2010年04月

2010年04月30日

夕暮れの神宮は

087b5bf2.JPG
いつ来ても、ビールがうまいものです。
抱えていた原稿もほぼ終わり。
心置きなく楽しませていただきます(笑)
続きを読む

shozf5 at 17:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月29日

夜はプロレス!

8d05a090.JPG
西武ドームから新宿へ!


shozf5 at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

快晴の西武ドーム!

4b60c9c0.JPG
女子プロ野球を見たかったけど、取材で西武ドームへ。快晴で風が気持ちいい。


shozf5 at 14:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月26日

日本女子プロ野球リーグ、開幕シリーズを終えて

開幕戦報道

昨日(25日)は、女子プロ野球リーグ第二戦を取材後、
大急ぎで新幹線に乗り、無事に帰京。

さて、23日の開幕戦を報じる24日のスポーツ紙を全紙購入。
関西版ということもあって、どれも大きく報じられていた。

「歴史的な日」というフレーズが目立つ紙面において、
まさに「歴史的な投球」を見せた小西投手の好投。
これまで小西さんのピッチングをいろいろと見てきたけれど、
今までで一番の投球だったように思う。

昨日、球場で話を聞くと、

「いくつか甘い球があったので、まだまだです」とのこと。

新リーグのエースとして、これからも頑張ってほしい。


今回、開幕戦はもちろんのこと、僕が見たかったのが、
実はこの日の第二戦だった。


開幕戦に多くのメディアが訪れるのは当然だし、
上に挙げたような報道も事前にイメージできた。

そして、選手たちのプレーは生き生きとしていたし、
みんな集中的なトレーニングを積んだせいか、
誰もが一段とレベルアップをしていて大いに期待を持った。


で、問題は第二戦。
観客、報道陣はどの程度、訪れるのか。
そんな思いで見つめたこの試合。

開幕戦の観衆は2295人で、第二戦は2098人。
若干、数字は落としたものの、
快晴の日曜日の昼下がり、熱心に声援を送る人が多く、
球場全体が熱気に包まれているいい環境だった。

報道陣は、予想以上に少なかった。
初戦は超満員で入りきれなかった記者席が、
この日は、数名の記者だけで寂しかった。

でも、試合は初戦にも増していい試合だった。

高校時代には故障のため思うように投げられなかった
京都の駒谷麻妃投手が実に粘り強い投球を続け、
兵庫の小久保志乃投手も快調に飛ばす投手戦となった。

結果は新原選手の決勝打で、兵庫の2連勝となった。
でも、京都の粘り強さは今後に生かされるはず。
2チームしかないのだから、両チームが拮抗しないと、
リーグ自体の盛り上がりにも影響するので、
ぜひ京都には、踏ん張ってほしい。


今朝の東京版日刊スポーツには、
わずか1行の結果しか掲載されていなかった。
ちょっと残念だけれど、だからこそ、
関西圏にお住まいの方には、ぜひ、生で見てほしい。
今朝の新聞を見ながら、つくづくそう思った次第。


追伸
今週水曜発売の『週刊ベースボール』に、
開幕戦の試合レポートを書きました。
よかったら、ぜひご覧ください。











shozf5 at 12:54|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

2010年04月25日

試合開始!

1f259d85.JPG
女子プロ野球第二戦。京都の先発は駒谷。兵庫は小久保。


shozf5 at 12:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

2010年04月24日

あの植草貞夫氏と! 〜まったくの勘違いでスミマセン〜


昨日、日本女子プロ野球が開幕した。
で、僕は自身初体験となる放送ブースで、
アナウンサーに聞かれるままに、
選手たちについてしゃべりながら試合を観戦した。

で、この放送がいつ放送されるのか、
まったく確認していないままだった。

以前のこのブログで「地上波に出ます」みたいに書いたけど、
全然違っていました、スミマセン。

正しくは、CS、及びケーブルテレビでした。
CSは「GAORA」で、ケーブルは「J:COM」でした。
だから、全国の方にこの開幕戦を見ていただけるようです。

正確な放送日時は決まっておらず、
詳細がわかったらご報告いたします。



……で、昨日のこと。
初体験で緊張する僕を巧みにリードしてくれたのが、
あの植草貞夫氏だった。
「植草?」という不届き者は以下の映像を見てほしい。




「甲子園は、清原のためにあるのか!」ですよ。


子どものころ熱中して見ていた甲子園中継と熱闘甲子園。
今でも耳に焼きついているあの植草さんとご一緒するなんて。

女子プロ野球リーグの開幕という歴史的な日に、
個人的にも一生忘れられない思い出となりました。

植草さんにとって、久々の実況中継だそうだ。
そんな機会にご一緒できたことをとても光栄に思う。


shozf5 at 22:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

久々の京セラドーム!

2bd1bce4.JPG
ここで野球を見るのも久しぶりだなぁ。ただ今、軽い二日酔い中(笑)


shozf5 at 14:06|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

小西さん完封!

86e3d3b1.JPG
バタバタしていて更新が遅れてスミマセン。
記念すべき開幕戦は8対0で兵庫スイングスマイリーズの勝利。兵庫の先発・小西さんは無四球完封勝利!まったく危なげのないピッチング。このリーグのエースは誰なのか。はっきりと知らしめた見事なピッチングだった!


shozf5 at 00:20|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

2010年04月23日

チケット売場は行列

21666409.JPG
選手たちがみんな元気で明るいのが印象的。チケットを求める人たちも続々来場中!


shozf5 at 15:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

京都は曇り

8dbf6947.JPG
厚い雲に覆われているものの雨は大丈夫そう。グラウンドも水溜まりもなく大丈夫!


shozf5 at 13:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

日本女子プロ野球リーグ開幕! 〜いざ、京都へ!〜

開幕ポスター

さぁ、本日いよいよ日本女子プロ野球リーグ開幕!

昨年8月の設立記者会見から、約8カ月。
選手、関係者たちの奮闘ぶりには頭が下がる思い。
心から敬意を表したいという思いでいっぱい。

しかし、お客さんにとってはこれまでの過程は関係ないし、
これまで女子野球界が困難な環境下におかれていようと、
お金を払って来場する以上は、男子プロ野球NPBと、
同じ土俵上にいることには変わりない。

ぜひ、雨など降らず、選手たちの全力プレーが、
「わかさスタジアム京都」で展開することを祈りたい。

昨日、何人かの選手に連絡を取った。
みな「緊張していません。むしろ楽しみです」と
元気に明るく語っていた。
ぜひ、グラウンドで元気に躍動してほしい。


さぁ、そろそろ新幹線に乗るとしよう!
はたして、どんな一日となるのだろうか?






shozf5 at 08:29|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

昭和プロレスの体現者と……

昨日(22日)は、翌日に控えた女子プロ野球リーグの
選手たちのデータ整理などに時間を費やした。


で、18時からは青山の料理屋で待望の「顔合わせ」の会。


詳細は、「発表OK」の時期が来たらご報告するけれど、
プロレス黄金期のレスラーの単行本を書くことになり、
本日は、出版社サイドや先方の担当者、
そして、ご本人を交えての酒の入った会食。


この日に備えて、プロレス本を読み込んでいたし、
元々、リアルタイムで彼の活躍を見てきていたので、
特別な気負いはなく、かと言って、
まったく緊張がないわけでもなく、
さらに、うまい料理と酒がある
という絶妙なシチュエーション。


ということで、ごあいさつの後に鍋をつきながら、
この本の方向性について、内容について、
ざっくばらんな意見交換をすることができた。


ある程度の打ち合わせが済めば、
あとは雑談&歓談の至福のひととき。

「あの試合」の心境や「団体崩壊の危機」の当時について、
さらにはアントニオ猪木という不世出の人物のエピソード……。

まさに「昭和プロレス」の最前線を体験してきた人の話だけに、
興味深く、かつ、興奮しながら3時間余りを過ごした。


GW明けからは、彼に話を聞き続ける日々が始まる。
さぁ、どんな話が飛び出すのか?
彼との信頼関係をどこまで築けるのか?


新しい、刺激的な日々が始まる。
そんな予感を覚えつつ、心地よい酔いのまま帰宅した。




……さぁ、いよいよ今日は女子プロ野球の開幕日。
こちらも、どんな戦いが繰り広げられるのか、
心から楽しみに、本番を待ちたいと思う!






shozf5 at 01:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 取材・インタビュー…… 

2010年04月22日

女子プロ野球開幕戦、地上波放送に出演します

開幕告知!

いよいよ、明日(23日)、女子プロ野球リーグが開幕する。
正直言って、関東ではまったく報道されず、
リーグ発足のことを知っている人はほとんどいない。

関西の知人に聞いてみると、「知ってるよ」という人が数名、
「長谷川さんのブログで読んだ」という人が数名、
「知らない」という人も何人かいた。


上に掲げた写真は、先日博多に行ったときに、
たまたま見つけたバス停での広告。
九州での認知度は高まっているのだろうか?

さて、明日の開幕戦、何と地上波で放送される。
関西ローカルのみで、時刻は3:40開始という、
かなり深い時間での録画中継だけれど、
それでも、地上波放送というのはすごいことだと思う。


……で、


この放送に、ゲストとして呼ばれた


「解説者」というほど偉そうなものではないけど、
これまで女子野球を取材してきて感じたこと、
今まで、女子野球にもらった多くのこと、
そんなものを、少しでも視聴者の方々に伝えられれば。
そんな思いと責任の重さを感じているところ。


これまでラジオに出たことはあったけれど、
テレビでちゃんとしゃべれるのだろうか?



幸いにして、抱えていた大きな仕事はひと通り終了した。
明日から、新たな仕事が始まるけれども、
本格的に忙しくなるのは、おそらくGW明けから。

ということで、明日の開幕戦と25日の第2戦は、
存分に新しいリーグの門出を満喫したいと思う。

関西にお住まいの方、拙いしゃべりとなりますが、
ぜひご覧いただき、少しでも興味を持っていただければ幸いです。







shozf5 at 03:10|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

2010年04月21日

『日本女子プロ野球リーグの挑戦』を読んで!

日本女子プロ野球リーグの挑戦 ~ガラスのスパイクを届けに~日本女子プロ野球リーグの挑戦 ~ガラスのスパイクを届けに~
著者:戸高真弓美
販売元:出版文化社
発売日:2010-04-23
クチコミを見る

今日は、昼からロケ取材の予定。
で、準備をして出かけようとしたところに宅急便。
ずっしりと重かったので、すぐに「書籍だな」とわかった。

中身は、上記の本。

この本を出版することは聞いていたし、
僕も少しだけ関わっていたのだけれど、
どのような本が完成したのかは知らなかった。

出かけるまでには時間があったけれど、
早めに外出し、目的地に着いた後に、
さっそく、近くのカフェで熟読。

今日は、タレントさんの取材だったけれど、
撮影も取材も無事に終わったので、続きを熟読。

で、先ほど、一気に読み終えた。

昨春からのプロリーグができる過程はつぶさに見ていたし、
登場する人たちも知っている人ばかりなので楽しく読んだ。

この本を読んでもらった人たちの多くは、
女子野球に関心や興味を持ってくれるだろう。

小さな一歩だし、地味な道のりではあるけれど、
ライターができるのはこういうことなのだ。
そんな気持ちを、改めて掻き立てられた次第。
僕も、これからもきちんと取材を続けたい。
そんな気持ちを、改めて誓い直した次第。

ぜひ、ご一読を!


女子プロ野球リーグ開幕まで、あと2日!






shozf5 at 17:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

2010年04月20日

『日本女子プロ野球リーグ オフィシャルイヤーブック2010』完成!

img045

昨日、ある郵便物が届いた。中身は、

『日本女子プロ野球リーグ オフィシャルイヤーブック2010』

今年の3月、メジャーキャンプ取材から帰国後、
慌ただしい中で取材をして、超特急で原稿を書いた。

僕が担当したのは、30名の全選手インタビューと、
「リーグ開幕までの軌跡」部分。

文字数はあまりなかったけれど、
それぞれ楽しく書かせてもらった。

関西方面の書店ではすでに発売中で、
関東でも随時発売されるのかな?

さぁ、いよいよ今週の金曜日に新リーグが開幕する。
記念すべきプロリーグの第一歩が、すぐそこまで来ている。






shozf5 at 12:06|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場