2011年02月

2011年02月28日

『ホノカアボーイ』◎で、『ハルフウェイ』●で1勝1敗。そして……。

昨晩、ある原稿を書いていて、テンションが高くなり、
アドレナリンが出まくったせいなのか、
酒を呑んでもいないのに、興奮して寝られず、
仕方がないので、撮り溜めていた映画を見ることに。

少し、ほのぼのした気分になりたかったので、
ずっと見たかった『ホノカアボーイ』を見た。



期待に違わぬいい映画で、すごくいい気分になった。
あの、倍賞「さくら」千恵子が、すごくいい感じで、
かわいらしくて、愛おしくて、切なくて……。

さらに、松坂慶子に蒼井優まで出ていれば、
僕にとっては、もうそれだけで「いい映画」。

現在の、太った松坂慶子の存在感は、
かつての美人女優時代のそれとはまた違った、
何とも言えない魅力に満ち溢れていると個人的に思う。
岡田将生も優しい好青年で、見ていて気持ちよかった。

ということで、気分がよくなったので、
そのまま岡田将生つながりで、
彼が出演している『ハルフウェイ』を見ることにした。



……こちらは、見ていて辛かった。
ただ「卒業後、東京に行くかどうか」、
「早稲田に進学するかどうか」だけで、
90分近く引っ張られてしまい疲れた。

こういうのは「みずみずしい恋愛」ではなく、
単なる「未熟な恋愛」に過ぎない。

北乃きいはただただうるさいだけだったし、
岡田将生は女に振り回される優柔不断なだけで、
せっかくのいい役者の魅力を大きく損ねていた。

蛇足ながら、早稲田OBとしてひと言。
早稲田には「どうしても行きたい!」という人にこそ、
ぜひ入ってほしいと痛切に思う。

「女か早稲田か」と悩む受験生は、
どうぞ、心おきなく女をとってください!



(こんなことなら、『ホノカアボーイ』で寝ればよかった)


と思いつつ、『愛を読むひと』を続けて見た。


……いい映画だった。胸にズシンとくる映画だった。
でも、朝方、シラフで見る映画じゃなかった(笑)。

どんよりとした思いのまま、床につくことになってしまった(笑)。



shozf5 at 14:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画、音楽、そして本 

2011年02月23日

続々と、資料が集まってきた!

続々、集まってきた!

現在、次の企画に向けて、手当たりしだい資料を集めているところ。
今回は、90年代、00年代のジャイアンツ関連をやろうかな、と。

55年以上前の「高橋ユニオンズ」関連と違って、
たかだか十数年前のできごとなので、
資料を集めるのが、とても簡単、簡単!

今は、いろいろな伝手を頼って、当時の新聞、雑誌、
さらにはDVDやビデオなどを入手しまくっている。

先日、長嶋監督の6時間近いドキュメンタリーDVDを見た。
現役時代の長嶋氏の動きに、一気に魅了されてしまった。


僕が物心ついたときには、ミスターは「長嶋監督」だった。
王さんの現役時代はよく覚えているけれど、
長嶋「選手」については、映像でしか見たことがない。

あんなに華麗で、ダイナミックで、ハラハラさせて、
そこにいるだけでカッコいいプレイヤーが増えれば、
「野球人気低迷」なんて、戯言は吹き飛んでしまうことだろう。

でも、僕は全然悲観していない。
有力選手がメジャーに行こうとも、
日本のプロ野球界は、まだまだ芳醇だ。

ダルビッシュもいれば、マエケンもいるし、
田中将大、斎藤佑樹、大田泰示、筒香嘉智、
T−岡田や岩本貴裕、由規などなど、
楽しみな逸材なら、いくらでも浮かんでくる。

……ちょっと話がそれてしまったけれど(笑)、
本格的な球春到来を前に、次なる企画に向けて、
新たなスタートを切ったという、ご報告でした!








shozf5 at 16:37|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 取材・インタビュー…… 

2011年02月21日

『若林忠志が見た夢』を読んで

若林忠志が見た夢―プロフェッショナルという思想
若林忠志が見た夢―プロフェッショナルという思想
クチコミを見る

昨日入手して、一気に読んだのがこの本。
スポニチ大阪版に連載されていたものをまとめたのだという。

1950年、セ・パ2リーグ分立(分裂)の立役者でもある若林忠志
彼の半生を遺族の資料と関係者の証言で丁寧に振り返っている。

この若林、54年の高橋ユニオンズ結成時においても、
キーパーソンであり、55〜56年には、投手コーチも務めている。

残念ながら本書では、ユニオンズ時代については、
ほとんど言及されていないけれど、
巻末の参考文献一覧は、今後の資料集めに大いに役立つし、
何よりも、あの昭和20年代後半の息遣いを感じられただけでも、
現在の僕にとっては、とても役に立った次第。

ユニオンズ選手たちから、若林氏について聞いていたけれど、
本書で描かれる氏の人格者ぶりは、また新しい姿だった。




shozf5 at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画、音楽、そして本 

2011年02月19日

野村克也氏インタビューに向けて!

野村ボヤキ語録  人を変える言葉、人を動かす言葉 (角川oneテーマ21)
野村ボヤキ語録 人を変える言葉、人を動かす言葉 (角川oneテーマ21)
クチコミを見る


宮崎から帰ってきて、慌ただしい日々を過ごしている。
来週からは、沖縄に取材に行くので、
東京でやるべきことを集中的に取り組んでいる。

いつもの「元アイドル」連載は、19回目にして、
もっとも、波乱万丈の人生を歩む方が登場。
この連載は、絶対に一冊にまとめたい!

また、高橋ユニオンズ連載も、ついに次回で最終回。
ということで、ゆっくりゆっくり書き進めている。
でも、書きたいことが多すぎて、省略の連続ばかり。
この連載も、絶対に一冊にまとめます!
これは、今の僕にとっての使命なのです!

で、来週、別件で再び野村克也氏にインタビューすることになった。
ということで、移動時間などに野村氏の新刊群ばかりを、
集中的に読み進めているところ。

さすがに、最近の出版ラッシュの中では、
『野村ノート』のような、衝撃作は少ないけど、
それでも、ひとつひとつの言葉は、やっぱり身に沁みる。

野村の実践「論語」
野村の実践「論語」
クチコミを見る


ちなみに、ノムさんがプロ野球界に身を投じたのが、
何と、1954(昭和29)年、高橋ユニオンズ設立年!


もちろん、ノムさんにもユニオンズのことを聞くつもりです。



shozf5 at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ボーッとしながら考える 

2011年02月16日

宮崎滞在中、3回!

a75d9b35.jpg
ホテル、すぐ近くのバー。
前回、今回、宮崎滞在中に3回、
お邪魔したバー。
次回、宮崎に来たときにも、
ぜひお邪魔します!
マスター、色々どうもありがとうございました!




shozf5 at 00:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 私は今、旅の途上です 

2011年02月14日

いつものように……

e2913a66.jpg
お隣のお客さんと楽しく呑んでます。
黒、白、赤、金……、霧島には色んな種類があるんですね!
そうそう、和風樽出しというのもありました。
杉の香りが印象的でした。


shozf5 at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 私は今、旅の途上です 

スナック「ブス」に入ってみた!

2fd67e42.jpg
軽く酔ったので勇気が出てきた。
で、「ブス」に入った。
焼酎霧島の原酒があるというので、遠慮なくいただく。
スナック「ブス」のママは、全然ブスでなく、可愛い方です!


shozf5 at 20:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 私は今、旅の途上です 

宮崎の繁華街を歩いていて……

fb440959.jpg
ふと、目についたのが、このお店。
中央部分に書かれているのが「ブス」。
すごい店名です。
行ってみようか、でも素面だと入る勇気はないなぁ〜。


shozf5 at 18:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 私は今、旅の途上です 

本日発売の『エコノミスト』誌に、掲載されます!

先日、「著者インタビュー」という形で、
『エコノミスト』誌の取材を受けた。


ということで、本日発売の『エコノミスト』に、
拙著『イチローのバットがなくなる日』が、
(たぶん)掲載されています。

こんな固い雑誌に登場してもいいのかな、
と思いつつ、よかったらご覧ください!

……そうそう、先日の読売新聞の書評欄でも紹介されました。
本当に、本当にありがたいことです。
詳細については、上のリンク先をどうぞ!

あと、週刊ポストの書評欄にも掲載されました。
こちらも、上のリンク先をどうぞ!


……本日、これから今月2度目の宮崎行き。
再び、ジャイアンツキャンプの取材です。
元気に頑張ってきます!




shozf5 at 07:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ボーッとしながら考える 

2011年02月12日

女子プロ野球も、もうすぐ開幕!

先日、女子プロ野球選手たちに配布していた
アンケートがまとめて届いた。

各選手たちが記入してくれた去年の感想&反省、
そして、今年にかける意気込みを読んでいると、

「いよいよ、今年も始まるなぁ」

という気になってくる。

現在、男子プロ野球キャンプのニュースが、
連日、テレビや新聞でなされているけれど、
女子プロ野球選手たちもまた、
来るべきシーズンに向けて頑張っている。

今年は、どんな戦いを見せてくれるのか?
今から、開幕が待ち遠しい!

shozf5 at 22:10|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

2011年02月09日

日本映画ばかり、観続けながら……

昨年秋から取り組んでいた書籍が本日、校了。
無事に手を離れたので、ひと安心。

ということで、録り溜めていた映画を、
昨晩から、狂ったように見続けている。
しかも、日本映画ばかり(笑)。



あまり前知識もなく見たけど、『クヒオ大佐』面白かったなぁ。

堺雅人って、同じ時期に早稲田にいたんだよな。
芝居好きのヤツから、「いい俳優がいる」と聞いたことがある。
「早稲田のプリンス」って呼ばれていたんだよ、確か(笑)。

今作の、ニセ外人演技も、よかったなぁ。
芝居も口調も、まるでウッチャンのコントのようだった。

登場する女性たちがただ被害者として描かれるのではなく、
結婚詐欺師すら、カモにしようという、
銀座のママのようなしたたかさが、
随所に見られたところが、小気味良かった。



荻上直子監督作ということで、期待して見た『めがね』
けど、『かもめ食堂』のような心地よさは感じなかった。

「何もないけど、芳醇」

というような、前回と同様のテーマだったけど、
二度目となると、インパクトは薄い。
というか、オシャレオシャレし過ぎで鼻についた。

でも、小林聡美が持っていたリモアの旅行カバン。
頑丈そうで、しかもスタイリッシュでよかった(笑)。
リモア好きの僕としては、次に狙っているのがあのタイプ。

荻上監督は『バーバー吉野』とか『恋は五・七・五』のような、
あの路線には、もう戻らないのだろうか?

ちなみに、以前、春風亭昇太師に話を聞いたとき、

「『バーバー吉野』は、よくできた創作落語ですよ。
 ああいうことをやられると、悔しいなぁ(笑)」


と大絶賛していた映画。ホントに面白かった。




続いて、『フライング☆ラビッツ』を見た。
新人CAが、ふとしたきっかけでバスケの世界に身を投じる。
悪戦苦闘するものの、奮闘を続け、何かをつかむ……。

嫌いじゃない世界観なんだけれど、
それにしても、石原さとみのバスケシーンに、
あまりにも迫力がなさ過ぎて、残念。

実は、期待していただけに失望も大きかった。
この辺りから、缶ビールのピッチが進み始めた。




悪い意味で、伝説の映画『食堂かたつむり』
……で、評判通りの映画だった。

初めのミュージカル調の曲が流れてきた段階で、
イヤ〜な感じがしたんだけど、合間、合間のアニメシーンとか、
すべてがちょっと苦手でした……。

食堂のインテリア、レシピのイラスト、
凝りに凝った食べ物の数々……。

出てくるものみんな、オシャレだけれど、
ただそれだけ、という感じだった。

あの余貴美子を、あそこまで醜く撮るなんて……。
それだけでも、超マイナス。

けなげに演じる柴崎コウに同情してしまった。

ということで、缶ビールの在庫が尽きてしまった。
近場の吞み屋で、軽く呑み直しましょう……。


先週、ずっとキャンプ取材で、
来週からもキャンプ取材ということで、
今週は、都内での取材と執筆を、
徹底的に片づけつつ、映画三昧で過ごします。












shozf5 at 20:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画、音楽、そして本 

2011年02月08日

ブルース・リーに蹴られた男


※「彼」が登場するのは、7分半過ぎからです。

昨日、フェイスブックにはアップしたのだけれど、
改めて、このブログでももう一度。

本日、これから高橋ユニオンズ連載で、
元プロ野球選手の方のお話を聞きに行く。

その方は、元プロ野球選手でありながら、
後に、ブルース・リーの映画に出演し、
何と、ブルース・リーと闘った経験もあるのだ!


現在、77歳のその方は、かつて毎日オリオンズに在籍し、
高橋ユニオンズ最後の試合の、最後のバッターとなった。

4対3でユニオンズが1点リードの9回裏。
2死満塁、打席に立ったのはこの人だった。
彼が1本打てば、ユニオンズのサヨナラ負けとなる。

……そして、この場面。

彼は三振に倒れて、ユニオンズの勝利が決まった。

翌年の春に、ユニオンズの解散が決まり、
結果的に、この試合がユニオンズ最後の試合となった。


さて、この「三振」。


「実は、故意に三振したのでは?」という話がある。


この試合にユニオンズが負けると、年間勝率が.350を下回り、
当時の規定でチームは、パ・リーグに
500万円の罰金を支払わなければならなかった。

前年も500万円を支払った「貧乏球団」ユニオンズは、
相手チームに懇願し、オリオンズも同情し、
オリオンズはこの試合の勝ちを譲った……。


……はたして、その真相は?


というのが、今回の取材の概要なのだが、
今日、お話を伺う方はまさにキーパーソンなのだ。



さてさて、前置きが長くなってしまったけれど、
彼は、数年後に現役を引退すると、
その後、映画会社・大映専属の役者となった。

で、『大魔神』の中身を演じることになった。
その後、勝新太郎に誘われ、勝プロに入り、
その縁で、香港に行き、ブルース・リーの映画に出演する。


・元プロ野球選手
・大魔神のスーツアクター
・勝新太郎に寵愛された男
・ブルース・リーに蹴られた男



……何て、壮絶な人生なのだろう(笑)。
お話を伺うのが楽しみ、楽しみ。












shozf5 at 09:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 取材・インタビュー…… 

2011年02月06日

映画『20世紀少年』、一気に全3本見た!



年末に録画しておいた映画『20世紀少年』全3作。

土曜の昼下がり、何の気なしに見始めたら、
結局、全3本、ノンストップで見続けてしまった。
13時ごろから見て、気づいたら21時だった。
8時間もぶっ通しで映画を見たのは久しぶり。

「超、面白い!」という感じでもなかったけど(笑)、
それでも、豪華キャストも相まって、
休日の半日を楽しむには十分だった。

途中で、

(いろいろ伏線を張っているけど、大丈夫なのかな?)

と余計な心配をしながら見てしまった。

いろいろな謎があちらこちらに散逸していて、
腑に落ちたり、落ちなかったり、だったけど、
それでも、「見て損した」という思いはなかった。

「13」が、一体、何者だったのか?
いまだによくわからないけど、まぁいいか?


さて、最初に出てくる、石塚英彦が経営するファンシーショップ。
これは、僕の家のすぐ近所。

以前、仕事の途中でなじみのマッサージ店に行こうと思ったら、


「スミマセン、映画の撮影が始まるので、
こちらは、通行止めなんです」


とAD風の人に言われて、眺めてみたら、
石ちゃんだけでなく、唐沢寿明の姿も見えて、

(あぁ、『20世紀少年』か……)

と思ったのが3年ぐらい前のことだったかな?

たぶん、もう一度通して見ることはないけど、
一応、HDDから消さないで残しておこうかな?





shozf5 at 10:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画、音楽、そして本 

2011年02月04日

Evernote×GoodReader×Dropbox……凄すぎ!

宮崎神宮境内 (2)

昨日(3日)、ひとまず東京に戻ってきた。

今週末にひたすら原稿を進めて、
来週中は都内での取材をして、
改めて、宮崎、沖縄に行くつもりだけれど、
はたして、そんなにうまくいくものかしらん?

今回の一週間ほどの取材旅行には、
ミニパソコンとiPadを持参したのたが、
「文明の利器」ということを、痛感する旅となった。

ミニパソコンは、現地で原稿を書くためのもの。
iPadは、インタビュー時の資料検索用として。

実際、初めてインタビュー現場にiPadを手元に置き、
選手の昨年の成績などを画面に表示して現場に臨んだ。

そちらは、特別「役に立ったな」と思わなかったけれど、
それ以上に、EvernoteGoodreaderが、
実に役に立ったの、立たないの(笑)。

これにDropboxを連携させれば、
「原稿を書く」ということ以外なら、
ホントにどこででも、身軽に仕事ができる。

雑誌のゲラ戻しは、完全にペーパーレスで、
ファックスも使用することなく行えた。

書籍の追加原稿執筆作業では、
過去の資料類を旅先に持ってくることなく、
ノーストレスで参照することができた。


僕は、いわゆる「クラウド」というものを、
きちんと説明することはできないけれど、
おそらく僕が今やっていることは、
まさに「クラウド」、そのものなのだろう。

……「何のことやらサッパリ」という方も多いと思います。
でも、これから台頭してくるであろう若い編集者たちは、
これらのデバイスを子どもの頃から使いこなす人たちばかり。

今後、彼ら、彼女らと仕事をしていくためには、
取材技術や文章力だけではダメなのです……。

ということで、オッサンライターは、ひとつひとつ、
手探り状態のまま、iPadをいじっているのです(笑)。


ひとまずは、帰京のお知らせでした。




shozf5 at 18:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 私は今、旅の途上です 

2011年02月02日

本日はソフトバンクキャンプへ

73635e71.jpg
入口では、お父さんのお出迎え(笑)。


shozf5 at 10:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場