2010年01月

2010年01月19日

さぁ、いよいよ高橋ユニオンズ連載だ!

img028

※写真はトンボユニオンズ(1955年)の投手陣。
左から、スタルヒン、野村、武末、滝。


本日(18日)、編集者が仕事場まで来訪。
目的は、来月からの新連載の最終打ち合わせ。

そう、以前にもこのブログで書いたけれど、
いよいよ「高橋ユニオンズ」連載が始まる。


簡単なあらましだけを述べれば、今から55年以上も前、
1954〜1956年のわずか3年間だけ存在したチーム。
それが「高橋ユニオンズ」というチームだ。
たった3年間だけなのに、

1954年・高橋ユニオンズ
1955年・トンボユニオンズ
1956年・高橋ユニオンズ

と3年間で3回も名前が替わっているチームなのだ。



今から60年近くも前のことで、
たった3年間しか存在していなかったため、
驚くほど、その記事や資料や記録は少ない。

しかし、調べてみると、資料は少ない分、
選手経験者の方はかなりの方がご存命で、
しかも、元気でいらっしゃることがわかった。


資料がないのならば、資料を作ればいい。


それが、そもそもの発端だった。

その思いを信頼できる女性編集者に伝えた。
そして、その編集者が尽力してくれて、
編集長を説得し、資料収集を買って出てくれて、
ようやく連載実現の運びをみた。

正直言えば、もう少し取材を進めてから臨みたい、
そんな思いもなくはない。

けれども、単行本書き下ろしではなく、
雑誌連載という形でスタートするのなら、
多少の紆余曲折があってもいいのではないか?

それよりも、まず一人でも多くの方に会い、
試行錯誤し、僕の中で整理をしながら、書き進める。

そんな形で、まずは動き出すことだ。
そして連載が完結したときに、
それらの材料を基にして、長編作品を書けばいい。


編集者との打ち合わせの中で、そんな気持ちになれた。


これまでに聞いた話、整理した資料を基に、
さらに追加で話を聞いた後に、第1回を書き始める。


「非常に地味なテーマだけれど、それもまた自分らしくていいな」


そんな思いを抱えて、今、資料を整理している最中。


本日の打ち合わせの結果、第一回用に
新たな取材対象者を数名絞り込んだ。

いずれも僕の発想になかった人ばかりだったけれど、
彼女のアドバイスは実に的確だと思う。

その人たちのコメントが拾えれば、
それは新たな視点の獲得につながるし、
僕自身も、今後、原稿を書く上で大きな参考になる。

詳しくは述べないけれど「キモになるある資料」が手に入るか、
そして、「新たな視点を持つ人物」の取材が可能なのか、
まだ不確定事項な要素はいくつかあるけれど、
とりあえず、動き出そう!


連載タイトルは、まだ未定ながら、
掲載誌は『野球小僧』(白夜書房)4月号(3月10日)予定。

普段、あまり告知をしないのだけれど、
原稿も書いていない段階で、ここまで宣言、告知するのは、
「もう書けない」とか「オレには無理だ」と
弱気になる自分を追い込むため(笑)。

どうぞよろしくお願いいたします!








shozf5 at 02:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 執筆、執筆、執筆…… 

2010年01月18日

来週から、ポーランド・ワルシャワへ行きます!

ワルシャワの日本人形―戦争を記憶し、伝える (岩波ジュニア新書 636)ワルシャワの日本人形―戦争を記憶し、伝える (岩波ジュニア新書 636)
著者:田村 和子
販売元:岩波書店
発売日:2009-10
クチコミを見る

突然だけれど、来週からポーランド・ワルシャワへ行く。
僕にとっては、初めての東欧旅行。
今回は一週間ほどの行程で、戦跡を巡る取材。

と言っても、一種の視察旅行のようなもので、
そんなにハードな取材内容ではなさそう。

ということで、今、ひたすら原稿書きに励んでいる。
その一方で、来月から始める2本の新連載の準備中。
とにかく2月はかなり多忙になりそうなので、
今のうちに進められる原稿は進めておきたい。

ポーランドと言えば、大学時代に見たアンジェイ・ワイダ監督の
『灰とダイヤモンド』や『地下水道』『世代』といった、
いわゆる“抵抗三部作”ぐらいしかイメージがない。

と言うことで、慌てて読んだのが『ワルシャワの日本人形』


第二次世界大戦中、ドイツ軍に街中を破壊されたポーランド。
ワルシャワのパヴィヤク監獄には日本人形が展示されているという。

その日本人形は、あるポーランド人女性が作ったもの。
彼女は、囚人としてとらわれ、獄中で孤独と恐怖心を
紛らわせるために、看守の目を盗み作ったものだという。


なぜ、彼女は「日本人形」を獄中で作ったのか?


それを一本の支柱としながら、「戦争の記憶」について、
コンパクトにまとめられていて、入門編としてよかった。

本当は、あと数冊、ポーランド関連の本を買ったけど、
ちょっとじっくりと読む時間はないかなぁ〜。
仕方ないので、行きの飛行機の中で読むとしよう。

……さぁ、原稿の続きに取り掛かります。





shozf5 at 12:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 私は今、旅の途上です 

2010年01月17日

そのメモリに残されていた記録と記憶……

DSCN1022

長年にわたって、ジャイアンツの裏方を務めていた人がいる。
それは、川上監督時代から、第一期長嶋監督、藤田監督、
王監督、第二期藤田監督、第二期長嶋監督、
そして、第一期原監督までの40数年間のこと。

特に1994〜2003年までの10年間は、
現場のチーフマネージャーとして、
全試合チームに帯同を続けている。

第二次長嶋政権は93年から01年までだから、
彼がマネージャーを務めていたこの期間は、
まさに第二次長嶋政権の大半の時期に当たる。

特に印象的なのは、「メークミラクル」と、
「メークドラマ」ではないだろうか?


――――これから、彼についての物語を書く。


それに先駆けて、何度も彼に会い、話を聞いた。
そして、これからも取材はさらに続く。


先日、お会いしたときに、彼からUSBメモリを預かった。
聞けば、彼がマネージャーを務めていた時期を含めて、
およそ20年分の手帳に記入していたことを、
改めてパソコンに入力したデータが入っているという。


「子どもの日記程度のものですよ(笑)」


と謙遜していたけれど、帰宅後、
このデータを見て、僕は興奮を隠せなかった。

チーム内に起こったトラブルなどが、
各年ごとに、日付とともに克明に書かれていた。

単なるチームの勝敗や活躍した選手の名前だけではなく、
その日に誰が遅刻をして、罰金をいくら徴収したとか、
試合後、AコーチとBコーチが取っ組み合いの喧嘩をし、
それを長嶋監督が仲裁した話だとか、
スタッフミーティングで話し合われた内容だとか、
長嶋監督がふと漏らした苦悩の発言やその表情だとか……。

某大物選手との確執もいろいろと書かれていた。
職務上、選手たちに厳しく管理するのが彼の役目だった。
94年の槇原の完全試合も、彼への反発から生まれたものだった。

簡単なメモ書き程度のものもあれば、
詳細に記されているものなど、さまざまだ。

もちろん、知られざる世界をのぞき見する興奮もあれば、
一人の男が生涯を捧げた「ジャイアンツという盟主」の
組織としての堂々たるたたずまいへの感嘆もある。


当時のビデオや資料を手元に置いて、
彼のメモを読んでいると、実に生き生きと、
さまざまな世界が広がってくる。

来週、早々、編集者と最終の打ち合わせに入る。
さぁ、どんな世界を描いていこうか?
静かな興奮の中で、思案を続けている。






shozf5 at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 執筆、執筆、執筆…… 

2010年01月15日

楽天・田中将大選手取材!


先日(13日)、楽天の田中将大選手の取材をする。
これで、田中投手には、三度目の取材となった。

過去2回は、当然野球中心のインタビューだったけれど、
今回は、野球の話は一切ナシ。

野球とはまったく関係のない、「とあるテーマ」で2時間ほど。
普段と勝手の違う取材ということもあって、
野球について話を聞くときの「険」がなく、
終始リラックスムードで時間が流れていった。

年末に『ガキ使』の「笑ってはいけないホテルマン」に
登場した際のエピソードなど、大いに楽しませてもらった。

ということで、取材&撮影は無事に終了。

この企画に並々ならぬ意気込みで臨んでいた担当編集者とともに、
昔から通っている小料理屋で祝杯をあげる。
心地よい酔いとともに、時間が過ぎていった。
で、当然、呑みすぎの体たらく……。





shozf5 at 09:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0) スタジアムでビール! 

2010年01月11日

打ち合わせの日々……

DSCN0961

三連休真っただ中だったけれど、ずっと打ち合わせ続き。
食事をしながら?み屋にて、編集部にて、拙宅にて、
それぞれ各社の編集者との打ち合わせだった。

当然のことだけど、まったく異なるテーマなので、
多少の混乱がある感じなので、整理が必要だ。

新年早々、新しいことに挑戦できることを喜んで、
もう少し、企画のブラッシュアップに努めたい。

以上、簡単な近況報告でした。




shozf5 at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ボーッとしながら考える 

2010年01月08日

俺達のゴールデンプロレス!

永久保存版 木村盛綱が撮った「プロレス50年」 (別冊宝島 1610 ノンフィクション)永久保存版 木村盛綱が撮った「プロレス50年」 (別冊宝島 1610 ノンフィクション)
著者:木村 盛綱
販売元:宝島社
発売日:2009-03-23
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

ずっと楽しみにしていた『アメトーーク』新春スペシャル、
「俺達のゴールデンプロレス」のオンエアを見た。

僕と同年代の芸人たちのプロレスに対する熱き思い。
確かに、僕もかつては持っていたはずなのに、
今では、すっかり希薄になってしまったことに気づいた。

リアルタイムで見ていた懐かしい試合がたくさん流れ、
当時のプロレス界の状況をオーバーラップさせながら、
ゲラゲラ笑い、そして懐かしさを覚えた。

放送終了後、資料部屋に戻って、
プロレスDVDやビデオ、書籍を引っ張り出す。
昔の本の中に、最近の本もいくつかあった。


でも、ここ最近、買うのは別冊宝島の「暴露系」のムックばかり。
分別のつく大人になった今だからこそ、それらの本も
「そういう裏があったのか……」と淡々と読むことができるけど、
思春期の頃に見ないでホントによかった。

そんな最近買った本の中では、唯一、トップで紹介した
『木村盛綱が撮ったプロレス50年』だけは、
古き良きプロレスとファンタジーあふれるレスラーたちでいっぱい。

50年以上のキャリアを持つカメラマンの木村氏の写真は、
プロレスファンタジーが真空パックされているようだった。


P65の鍋を囲む全日本勢の中でも天龍の満面の笑み、
P74の「こんばんは」事件のときのR木村のシャツ、
P81の初代タイガーマスクのコシティトレーニング、
P93の第一次UWFの面々の希望に満ちた円陣風景。



……うーん、すべてが懐かしい。


今、猛烈に「ベイダー初来日の両国」の試合が見たい。
そう、突然のカード変更で、投げ込まれた観客のゴミで、
リング上がゴミ捨て場のような状況になったあの日。
大ブーイングに続き、大暴動が起きた日の興行だ。

あの試合はきちんとビデオに録画して保存してある。
なのに、なかなか見つからない。

ビートたけしがひと言もしゃべらずに会場を後にし、
猪木は「どーですか、お客さん!」と絶叫したものの、
観客の怒りは収まらず、闘魂の神通力に陰りが見えた。
解説の小鉄さんは興奮のあまり「ベイダー」のことを、
「インベーダー」って言ってたよなぁ……。

そう、あの日のビデオがどうしても見たい!

資料部屋の奥のほうに空いていない段ボールがある。
あの中に入っているのかなぁ……。今から探すか? 
まぁいい、ひとまずユーチューブで我慢しよう。



……熱い、熱い、熱すぎる!!!!!!!!
やっぱり、ビデオを探そう。もっと見たい!
この後、リングがゴミだらけになるんだよ!


shozf5 at 00:05|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 映画、音楽、そして本 

2010年01月07日

自分の両腕だけで食べていこうって人が、そう簡単に反省しちゃいけない

ロックで独立する方法ロックで独立する方法
著者:忌野清志郎
販売元:太田出版
発売日:2009-07-29
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

昨晩から、一気に読んでしまったのがこの本。
昨年亡くなった忌野清志郎の一人語りで、タイトル通り、
清志郎流「ロックで独立する方法」をまとめたもの。

発売直後に購入していたのだけれど、
こんなに面白いのならばすぐに読めばよかったと後悔。

初出は『Quick Japan』の34〜41号で、
期間としては2000年12月から2002年2月まで。
構成者は、個人的にも尊敬している山崎浩一氏。

清志郎と山崎氏の信頼関係がそこここに匂い立っていて、
「一書き手」としては、羨望と嫉妬を感じ、
「一読者」としては、至福の読書時間を過ごした。

さらに、山崎氏の手になる「イントロダクション」、
そして口絵の佐内正史氏の写真もいい。


ここで語られている清志郎の哲学は、音楽業界のみならず、
「独立した個」として生きたいと願うすべての者に響くはずだ。

僕個人としては、帯のコピーにもなっている

「自分の両腕だけで食べていこうっていう人が、
そう簡単に反省しちゃいけない」


「“独立”っていうのは、自分の仕事に関わることを、
できるだけたくさん自分で決める、自分で管理する、
っていうことだろう」


「独りでやることと“独立”とは違う。
互いに“独立”してる仲間がいること――それが最高なのさ」


という、いかにも清志郎らしい発言、
そして、おそらくは少しはにかみながら、
伏し目がちに淡々と答えたであろう、
現場の雰囲気までイメージできて、心に響いた。

また文中には、清志郎の考える「いいインタビュアー」が、
書かれてあり、今後の参考にもなった。
と同時に、数年前に清志郎にインタビューしたときのこと、
ロングインタビューでの彼のたたずまいを思い出してしまった。



……『雨上がりの夜空に』を『雨上がりの空に』とする、
信じられないミスを含めて、いくつかの誤植が気になったものの、
この本は、彼の死後発売された本の中でも出色の出来だと思う。



shozf5 at 00:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画、音楽、そして本 

2010年01月06日

日枝神社へ、新春のご祈祷に――

日枝神社

本日(6日)、午前中から赤坂・日枝神社へ。
お世話になっている方に誘われ、新春のご祈祷に参加。
今年、前厄の身にとって、実にありがたいお誘いだった。
と言うことで、めったに着ないスーツ姿で出かける。

開始は11時だったけれど、少し早めに行って、
境内を参拝したり、周辺を散歩して過ごした。
都内有数のパワースポットだけあって、
凛とした空気と張りつめた雰囲気が心地よかった。

周囲を歩いていて記憶がよみがえったけど、
今から三十数年前、僕はこの神社で七五三をした。


あれから星霜幾十年、思えば、遠くへ来たもんだ。


……などと感慨に浸っているうちに時間に。
御社殿で神楽舞を見て、祝詞を上げて、
おごそかな気持ちのまま、別室で、直会(なおらい)。

直会とは神事の最後に、皆で集まり、
ともに酒を呑み、食事をする行事のことで、
日本酒で乾杯し、ともに食事をして過ごした。

さて、心身ともに、十分英気を養ったので、
そろそろ本格的に始動することにしようか――――。


shozf5 at 15:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ボーッとしながら考える 

2010年01月05日

何十回目かの、フタバスズキリュウ!

フタバスズキリュウ

この日(5日)は、野暮用があって上野へ。
予定終了後は、何気なく国立科学博物館へ。

上野で時間が空いて、呑むにはちょっと早いとき、
気がつけば、この国立科学博物館に行くことが多い。

これまでに何十回、行ったことだろう?

ここのすばらしい点は、恐竜が常設展示されていること。

ということで、いつものように
地球館の地下1階で恐竜の展示を堪能。

日本館3階のフタバスズキリュウ(写真)も、
これも何十回と見ているけど、もちろん鑑賞。

何度見ても、このフォルムは美しい。
そんなことを、いつものように感じながら、
一日を過ごしました、とさ……。




shozf5 at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ボーッとしながら考える 

2010年01月04日

草茂み ベースボールの 道白し

子規碑
※写真は、松山・坊っちゃんスタジアムの正岡子規の石碑。

本日、懐かしい面々と呑む予定だったのだけれど、
先方の突発的なアクシデントで中止となってしまった。

こちらは呑む気満々だったのに……。
まぁ、残念だけど仕方がないか……。

と言うことで、今日はノンビリするつもりだったけれど、
1月中に書き下ろす書籍の原稿準備に取り掛かる。

年内に上げてもらっていた膨大なテープ起こしを整理し、
時間軸に沿って、年表作りに励む。
まだ完成していないけれど、大体の事実関係は理解した。


その合間には、昨日から読み始めている、
『嗚呼!! 明治の日本野球』の続きを読む。

嗚呼!! 明治の日本野球 (平凡社ライブラリー―offシリーズ)嗚呼!! 明治の日本野球 (平凡社ライブラリー―offシリーズ)
著者:横田 順彌
販売元:平凡社
発売日:2006-05-10
クチコミを見る

年末にNHKで放送された『坂の上の雲』にも、
正岡子規が野球に夢中になるシーンが描かれていたが、
その頃の新聞記事や識者の論文が収録されていて、
資料的にもかなり価値があるものばかり。

当時の早慶戦の熱い様子も克明に描かれていて、
野球が当時の若者にとって、いかに大切なものだったのか?
それが現在に至るまで、国民的スポーツとなり完全に定着。
改めて、野球の魅力を痛感した次第。

年末年始の間、戦後の女子プロ野球と高橋ユニオンズに関する
資料を整理していたのだけれど、さらにそれ以前の話ばかり。
実に楽しませてもらった。


……さて、近場に呑みにでも行くか!






shozf5 at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スタジアムでビール! 

2010年01月03日

今年は、5枚(笑)!

その一

のんびりと本を読みつつ、日本酒とともに迎えた新年。
みなさんは、いい年を迎えられたことでしょうか?

さて、以前このブログで書いたように、僕はしぱしぱ、

「晶一」を「昌一」と間違われるのですが、

年末に「ぜひ晶一と!」と書いた効果なのか、

昨年は、18枚もあった「昌一」が、
今年は、なんと5枚に激減!!!!!


なかには「ちゃんと“晶一”と書きました(笑)」
と、わざわざ注意書きまで書いてくれた人も2名。

いやぁ、やっぱり言ってみるもんだ。
おかげで新年早々、清々しい気持ちになった(笑)。

18枚も間違われた昨年は「ちゃんと書けよ!」と、
ハガキに毒づいた未熟な僕だったけれど、
逆に5枚だけになった今年は、
「昌一」のハガキにも愛着がわいてくるから不思議だ。

というわけで、以下「昌一」コレクション!
とくとご覧ください(笑)。

その二


その四


その三


その五



……酔っていて、スミマセン。
でも酔っていなければ、わざわざ間違いハガキを写真にとり、
わざわざパソコンにアップして、わざわざこんなこと書きません。

……どうぞ、今年もよろしくお願いいたします(笑)。



続きを読む

shozf5 at 17:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ボーッとしながら考える 

2010年01月02日

謹賀新年です!


2010迎春!


謹賀新年。
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

DSCN0895


呑みながら、新しい物語を考えています。
今、どうしても書きたいものがあり、
この正月休みが、いい機会となり、
いろいろ構成を考えている次第です。
まだまだ時間はかかりそうですが、
いろいろ考えるのは嫌いじゃないので、
もうしばらく頑張りますです。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

shozf5 at 22:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0) ひたすらの、呑み…… 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場