2009年11月

2009年11月29日

講習2日目!

24872ddb.JPG
本日は打撃中心の内容。現地の選手たちとのコミュニケーションもかなり円滑に。


shozf5 at 16:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

夕暮れの香港

DSCN9885


shozf5 at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

2009年11月28日

初日、終了!

d718ce95.JPG
9時過ぎに初日の講習終了!明日もこのグラウンドで続き。


shozf5 at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

今も講習中!

ac65856d.JPG
ただいま、現地時間8時前。事前に用意していたカリキュラムに沿って、講習中。


shozf5 at 20:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

試合終了!

591b77d9.JPG
3回裏攻撃途中で試合終了。野口さんは3回パーフェクト!


shozf5 at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

練習試合スタート!

4f99342a.JPG
日本チームはケガからの完全復活、野口霞投手!


shozf5 at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

香港唯一の野球場

8f7abfd0.JPG
これから、練習スタートです!


shozf5 at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月27日

ひたすら書き続けた2日間……。

WBC09トロフィー

※写真は、2009年WBCの優勝トロフィー!

ようやく原稿の目処がついた。
昨日、今日と、ひたすらパソコンに向かい、何とか一段落した感じ。

元アイドルのドキュメントあり、
王監督のインタビュー原稿あり、
映画『マラドーナ』のレビューあり、
某プロ野球選手のインタビューあり、
女子野球についてのレポート記事あり、
進行中の単行本の資料整理をしたり、

まったくジャンルが異なるものを、
一方では一から書き始め、一方ではゲラを戻し、
もう一方では、大幅に書き直したり……。

もう、何が何だかわからない状態ながら、
それでも、あと一本を残してほぼ終了した。

今回、初めて書く雑誌、初めて仕事をする編集者が多く、
それぞれのやり方をお互いに探りながら進めた。
けれども、おおむねうまく進んだように思う。


さて、これで気兼ねなく、香港に行ける。
ベースボールクリニック本番は明後日から。
パソコン、カメラを持参するので、
花咲徳栄高校、平成国際大学の選手たち、
そして香港の女子野球事情について、
こちらのブログでも、随時、ご報告します。

では、楽しんで行ってきます。
……その前に近所で軽く呑みに行くかな?
いや、やっぱり、今日はもう寝よう(笑)。


shozf5 at 03:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 執筆、執筆、執筆…… 

2009年11月25日

『不滅の歴史 甦る!ヤクルト・アトムズ~東京ヤクルトスワローズ』を観続ける!

(仮)不滅の歴史 甦る!ヤクルト・アトムズ~東京ヤクルトスワローズ [DVD](仮)不滅の歴史 甦る!ヤクルト・アトムズ~東京ヤクルトスワローズ [DVD]
出演:東京ヤクルトスワローズ
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2009-11-21
クチコミを見る


香港出発を前に、ひたすら原稿を書いておこうと思っていたのに、
本日、このDVDが届いた。

ホントは、23日の発売当日に届くと思っていたので、
「連休中の暇つぶしに持ってこい」と購入したのに、
なぜか、2日遅れの今日、ようやく届いた。

(今は見ている場合じゃない……)

とわかっていても、上司や取引先の目もなく、
独りでただただパソコンに向かっている僕が
このすてきなDVDの誘惑に勝てるわけもなく、

(リビングでではなく、仕事場のパソコンでなら……)

とか、

(BGV変わりになら、いいだろう……)

と、このDVDをつけたら、もういけない。

気がつけば116分、一気に夢中で見続ける始末。
一度観たのに、そのままリピート再生し、
ベンチやスコアボードが映るたびにコマ送りして、
一度目には気がつかなかった懐かしい控え選手や、
当時の外国人選手の顔ぶれをチェックし、
過去のファンブックや記録を見たりしていて、
気がついたらこんな時間だ……。

神宮で涙ながらに見た大杉の引退セレモニー、
若松の2000本安打達成の瞬間、
荒木大輔の初勝利(尾花の好リリーフ)、
広沢、池山の初ホームラン、ホーナー旋風……、
ヤクルトファンなら懐かしいシーンのオンパレード。

若松の引退セレモニーと92年の岡林の孤軍奮闘が、
収録されていなかった点だけが唯一の不満だけれど、
それにしても、40年の名場面をよくぞここまで
コンパクトに収録したものだと、大感動!

すべての胴上げシーンはもちろん、
95年日本シリーズの「オマリー対小林の伝説の14球」、
ヤクルト時代の渡辺久信の初勝利なども収録。

他にも池山、古田の引退試合やガトームソンのノーヒットノーラン
などなど90年代以降は、実際に球場で見た試合も多かった。

ただ個人的には「暗黒の時代」である80年代の
松岡弘の孤軍奮闘、荒木や高野の活躍シーンに思い入れがある。


このブログを読んでいる人の中で、
どれだけスワローズファンがいるのか知らないけど、
ヤクルトファンなら、このDVDは買い!
間違いなく買い! 太鼓判を押したい!






shozf5 at 18:37|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 映画、音楽、そして本 

30名の女子プロ選手たち、ついに誕生!

坪内―碇バッテリー

※写真は、坪内瞳投手と碇美穂子捕手。
来春、このバッテリーが実現するのか?


24日は、実に慌ただしい一日だった。
お昼前からは、某大物プロ野球選手の取材。
そのまま新幹線に乗り、某所で、あるパーティーへ。

で、そのままUターンで東京に戻り、
某編集者と酒を呑みながらの打ち合わせ。
どれも、まだ発表できないことばかりなので、
こんな曖昧な表現となってしまって、スミマセン。


さて、ついに日本女子プロ野球の初代30名の選手が決定した。

詳しくは、機構の公式ページを見てほしいのだけれど、

トライアウトを取材をした身としては実に順当な選考だったと思う。

トライアウトで初めて見て、個人的に気になっていた選手が
いずれも合格していて、ひそかにうれしく思う。

このリーグの成否は、彼女たち30名にかかっているので、
ぜひともケガをせずに頑張ってほしいと心から思う。

某選手からは「人生かけて挑みます!」という
実に力強いメールをもらった。
彼女の、人生をかけたチャレンジを、ぜひ見届けたい。


今後のスケジュールとしては、12月中旬に
球団設立発表と所属球団の振り分けが発表されるとのこと。
詳細が分かり次第、またこのブログでアップします。



shozf5 at 02:07|PermalinkComments(11)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

2009年11月24日

新幹線にて……

36874b7a.JPG
ただいま、都内での取材を終えて、新幹線にて移動中。
富士山がきれいに見えた。


shozf5 at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

酉の市!

987200f8.JPG
来年用の熊手を購入!


shozf5 at 01:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月23日

U-26NPB選抜対大学日本代表戦を、たっぷり堪能!

先発・斉藤


土曜日の昼前、前夜の酒が残る頭でウトウトしていると、
枕元の携帯電話けたたましく鳴り響いた。

寝ぼけていたため電話に出ることができなかったけれど、
改めて確認すると、お世話になっている編集者から。

土曜日の昼間の電話に、いい知らせはない。
先日校了した原稿にトラブルでもあったのかと
いささか不安な面持ちで電話をかける。

すると、彼女からは、嬉しすぎる意外な発言。

「明日のU-26NPB選抜対大学日本代表戦行きませんか?」

もちろん僕は、

「行く行く行く行く行く行く行く行く行く行く行く行く行く行く!」

と即答し、バックネット裏のチケットを2枚もらった。
本当は、この日曜日は朝から徹底的に原稿を書いて、
来週末の香港行きの負担を少なくしようと思っていたのに。

でも、やっぱりこの試合の魅力には抗えない。
で、来週は弟の誕生日だということを思い出し、
弟に連絡をすると、彼も仕事の都合がつくという。

ということで、弟の誕生祝いを兼ねて、
2人でビールを呑みながら観戦。

ホントにバックネット裏の実に見やすい席で、
投手の球筋や球種もほぼ確認できるほど。

早稲田の斎藤クンは打たれはしたけどいい投手だったし、
日ハムの中田選手は、観客の視線を独り占めする天性の華があり、
実に意義のある試みを心から楽しみながら堪能した。


……で、昨日の青木トークショーと今日のプロ対アマ選抜の試合と、
遊んでばかりだったので、ただ今、
泣きながら原稿に取り組んでいるのです……。











shozf5 at 02:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0) スタジアムでビール! 

2009年11月22日

ヤクルト青木とジョニー黒木のトークショー!

event

一昨日(13日)、原稿を書いていると携帯が鳴った。
ディスプレイの表示は、お世話になっている編集者。

(……仕事の話かな……)

そんな思いで、電話に出ると彼が言う。

「長谷川さんって、ヤクルトファンでしたよね?」

その質問は、僕にとっては、

「土曜日の次って、日曜日でしたよね?」

と同じ意味を持つ、至極当然、当たり前すぎる質問だった。

「うん、そうだけど……」

そう答えると、彼は「もしよかったら……」と切り出した。
詳しく話を聞くと、今週の土曜日(21日)に、
ヤクルト青木宣親選手のトークショーが表参道であるという。
で、そのチケットがあるので「いかが?」ということだった。

付け加えるならば、僕はヤクルトファンであると同時に、
現役選手の中では、早稲田の後輩だし、青木選手が最も好きだ!

土曜日は取材が一本入っていたのだけれど、
トークショーの始まる直前に終了する予定だったので、
「ぜひ、喜んで!」ということで、参加してきた。


会場には、多くの青木ファンが詰めかけていた。
そのほとんどが女性ファンだったように思う。

トーク内容は、結婚のことにはまったく触れず、
手術後の経過について、今年のヤクルトについて、
そしてWBCでの戦いについて、4割の可能性について、
数年後のメジャー挑戦の可能性についてなど、
比較的、穏当なテーマに終始していた。

個人的には、青木と同じ宮崎県人として参加していた
ジョニー黒木氏の98年17連敗の時のエピソードがよかった。

チームが16連敗の泥沼状態にある中、
満を持してマウンドに上がったエース・黒木。
試合は9回二死、ロッテのリード。
「あと一人」抑えれば、チームの連敗はストップする。
以下、その場面を。



このシーンの影響もあって、黒木は「魂のエース」と呼ばれ、
多くのファンの記憶に残る選手となったわけだが、
今日のトークショーにおいて黒木氏は言った。
(以下、発言内容はおぼろげな記憶から)

「この場面で、みんなからよく頑張ったとか、
 感動したとか、慰められたりしたけれど、
 たった一人から、怒られたんです。
 ……それが、小宮山(悟)さんだったんです」

 
同点ホームランを打たれた直後。
力投を続けていた黒木は精根尽き果て、マウンド上にひざまづいた。
その姿を見て、小宮山は黒木に対して叱責したという。

「まだ試合が終わったわけでもないのに、ひざまづくなんて、
 あの時点で、お前はすでに負けていたんだ」



数年前に、小宮山氏にインタビューをしたことがある。
テーマは、彼が考える日米野球比較文化論だったのだが、
その理知的な話しぶりと説得力のある話ぶりに
いたく感動した思い出がある。

……青木ファンでありながら、
黒木の語る小宮山話が一番思い出に残るとは思わなかった(笑)。

でも、手術も無事に成功し、経過も良好のようで何より何より。
来年も、青木選手の雄姿を見るために神宮に駆けつけます!



shozf5 at 01:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スタジアムでビール! 

2009年11月20日

女子野球取材、香港へ!

日本代表と香港代表

※写真は第二回女子野球W杯・開会式での
日本代表・長野キャプテンと香港代表チーム


突然だけれど、来週末から香港に行くことになった。
目的は、香港の女子野球事情の視察。

平成国際大学と花咲徳栄高校のメンバーが、
香港の女子チームに対してベースボールクリニックを開催する
ということなので、平国の濱本監督のご厚意で
ご一緒させていただくことになった。

濱本先生は、常々、言っている。

「女子野球の底辺拡大のために、世界規模での発展が不可欠。
 そして、W杯を盛り上げるためにも、参加国を増やし、
 それぞれのレベルアップを図らなければならない。
 だからこそ、高いレベルを誇る日本の女子野球を
 野球不毛の地や発展途上の国に行って、
 野球を通じた技術交流を図るべきだ」


こうした考えを実践させるべく計画されたのが、
今回の香港での「ベースボールクリニック」だった。

確かに、

第二回W杯(06年・台湾) 日本 43対0 香港
第三回W杯(08年・日本) 日本 24対1 香港
 

と、日本と香港との実力差は圧倒的だった。

実際に、日本、アメリカ、カナダ、オーストラリアと
香港、台湾、キューバとの間には大きな実力差がある。

濱本監督は、こうした差を少しでも縮め、
さらに、インドやフランスなど、
大きな可能性を秘めた地に女子野球を根づかせようと考えている。

今回は、この壮大な計画の記念すべき第一歩だ。
せっかく同行させていただくことになったので、
ぜひ、その経過と成果を見届けたいと思う。

日本国内では、女子プロプロリーグやヴィーナス・リーグで、
海外では、地道なベースボールクリニックで、
それぞれのベクトルで「女子野球発展」を試みる。

地道ではあるけれど、確かな地歩が築かれつつある。
そこには、どんな道程が待ち構えているのだろう?
楽しみな旅が始まる。

日本対香港戦

※写真は同じく第二回W杯での香港戦。
一塁ランナーは金由紀子選手。




shozf5 at 12:14|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場