2010年05月

2010年05月31日

女子プロ野球第7戦雑感

京都・碇 (2)

※写真は、京都アストドリームスの大熊監督と碇捕手。

昨日、女子プロ野球第7戦を見に行った。
開幕してから1カ月が経過し、順調にきていると思う。

わずか2チームでのリーグ運営ということで、
当初、カードのマンネリ化を懸念していたが、
それでも、2チームだからこそ可能となる、
お互いの手の内を知り尽くした上で、
裏をかいたり逆を突いたりする戦いを期待したい。


昨日はテレビ中継があったおかげで、
太田幸司さんと一緒に試合を観戦した。

技術面、作戦面などについての太田さんの
厳しい視点は僕にとって、大いに参考になった。
今後の取材、執筆活動において役立てたい。

昨日の試合は両チームともにエラー0。
京都は、高卒ルーキー・荒井蛍投手の待望の初勝利。
兵庫は、技巧派の田中碧投手が故障から復活。
今後のリーグ展開に新しい希望が見えた。


さて、失礼な書き方となってしまうけれども、
それにしても、みんな初めより上手になっている。

そして、試合終了後のファンサービスも、
かなり板についてきているように思う。

固定ファンもできつつあるし、
この流れがさらに加速してほしいと思う。

ぜひ、この調子で、ケガにだけは気をつけて、
全30名の選手たちのさらなる活躍を期待したい。

来週も見に行くつもり。
来週は、「取材」じゃなくて、選手の保護者の方と一緒に、
ビール片手に声援しながら、「観戦」したいな(笑)。

……無理だな、選手に失礼ですね。
ビールは試合後にとっておいて、真面目に取材します(笑)。




shozf5 at 22:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

2010年05月30日

5対3で京都の勝利!

8b6280b6.JPG
試合勝利後、選手たちに話を聞いていたらこんな時間に。
個人的には、兵庫の田中碧投手の初登板が見られてよかった!これから、本領を発揮してくれるだろう。
明日、締め切りの原稿があるので、急いで新幹線に飛び乗り、やっとひといき。ビールのロング缶を2本買うのが長谷川流。


shozf5 at 18:33|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

京都は快晴!

a02fdfd9.JPG
女子プロ野球・京都対兵庫戦は13時試合開始。
先発は京都・荒井蛍、兵庫・坪内瞳、両投手。
対戦成績は京都の1勝5敗。一昨日、待望の初勝利を挙げた京都の連勝なるか?


shozf5 at 12:37|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

今日は晴れ

2e6f1753.JPG
朝の東京は薄曇りだったけど、小田原を過ぎたあたりからいい天気になってきた。5月の空は気持ちいい。


shozf5 at 08:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月29日

堕ちりゃ、地獄の底もある……

何か壁にぶち当たったり、辛いときに口ずさむ言葉がある。


「堕ちりゃ、地獄の底もある……」


昔、何かの映画で観たセリフだ。
確か東映のヤクザ映画だったような気がするけど、
今となってはよく覚えてない。

でも、不思議なことにこの言葉だけはよく覚えている。
で、いつ頃からだったか、浪人時代だったかな、
とにかく辛いときに、この言葉が頭をよぎるようになった。



……さて、一体、何を言いたいのか?


そうです、東京ヤクルトスワローズがやっと勝ちました!


ここまで交流戦で1勝もできず、高田監督も辞任し、
ヤクルトファンとしては、実に苦しい日々が続いていた。

ずっとヤキモキしていたし、神宮にも通っていたけど、
「堕ちりゃ地獄の……」の言葉を胸に、
このブログでは、まったく触れないようにしてきた。

この間、友人、知人、呑み仲間の誰一人、
僕にヤクルトの話題を振る人はいなかった。
シャレにならない弱体ぶりで気を使ってくれたのかな。

ここでも何度か書いたように、先々週、僕は40代になった。
で、今日の勝利は、小川監督代行の、今季の石川投手の、
そして、僕の40代にとっての、初勝利となった!


「堕ちりゃ、地獄の底もある!」


とにかく、今日は快勝した。
何はともあれよかった、よかった。

さて、明日は京都アストドリームス対兵庫スイングスマイリーズ。
一体、どんな好勝負が繰り広げられるのか?
楽しみに眠りに就こうと思う。







shozf5 at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ボーッとしながら考える 

2010年05月28日

それは本当に「音楽性の違い」だったのか?(帯コピーより)

バンド臨終図巻バンド臨終図巻
著者:速水健朗
販売元:河出書房新社
発売日:2010-04-22
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


さてさて、先ほどの衝撃も落ち着いてきたので、改めて(笑)。
ここ数日、ゆっくりと読み進めていたのがこの本。

古今東西、約200のバンドの「最期」をまとめたもの。
当事者や関係者への取材によるものではなく、
後に報じられた文献を検証していく形式でまとめられている。

バンド解散の理由は、決して「音楽性の違い」ではなく、
金や女(男)だったり、名誉欲や権力欲だったり、
それぞれのバンドで千差万別なのだということがよくわかる。

書き手は5人いて、一定の形式で書かれているわけではなく、
それぞれのバンドの文字量もバラバラだけれど、
タイトル通り「図鑑」として読み応えがあった。

現在、ずっと「元アイドル」の取材を続けていて、


「どうして引退を宣言しても、復活するのか?」


という疑問が常にあったためその点を意識しながら
読んだのだけれど、それ以上に雑学的にも面白かった。


・オフコースの解散コンサートでは『さよなら』は歌われなかった
・チェッカーズでは高杢がフミヤに「タバコ買ってこい」と命じていた
・SPEEDは、島袋寛子の「男と暮らす」15歳の選択が理由



……などなど、知らないことばかり。
それにしても、安全地帯の解散&復活のスパイラルは、
ますます「なぜ引退を撤回するのか?」という、
僕が抱いている疑問を暗闇の奥底へと追いやってしまう。










shozf5 at 18:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画、音楽、そして本 

子どもは読んじゃダメよ 〜あるエロ本の衝撃〜


さっき、取材から戻ると雑誌が数冊届いていた。
で、その中の一冊に目がとまった。


(おっ、ついに届いたか!)


話は数日前にさかのぼる。
大学時代の友人で、今は編集者をしているヤツがいる。
エロ本編集者として頑張っているヤツだ。

その彼から、久しぶりにメールが届いた。

文面を見ると、次のように書いてある。


「今度、『ロシア制服OLヌード』というのを
作ったので、送ります……」



……正直、何のことだかよく意味がわからなかった。


・なぜ、ロシア制服OLなのか?
・「制服」ではなく「征服」の間違いではないのか?



金髪女性には特別な関心は持っていないけれど、
でも、何だか楽しみな気分で待つこと数日。

ようやく本日、彼が作ったという雑誌が届いた。


はやる気持ちを抑えて封を開ける。
おぉ、金髪美女がOLの制服姿で座っている!

コンビニなどで子どもが目にしないように、
「アダルト本」についている青いテープをはがす。


で、パラパラとめくろうと思ったら、
真ん中辺りに厚紙が入っていたために、
そのページで強制的に雑誌が開いた。


「おおっ! 何だこれは!」


普段、どんなに驚いても声を発することはないのに、
この本に限っては、つい、驚きの言葉が口に出た。


その厚紙に挟まれていたのは……、


続きを読む

shozf5 at 17:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画、音楽、そして本 

2010年05月27日

女子プロ野球連載&TV解説のお知らせ!

週刊ベースボール

『週刊ベースボール』で始まった不定期連載、
「女子プロ野球選手のシンデレラストーリー」、
第2回分が今週号に掲載されています。

今回は京都アストドリームスの駒谷麻妃投手です。
高校時代は故障に苦しんだ彼女の座右の銘である、
「鍛錬千日、勝負一瞬」についてのコラムです。
ぜひぜひ、ご覧いただければ幸いです。


で、もうひとつお知らせ。


5月30日に京都・わかさスタジアム京都で行われる

京都アストドリームス対兵庫スイングスマイリーズ

開幕戦に引き続き、この試合もTV解説を
させていただくことになりました。

今度は、太田幸司さんとご一緒させていただきます。
技術的、戦術的なことは太田さんにお任せして、
僕はこれまでに取材してきた選手の経歴や裏側、
女子野球ならではの魅力についてお話したいと思います。

相変わらず放送日はわかりません(笑)。
わかり次第、当プログでご報告します。

どうぞよろしくお願いいたします。








shozf5 at 01:05|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

2010年05月26日

静岡にて

f31ac622.JPG
先ほど、静岡での取材終了。これから帰京。新幹線の時間まで余裕があるので、軽く祝杯でもあげようかな。何の祝杯かは、また別の機会に(もったいぶってスミマセン・笑)


shozf5 at 18:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年05月24日

ある女性タレントとの妄想 〜今日の取材から〜


本日、某誌の取材で女性タレント2名の取材をする。
一人は20代後半、もう一人は30代後半。
撮影終了後、それぞれ1時間程度、話を聞いた。

で、30代の女性の取材のときのこと。


以下、個人的な妄想が多分に含まれるし、
「このオッサン、キモイ」と言われるし、
恥ずかしいから名前は明かさない。ゴメンナサイ。




さて、彼女に関するインタビュー記事を事前に準備し、
丹念に読んでいて、気になったことがあった。

高校時代に、映画に熱中したという彼女は、
学校をさぼって、都内の映画館に出没していたという。
その映画館というのが、いわゆる「名画座」が中心。

90年代には、都内にいくつかの名画座が存在していた。
当時は、レンタルビデオが出回っていたものの、
その作品数は少なかったし、現在のように、
オンデマンドで、自宅のパソコンで見られる時代ではなかった。

だから、ちょっと映画好きの少年少女たちは、
情報誌の『ぴあ』を片手に、映画館巡りをしていた。

当時、大学生だった僕も、ご多分にもれず、
映画館をハシゴし、オールナイトにもよく顔を出していた。


で、その女性タレントの話だが、
彼女の記事に出てくる映画館や上映映画は、
かなりの確率で僕も観たものばかりだった。


彼女のインタビュー記事で懐かしい名前を見つけた。

それは、現在はなくなってしまったけれど、
高田馬場から早稲田大学に向かう途中にあった
ある小さな映画館の名前だった。


「ACTミニシアター」


この映画館は40名程度のキャパシティーしかなく、
しかも、入口で靴を脱いで横になりながら鑑賞するという
何とも不思議な映画館だった。
彼女は、独りでここに立ち寄り何本も映画を見たという。


以下、個人的な思い出。


僕がこの映画館に行ったとき、何度か、
ものすごい美少女がいた記憶がある。


(こんなに可愛い子が、こんなマニアックな映画を見るのか)


あまりにもむさくるしい空間だったからこそ、
その美少女は、その存在が際立っていた。

昨晩、資料を整理しながら僕は夢想していた。


(ひょっとしたらあのときの美少女は、このタレントさんかな?)


ロックミュージシャン・大槻ケンヂの小説やエッセイには、
名画座で美少女と知り合う妄想を抱く、
冴えない男の子の話がよく出てくるが、
まさに、当時の僕もまた似たようなもんだった。

あのときのACTミニシアターで、
美少女に声をかける勇気など僕にはなかった。


けれど、あのとき、あの空間を共有した美少女が、
現在、売れっ子のタレントになっている!



そんな空想をしただけで何だか取材が楽しみになった。

ただ、本日の取材のメインテーマは、
映画とは関係なかったので、インタビューでは触れなかった。

けれども、すべての取材が終わり
帰り支度をしながらの雑談の中で、
僕は、思い切って、彼女に聞いてみた……。


「……あの、ACTミニシアターによく行っていたんですか?」



続きを読む

shozf5 at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 取材・インタビュー…… 

2010年05月21日

そして、愛知に

37a84e0b.JPG
昨晩遅く東京に戻り、今朝は新幹線で愛知県へ。さらに今晩は千葉マリンスタジアムへ。毎日、野球ばかり見ているな。


shozf5 at 12:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年05月20日

あぁ、飛龍革命発祥の地!

1db52eb1.JPG
昭和プロレスファンならお馴染み。藤波辰爾の飛龍革命はこの地で始まった!今から22年も前の出来事です。シミジミ……。


shozf5 at 14:07|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

適当バスの旅

c6aaff18.JPG
取材まで半日時間があるので、首里城に行き、そこから適当にバスに乗り、適当に降り、ブラブラ。
本日の気温29℃。暑すぎるんで山沿いの池のほとりでひと休み。でも、ハブがいそうで気が気じゃない。


shozf5 at 11:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ハードな1日だった……

11a19cbd.JPG
今日の取材を終え、別の取材で知り合って、今は沖縄在住の方とうまいお酒を呑み、今ホテルへ。
今日は長い1日だった。かなり眠いので風呂に入ってすぐに寝ます。


shozf5 at 00:22|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年05月19日

沖縄着!

6379ac0c.JPG
東京は薄曇りの小雨だったけど、那覇は28℃だって。一気に汗が吹き出してきた。


shozf5 at 14:20|PermalinkComments(1)TrackBack(0)
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場