデレラインタビューを受けた。

松本選手は、昨年は出番に恵まれなかったものの、
アマチュアのBLESS時代から、
元気でキビキビしていていい選手だと思っていたので、
ぜひ、今年は新天地での大暴れを期待したい!

京都の先発は、新キャプテンの河本悠投手。
昨年同様、テンポのいい小気味いい投球を披露した。

試合開始直前の投球練習を見ていて、
彼女が手にしていたピンクのグラブが気になった。

遠目に見ても実に鮮やかで、女子選手らしく、
「とってもかわいいな」と思った。


一方の兵庫は完敗を喫したとはいえ、
中村茜選手が、外野、内野、捕手を、
田中碧選手が、投手、外野、内野を、
奥田実里選手が、内野と捕手を、
などなど、各選手がマルチポジションを守れ、
さまざまなオプション展開が可能の嫌らしい布陣が印象的。

大敗を喫したものの、それでも昨年優勝した兵庫は、
今年も、ますます実力アップしたように思う。

河本投手新グラブ


試合終了後、殊勲の河本投手に話を聞いた。
その際に、ピンクのグラブを見せてもらった。

「私、ピンクが好きなんです!」という河本さん。
間近で見ると、そのピンクは実に鮮やかで、
もちろんルールにも抵触しないので、
今後は「ピンク=河本」のようなイメージが定着するだろう。


ここ最近、気が滅入ることばかりだったけれど、
やっぱり、野球は面白いと痛感。

そして、女子プロ野球の2年目は、更なる進化が期待できて、
今年も、ぜひグラウンドで彼女たちの躍動する姿を見たいと思った。


shozf5 at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

2011年03月19日

京都に女子プロ野球観戦に!

最近、気が滅入ることばかりだし、今日は予定もないので、
女子プロ野球を見ようということで、
ただ今、京都に向かう新幹線の車中。

キャンプを終えたばかりの選手たちが、
どんなプレーを見せてくれるのか、
その溌剌とした姿に期待したい!

shozf5 at 09:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

2011年03月15日

被災中の女子球児からのメール……

DSCN9888

以前、取材をした女子球児が仙台で被災したという。

金曜日の地震後、彼女に連絡が取れたのが日曜日。
現在は、家族とともに避難所で生活しているという。

この春高校を卒業したばかりの彼女は、
仙台の実家に帰省していたところ地震に遭った。

高校時代の彼女のプレーはとてもよく覚えている。
また、試合前後の彼女のハキハキとした受け答えも、
とても強く印象に残っている。

大学進学後も野球を続ける彼女の姿を僕は楽しみにしている。

そんな彼女から、14日の夕方、メールが届いた。
彼女らしい、元気な文面だったのがせめてもの救いだった。

しかし、彼女は、

「元気でやっているので安心してくださいっ!!」

と綴った後に、最後にこう書いていた。

「野球のことはまだ考えられないけど、
みんな応援してくれるし、全然平気です!!」



「電源がもったいないので、レスしなくていいよ」と書いたのに、
わざわざレスしてくれたのは嬉しかったけど、ちょっと切なかった。

早く彼女が、大好きな野球のことを考えられるようになり、
以前のような溌剌としたプレーを披露できる日が来るように。

彼女のメールを見ていて、強くそう思った。





shozf5 at 01:41|PermalinkComments(10)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

2011年03月14日

思いのほか長くなってしまった、ここ数日、考えていたこと。

……ここ数日、心身ともに不調状態にある。

はじめに触れておきたいのだけれど、
僕はこれまで、躁鬱に苦しんだことはないし、
カウンセリング、睡眠薬などを利用したこともない。

人には「神経質そうだ」と思われているようだけど(笑)、
本人としてはまったくそんな自覚はなく、
ときには細かいことにクヨクヨすることはあっても、
大抵、酒を呑み、ぐっすり眠れば、
「よし、頑張ろうじゃないか!」という気持ちになれる。

クレイジーキャッツの「そのうち何とかなるだろう」とか、
「焦るな、怒るな、慌てるな」とか、
青島幸男の手になる珠玉のフレーズを口にすれば元気になれた。

わかりづらいので、もうひとつ、別の例を。

心配そうにジョーを見つめる丹下段平を前にした矢吹丈のように、
「ヘへヘ、おっっあん、そんな顔すんなよ」
似てないモノマネでジョーになりきれば、
何とか、「明日へ、前へ」、という気持ちになってきた。
……余計に、わかりづらくなってしまった。

……けれども。

ここ数日、そんな元気も出なかった。
「こんなときこそ」と踏ん張ろうとするのだけれど、
どうも空回りを続けているようだった。

それでも、何とか気張って書かねばならない原稿を書き終えた。
プロとしての最低レベルに達しているとは思うけれど、
それでも、心身万全状態の原稿と比べると、
「うーん、どうだかなぁ……」という気もする。

これまで、「仕事人として」、「家庭人として」、
自分のできることを懸命にやってきたという自負はある。

けれども、この地震を機に、さらに「日本人として」、
そして、「人間として」の側面も持っていたことに気がついた。

初めて実感する「日本人として」「人間として」という、
責任の重さに対して、ぼくはまだ、
きちんと対処できていないのだろう。


テレビ、ラジオ、新聞、そして各ブログ上に、
「私たちにできることは?」というテーマの言説が目立つ。

個人ブログでよくみられるフレーズ、

「私たちにできることはただ祈ることだけ」には、

言いようのない違和感を覚えていた。

(ホントに、それだけなのかな?)


また、クリエイターたちの発するフレーズ、

「オレたちにできることは勇気を与える作品を発表すること」にも、

ライフラインを失い困惑している人を前に、
何の説得力もないフレーズに僕には聞こえていた。


以前お世話になった編集者で、現在は出版社を経営している人が、
自身のブログの中で、

「まずは早めに行動すること」と書いていた。

続けて、
「マスコミも一般の方のブログでも、政府や自治体の対応の悪さに文句をいう時間があるのなら、自ら行動すべきだと思います」
と書いているのを今朝方読んだ。

その人は家族で人数分×1万円、全社員人数×10万円を、
すでに寄付したのだという。


これを読んで、少し元気が出た。


僕は僕なりに「自分のできること」を考えて、
取材に行こうと思ったけれど、諸事情で行くのをやめた
女子プロ野球・和歌山キャンプ取材のための旅費、宿泊費。

さらに、ここ数日、吞み屋に行っていないので、その呑み代、
そんなものをまとめて寄付させていただいたのだけれど、
「まずは早めに行動すること」は最低限できたのかなと思えた。


先ほど、テレビ朝日では、作詞家のなかにし礼が、
実にトンチンカンな奇麗事、批判のための批判を繰り返していた。
はたして、なかにし礼は、何か行動はしたのだろうか?


そんなことを考えながら、割れた窓の補修をし、
実家の母のケアをし、今後の余震の対策をし、
そして、今取り組んでいるもろもろのテーマに思いをはせている。

今は、寄付しかできていない。
これから、何ができるのかを考える。
そして、ゆくゆくはみんなが元気になれる作品を発表する。
そんなことを考える。


いずれにしても、すべての人に少しでも早く、
平穏な日々が訪れますように。

……近況報告を簡単に書こうと思っていたのに、
こんなに長く、しかも、内省的になってしまった(笑)。

被災地の方を思えば、全然大したことないのに、
長々と弱音を吐いてしまいました。
長文、駄文、大変失礼いたしました……。







shozf5 at 17:08|PermalinkComments(4)TrackBack(0) ボーッとしながら考える 

2011年03月11日

千葉・船橋にいます、無事です!

用事があって、千葉にいたところ、
地震に遭遇。

いろいろと大変だったけれど、
今は、船橋の実家で母と一緒。

皆さんも、いろいろと大変でしょうが、
どうぞ、ご無事でありますように。



shozf5 at 22:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年03月08日

2011・僕はプロ野球12球団すべてのファンクラブに入る男

BlogPaint

知っている人はよくご存じだと思うけど、
僕は、

12球団、すべてのファンクラブに入る男だ!

2004年の球界再編騒動以来、

「ホントのファンサービスとは何か?」

を探るために、12球団すべてのファンクラブに入会。
以来、2005年から2011年まで、実に7年間。
すべてのファンクラブに入会し続けている。

……というのは、実はタテマエ。

ホントは、楽しいから入っているだけ(笑)。

で、本日、横浜と広島の会員グッズが到着し、
ようやく12球団すべてのグッズ類が届いた。

毎年、ファンクラブ比較についての原稿を
『野球小僧』誌で書かせてもらっているけれど、
毎年、毎年、トレンドのようなものがあって面白い。

今年もまた、「あるトレンド」があるのだけれど、
それは、ぜひ原稿で確認していただければ幸いです。

あと、ここ数年、漠然と考えていることだけれど、


「グッズ類の到着順とシーズン成績は意外と比例する」


ような気もしている。

ちなみに、今年のグッズ到着順は以下の通り。

【セ・リーグ】
1.阪神タイガース(10.12.04)
2.東京ヤクルトスワローズ(10.12.22)
3.中日ドラゴンズ(11.02.02)
4.読売ジャイアンツ(11.02.16)
5.横浜ベイスターズ(11.03.08・午前)
6.広島東洋カープ(11.03.08・午後)


【パ・リーグ】
1.北海道日本ハムファイターズ(10.12.22)
2.福岡ソフトバンクホークス(11.01.22)
3.東北楽天ゴールデンイーグルス(11.02.05)
4.埼玉西武ライオンズ(11.02.07)
5.千葉ロッテマリーンズ(11.02.15)
6.オリックス・バファローズ(11.03.04)

※カッコ内は、僕の家に到着した日



例年は遅めのヤクルトがセ・リーグ2番目に到着。
ヤクルトファンとしては、期待したい(笑)。


……以上、原稿書きからの現実逃避でした。


shozf5 at 16:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スタジアムでビール! 

2011年03月07日

確定申告、アレコレ……

3月7日、東京は、大雪

降りしきる雪の中、顧問税理士さんが来宅
渡していた2010年分の確定申告用書類を返却された。

もう何年も、この方に頼んでいるので、
改めて、確認するような事項はほとんどない。

また、僕の会計事情をすべて把握しているため、
何も包み隠さずに、いろいろ質問をし、
それに対する回答&アドバイスをいただく。

僕のような文筆業は、プロ野球選手などと同様に、
みなし税率が適用されるのだという。

みなし税率とは、収入の増減が大きい業種に適用されるもので、
当たりもデカいけど、外れもデカい人のためのもの。

残念ながら、ここ2年はみなし税率を適用する必要もなく、
通常の税率での深刻、もとい申告となった。
つまり、みなし税率を使うほど稼いでいないということ……。


「2009年は急激に落ち込んだので心配しましたが、
 2010年は、少し持ち直しましたね。
 で、今年はどうなりそうですか?」



僕の答えは、毎年同じ。


「本が売れれば、収入は大きく増えるし、
 売れなければ、微増か微減ですかね?」



ほんの数分、確認をしたら、あとは雑談。
過払い金騒動による弁護士バブルの終焉、
医学部歯学科の乱発による歯科余り現象について。
日頃、考えたこともない問題について話を聞いた。


全然稼ぎもないのに、消費税を払って、住民税を払って、
税理士さんの顧問料を払って、その他、何やらを払って。

支払いばかりの3月だけど、次年度も頑張りましょう!



shozf5 at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ボーッとしながら考える 

2011年03月04日

ここ数日の雑記

先週、今週と楽しい取材が続いている。
昨日は広島に行き、前田健太投手インタビュー

初スキャンダルの直後ではあったが、
前回同様、実に気持ちのいい受け答えで、
同席した編集者、カメラマン、ともに、
「一気にマエケンファンになった」と言っていた。

誰もいないグラウンドで、黙々と走り続ける
石井琢郎の姿が、印象に残った。
頑張れ40歳! 同い年としてぜひ応援したい。


また、秋に出す新刊の打ち合わせも順調で、
そのための準備を着々としているところ。


税理士さんから「確定申告が終わった」と連絡がある。
昨年は、2009年の超どん底から抜け出し、
ようやく「まぁ、いい一年だったな」という感じ。

収入はともかく、取材内容については、
ノーストレスの状態ができつつあるので、
今年も、後に「よく頑張ったな」と思える一年にしたい。


……さて。

どうもFacebookとブログとの棲み分けがうまくなく、
向こうに書くと、こっちに書く気が急速に萎えてしまう。

ということで、こちらの更新の頻度が極端に減ってしまった。
……うーん、どうしたものか?





shozf5 at 09:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ボーッとしながら考える 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場