2009年12月

2009年12月31日

考えるな、感じろ! 〜一年の終わりに〜

ブルース・リー銅像 (2)

今年もいよいよ終わろうとしています。
今年は、フリー生活を始めて最も過酷な一年でした。

せっかく書いた原稿が、出版社の倒産によって、
一円にもならず、本当に、ただ働きとなってしまい、
「何のために、オレはこの仕事をしているのだろう?」と、
その存在意義まで考えてしまう日々も続きました。

それでも、ありがたいことに、いろいろな人に支えられ、
何とか今年も、楽しく有意義に一年を過ごせました。

先月、女子野球関連の取材で、香港に行きました。
何かの雑誌に掲載することを前提にした取材ではありません。

香港への同行は関係各位のご厚意で実現させていただきましたが、
この旅は、多くのことを学ぶきっかけとなりました。
何かの前提があって行く取材よりも、ずっと学ぶことが多い旅でした。

単純な話、東京に5日間いれば、
毎日とは言わないまでも、3〜4日は仕事があり、
一日数万円の収入になります。
でも、香港に行っている間は、無収入です。

フリーで生活している身としては、日々の生活のためには、
シビアに考えなければならないこともあります。

それでも、香港では、僕は心から楽しむ日々を過ごしました。
「観光」ではなく「取材」として、心から楽しみました。


ライターの世界には、
「ライフワーク」と「ライスワーク」という考え方があります。

「ライフワーク」とは、文字通り、
自らの生涯をかけて取り組む仕事。

「ライスワーク」とは、日々の生活のために、
つまりは「ライス(米)」のためにする仕事。

日々、生きていくためには、「ライスワーク」は欠かせません。
けれども、「ライスワーク」だけをするために、
ヤクザ稼業のフリーランスの生活をしているわけではありません。


今年は、僕にとって、「ライス」と「ライフ」の転換期でした。
目先の「ライス」ではなく「ライフ」を求めよう。
もちろん「ライス」もないがしろにすることなく、
それでも、きちんとフリーになった初心を忘れずに。

来年から、新連載が2本始まります。
2本とも、じっくり取り組みたいテーマです。

さらに、来年は女子野球界に大きな2つのイベントがあります。
プロリーグの発足と、ワールドカップ開催。
それぞれに、僕は期待します。
と同時に、きちんと見届けたいと思っています。

これらの出来事が「ライス」なのか「ライフ」なのか、
それは現時点ではわからないけれど、
自分の直感を信じて、謙虚に、されど大胆に――。


「考えるな、感じろ(肌でつかめ)!」


香港でブルースリーの銅像の前で写真を撮りました。
ブルースリーの映画の中に出てくる名セリフをかみしめ、
僕は、身の引き締まる思いを感じていました。


今年の反省を踏まえて、来年こそ、頑張ります。
来年も、どうぞ、よろしくお願いいたします!
どうぞ、よいお年を!!!!!!!!!!!!





shozf5 at 01:27|PermalinkComments(5)TrackBack(0) ひたすらの、呑み…… 

2009年12月28日

「昌一」ではなく「晶一」なんです……

DSCN0689

原稿がひと段落したし、二日酔いでもないので、
「年賀状の準備でもするか」と、
今年の正月にいただいた年賀状を手にする。
で、改めて愕然とした。

よく間違われるのだけれど、僕の名前……、



「昌一」ではありません。



「日」は2つではなく、3つなんです。



「晶一」が正解です。



パソコンで変換したときに、

「晶一」ではなく「昌一」が出てくる
ということは知っていますが、
それにしても今年は多かった……。

ざっと数えただけで、18枚!


ちょっと切なくなってしまったので、
改めて、ここに書き記す次第です。


もし、今年、年賀状をいただける方で、
まだ投函していない方、ぜひ、今一度、


「昌一」になっていないか、ご確認のほどを(笑)。



もう一度、言います。


「日」は2つではなく、3つなんです!



正しいのは「晶一」!


どうぞ、以後、お見知りおきのほどを!







shozf5 at 13:12|PermalinkComments(3)TrackBack(0) ボーッとしながら考える 

2人の少女の、それぞれの夕陽――

二人の少女の二人の夕陽

……やっと、やっと、終わった……。
この1週間は、ホントによく働いた。
毎年のことだけれど、この時期はライターにとって、
1年で最も忙しい時期となる。

(こんなにたくさんの原稿書けるのかな……)

と毎年、同じような不安を抱えつつ、
それでも毎年、きちんと終わるのだから面白い。

今週はいろいろな原稿を書いたけれど、
4人のプロ野球選手に各自の「バッティング理論」を聞き、
それぞれについて文体&構成を変えて書いた原稿は楽しかった。

そして、この数日取り組んでいたのが、
2人の女子野球選手の二つの人生についての物語。

2人の少女が見た、それぞれの夕陽――

それを、物語のキーポイントとして文を書いた。
明日の昼までにできるだけ推敲を繰り返し、
それを編集者に送れば、一応、僕の手からは離れる。

詳しい発売時期などは、よく知らないのだけど、
詳細がわかったら、改めてここでご報告します。

ひとまずは、休ませてください。
……さぁ、原稿の束と赤ボールペン片手に、
軽く呑みにでも行くか(笑)。







shozf5 at 00:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 執筆、執筆、執筆…… 

2009年12月27日

かすかな光が、射し込んできた!

光射す所

昨晩(26日)は、近所の馴染みの小料理屋が年内最後の営業。
ということで、土曜日なのに大にぎわい。
店内は常連さんばかりということもあって、
かなり和気あいあいとした雰囲気で、ぐいぐい酒も進んだ。

内心では(呑んでる場合か、オマエ?)という声も聞こえたけど、
脳内ミュート機能を駆使して、その音声は聞こえないようにした。

12時が近くなってくると、会社を経営している社長さんが、
「余っても捨てるだけになるから、全部持ってきて!」と
残りの食材をほとんど注文する大名っぷりを発揮。

「長谷川くんもどんどん食え!」と言われてたらふく食べた。
一方のベテラン常連さんは「若いんだからどんどん呑め!」と
ビールを何本も何本もおごってくれた。

最初は、ここまでに書き上げた原稿を読みながら、
「軽く呑もう」と思っていたのに、気がつけば、
いつも通りの泥酔ラプソディー。

ただ、自分で自分を褒めてあげたいのは、
帰宅後も、きちんと仕事をしたことだ。


改めて、今朝読み返してみても、
決して支離滅裂のものではなく、
むしろ普段よりもいい出来栄えに自分で驚く。


さぁ、いよいよ光が見えてきた。
もう9割方はでき上っている。
あとは、どういうエンディングで物語を締めくくるか?
イメージはできているので、あとはその形を整えるだけ。

さぁ、明日からは忘年会三連発!
何の迷いもなく、きれいな身体で臨むために、
今晩は軽く呑むだけにして、完成までこぎつける予定!




shozf5 at 18:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 執筆、執筆、執筆…… 

2009年12月26日

光射すところは?

DSCN0749

本日も朝から終日パソコンの前。
昼過ぎに階下の書店に「地球の歩き方・フロリダ」を
買いに行った以外は、外出せずにパソコンの前。

なぜ「フロリダ」かと言うと、別にアメリカに行くのではなく、
今書いている物語の中に、フロリダがちょこっと出てくるので、
そこの描写をするためのイメージ作りと、
細かい位置関係を確認するために購入。

そんな感じで、資料部屋にはこれまで買った
資料用の『地球の歩き方』が、意外とある。

「カナダ」「モンゴル」「ニュージーランド」、
そして今回の「フロリダ」……。

原稿書きに追われているときは、
これらを読んでせめて行った気にでもなろうか……。

さて、いつ、光射すところにたどりつけるのだろう?
さぁ、続きに取り掛かろう……。


shozf5 at 20:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 執筆、執筆、執筆…… 

2009年12月25日

まだまだ、光は見えません……

大杉勝男!


相変わらず、のっぴきならない状況だけれど、
本日(25日)は、午前中に築地まで行きインタビュー。
これが今年の「インタビュー納め」になる(はず)。

そうそう、家を出る前に、昨晩完成させていた原稿を
編集者宛に一本送ったのだけど、
これが今年の「雑誌原稿納め」になる(はず)。

で、築地の小料理屋で昼からビールを一杯。
そのままジムに行き、プールで酒を抜く。
何の意味もないけど、アルコールも呑めて、
運動もできて、16時には再び、原稿の準備。

今年最後にして、最大の難敵を前に、
ちょっとひるんでしまったものの、
上がってきた「テープ起こし原稿」を読み返し、
整理し直し、ポイントとなる箇所をチェック。

さぁ、これらのものをズラーッと書き出して、
「どことどこをつなげようか?」と、
まるで積み木かレゴ遊びのように、
組み替えたり、つけ加えたりの作業中。

まぁ、腹も減ったので、近所の小料理屋で、
軽くビールを呑みながら、この続きをしよう。

何としてでも、28日の朝までに完成させて、
28〜30日までの「遅い忘年会」を満喫してやるのだ!



shozf5 at 20:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 執筆、執筆、執筆…… 

2009年12月24日

さぁ、ホントにのっぴきならないゾ!

オバマとの会談

※写真は、敬愛する絵師・佐野文二郎先生の個展にて。
アメリカのいちばん偉い人との会談風景。
「イエス!ウィーキャン!」ばかりうるさいので、
呆れながらちょっと睨みつけてやっているところ。



ホントにのっぴきならない状況になってきた。
昨日までは、それでも軽く呑む余裕があったけど、
今日も明日も明後日も呑んでる場合じゃなくなってきた。
本日も、誰とも会わずにひたすら原稿書き。

ということで、このブログも、小休止。


ホントは、先日取材して感じたこと、

「女優は、どうしてヘアヌードを出すのか?」

という哲学的なテーマ(笑)について書こうと思ったのに……。

まぁいい、とにかく原稿の続きだ。





shozf5 at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ボーッとしながら考える 

2009年12月23日

「鉄人」・衣笠祥雄の「一流打者の性(さが)」……

img027

※写真は『週刊プロ野球 セ・パ誕生60年』の
特別付録「レジェンド・ベースボールカード」より。


先日、鉄人・衣笠祥雄氏にインタビューをした。
現役時代、頑なにフルスイングにこだわり続け、
歴代4位の1587もの三振を奪われ、
歴代2位となる267もの併殺打を喫しながらも、
通算安打は2543(歴代5位タイ)という大打者に、
連続試合出場についてではなく、その打撃理論について聞く。

事前に、彼の著作を何冊か読んでいったのだけれど、
バッティング理論について触れてあるものはあまりなかった。
意外だったのは、入団直後の衣笠氏が「問題児」だったこと。
契約金の半分でアメ車を購入し、練習もそこそこに、
夜な夜なクラブに出入りし、米兵と遊んでいたという。

「国民栄誉賞」のイメージが強すぎるせいか、
「人格者」の中に「不良」のイメージを垣間見て、
個人的には「ワルの衣笠もカッコいい!」と思った。


そして、都内のホテルで衣笠氏と対面。
穏やかな語り口で、こちらの意図を汲みながら、
語られる内容は、やはり「歴代5位」の重みが。

印象的だったのは、

100回中70回の凡打でも「一流」と許される野球において、
彼は、それをまったくよしとしていなかったことだ。

「70回のアウト」について、彼は「屈辱」という言葉を口にした。


「一流バッターほど、欲深いものだ」


というのは、先日、取材した王貞治氏も言っていたけれど、
やはり衣笠氏も「バッターとしての性」が強いのだろう。

原稿を書くのはこれからだけど、この取材音源は、
ぜひゆっくりと噛みしめながら聞き直したい。

水は岩をも砕く (男のVシリーズ)水は岩をも砕く (男のVシリーズ)
著者:衣笠 祥雄
販売元:ロングセラーズ
発売日:2008-12-01
クチコミを見る


衣笠氏の著作は何冊かあるけれど、
この本がいちばん「ワルからの更生」(笑)が、
きちんと描かれていて、読み物として面白かった。


追伸
やはり衣笠氏は「人格者」だった。
あまりにも好意的に答えてくれるので、
ついつい、話が脱線。

衣笠氏が重要な役割を演じる
「江夏の21球」について、いろいろな話を聞くことかできた。

子どものころ、あんなにドキドキした出来事の
歴史の当事者に話を聞ける幸せをかみしめた。
……いやぁ、実に楽しいひと時だった。







shozf5 at 16:34|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 取材・インタビュー…… 

2009年12月22日

女子野球について、本当に書きたいこと……

DSCN8384

※写真はアサヒトラストの「小さな大エース」太田さやか投手と
09秋・ヴィーナス・リーグMVPの有坂友理香捕手!



昨日(21日)の女子プロ野球のドラフト会議を受けて、
女子野球についての問い合わせを何件かいただいた。
今日の新聞でも大きく取り上げられているものもあり、
今回のプロリーグ設立が、いい起爆剤になっていることを痛感。
この流れは、ぜひ来年以降も継続していくことを願っている。

さて、本日発売の『週刊ベースボール』で、

「2010球界大展望!」

という大特集が組まれている。

img026

年末年始の合併号の恒例企画ということで、
毎年行われている定番企画で、今年は、
ついに「女子野球」で1P組まれることになった。

今回、その原稿を書かせてもらったのだけれど、
原稿を書いていて、感慨深いものがあった。

プロリーグの関係者、そして日本女子野球協会に
取材をして、僕なりの「2010年展望」を書いた。


「女子球児を照らす2つの光明」

と題されたこの記事は、本誌の100Pに掲載されている。
この文中のラスト8行こそ、僕が最も書きたかったことだ。

このブログでもたびたび触れていることだけれど、
ぜひ、読んでいただければ幸いです。
(もったいぶった書き方でスミマセン……)

また、年明け最初の号(1月6日発売)でも、
女子プロリーグについての原稿を書くので、
そちらもぜひよろしくお願いいたします。


さて、女子野球関連で、もうひとつ告知を。


中学野球小僧 2010年 01月号 [雑誌]中学野球小僧 2010年 01月号 [雑誌]
販売元:白夜書房
発売日:2009-12-10
クチコミを見る

こちらの雑誌は、ずっと前から、女子野球に関心を持ち、
毎号「ベースボールガール」という連載を書かせてもらっている。
この連載は、すでに3年以上にもなる。

毎回、ヴィーナス・リーグや全日本選手権など、
その期間中に行われた試合結果や戦評を書いている。
今回は先日のヴィーナス・リーグの結果と
優勝したアサヒトラストについて。
こちらは189ページに掲載されています。

ぜひぜひ、ご一読を!

この『中学野球小僧』でも、2月10日発売の3月号で、
「高校女子野球」について6P(!)、書かせてもらう予定。
久しぶりの「高校女子野球」なので、今から楽しみ!

そうだ、あと「携帯野球小僧」という携帯サイトでも、
昨日のドラフト会議について原稿を書かせてもらった。
有料サイトだけど、見られる方はぜひご覧ください!

少しずつだけれど、何とか多くの人の目に留まるよう、
2010年は、いろいろと原稿を書いていきたい、と改めて思う。

……以上、宣伝ばかりでスミマセン。





shozf5 at 19:09|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

2009年12月21日

女子プロ野球ドラフト補足1

一応、ドラフトの結果のみご紹介します。

兵庫スイングスマイリーズボード

京都アストドリームスボード


写真をクリックすれば拡大で見ることができます。

shozf5 at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

日本女子プロ野球、ドラフト雑感2

ドラフト会議中

本日(21)日、日本女子プロ野球機構による、
第一回ドラフト会議が大阪のホテルで行われた。

ドラフト会議に先だって行われた記者会見では、
加盟2球団の名称が正式に発表された。


・京都アストドリームス
「今日と明日の夢に向かって歩き続けよう!」の意。

・兵庫スイングスマイリーズ
「バットスイング」と神戸発祥の「スイングジャズ」の意。


続いて行われたドラフト会議は、選手30名が全員出席。
本人たちの目の前で、各チームが指名していく。
これは男子にはない、女子だけの試みで、
そばで見ていて、かなり興奮するものだった。

個人的に何度も取材をしている選手たちが、
どのチームに指名されるのか?
日頃から仲のいい、あの選手とあの選手は同じチームになるのか?
いろいろと興味は尽きなかった。

さらに、新しい試みとして秀逸だったのは、
指名が重複した場合には、本人自ら抽選をするという点。

自らの抽選

自ら抽選箱に手を入れて、ひいたボールで、
所属チームが決まるというもので、
これは「自らの運命は自ら決める」という感じで、
潔さとエンタテインメント性が両立していてよかった。


それぞれの選手たちの所属チームは、
連盟の公式ホームページにアップされているので、
ぜひ、そちらを参照してほしい。

今後、写真を整理しつつ、
改めてプロ野球の今後について記していくつもり。
どうぞ、よろしくお願いいたします。




shozf5 at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

ドラフト会議雑感

大急ぎで帰京中。本日のドラフト会議によって、30名の選手が15名ずつ2チームに振り分けられた。詳細は写真とともに、後程触れたいが、各チームの指名順が刺激的だった。個人的には兵庫スイングスマイリーズに入団した坪内、川保選手の埼玉栄の同級生コンビの復活。同じく栄の田中、碇の同級生バッテリーが離れ離れになったことが感慨深かった。詳細は後程!



shozf5 at 18:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

ドラフト会議終了!

9dd0c6c2.JPG
先ほど、ドラフト会議終了!詳細は後程。


shozf5 at 16:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

チーム名決定!

新球団名は、
京都アストドリームス
兵庫スイングスマイリーズ
に決定!


shozf5 at 14:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ドラフト会議へ!

01510a97.JPG
ただいま新幹線にて、原稿を書きながら移動中。もうすぐ大阪。女子プロ野球のドラフト会議へ!随時、レポートします!


shozf5 at 12:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場