2009年09月

2009年09月28日

三沢光晴追悼興行へ……

小橋チョップ
追悼セレモニー

昨日(27日)は、日本武道館へ三沢光晴追悼興行へ。
三沢さんの思い出に浸りたいと願うファンが押し寄せ、
当日券はすべて完売の大入り超満員となった。

日本武道館周辺には、記念パネルが飾られ、
三沢さん関連書籍のブースが並んでいた。

全試合終了後に、テンカウントゴングが鳴らされ、
三沢さんのテーマ09年ヴァージョンが流される中、
モニターには、歴代の名シーンが流され、
思い思いの「三沢コール」が繰り返されていた。

全試合終了後、先日発売されたばかりの
『三沢光晴外伝 完結編』の作者と
担当編集者らとともに酒を呑んだ。
三沢さんの思い出は尽きず、
予想通り、朝まで呑んでしまった。


そして、本日。
二日酔いで苦しんでいると、宅配便が届いた。
送り主の欄には「三澤真由美」と書かれている。
そう、それは三沢さんの奥様からだった。
香典返しとして、百貨店のカタログが入っていた。


酒の残る頭で、呆然とカタログをめくる。
ますます、三沢さんが遠くに行ってしまうようで、
かなり切なく、寂しい朝となってしまった……。


下の三沢さんのDVDを買った。
あれ以来、一度も試合の映像を見ていないけれど、
届いたら、見てみようと思う。








shozf5 at 22:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 映画、音楽、そして本 

2009年09月27日

生きているのは、お前か俺か 〜松田優作『SOUL RED』〜

img018

11月6日公開の映画、『SOUL RED』を見た。
来週の取材用に編集者がDVDを送ってくれたのだが、
一度観て、さらに、気になったところを観て、全部で2回観た。

松田優作が亡くなって、今年で20年になる。
と同時に、生きていれば、今年で生誕60年。
ということで、制作されたドキュメンタリーがこの映画だ。

生前の優作に関係した人たちが登場し、
彼の作品映像とともに、その人となりを語っていくもの。

彼にまつわる本は、ほぼ読んでいるので、
まったく知らないエピソードはそれほどなかったけれど、
やはり、映像とともに語られるエピソードは臨場感を増す。


と言うことで、映画を観終わった後、興奮気味に、
資料部屋に行き、取り出してきたのが、この本。


松田優作全集松田優作全集
著者:松田 美由紀
販売元:幻冬舎
発売日:2005-11
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


こちらの本は、4800円と割高だったけれど、
値段に見合うだけの資料的価値に溢れている。

映画も、この本も、奥さんである松田美由紀氏の監修で、
だからこそ、親族しか持っていないであろう、
プライベート写真や、本人の書き込み台本などがいっぱい。
何度も目を通したのに、ついつい読みふけってしまった。


以下、自分を評した優作の言葉。


あんまりぼくは
誤解されたりとか、
中傷されたりとかすること
どうってことないですからね
ただまじめにやってるだけです
とことん


まじめなんでしょうね
世の中に対してではなく、
自分が感じるものに対してまじめなもんだから
いいか悪いかは別にしてね
だから迎合したり、
常識にきっちりあわせたりすることができない

結果だけ見て気ままだとか、
勝手だとか言ってるかもしれませんが、
てめえらのほうが、
もっと勝手だなと思いますよ
都合のいいことだけやって、
なにかあったとき、
突然あわてふためいたりね






この映画の公開を記念して、現在、新宿ピカデリーで、
過去7作品を、順次公開しているところ。

『野獣死すべし』の狂気あふれる優作や、
『家族ゲーム』での新境地を開拓した優作。
久しぶりに、スクリーンで観たくなってきたな。
……そうそう、『ブラックレイン』もやるんだ。
時間を作って、観に行きたいなぁ。






shozf5 at 01:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画、音楽、そして本 

2009年09月26日

村中、いいんじゃない〜

2adcdb62.JPG
神宮です!村中の完投が見たいなぁ。


shozf5 at 20:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年09月25日

優勝後のジャイアンツ

12c6687f.JPG
なぜか、東京ドーム。試合展開、早いなぁ〜。


shozf5 at 19:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年09月24日

ツバメファン、ふゆさんへの私信

DSCN4267
WIN!
勝った、勝った、また勝った!
パトリック・ユウ
ふゆさんへ

大変、失礼しました……。
昨日、今日とずっとスカパー!で見ていたのに、
あっさりスルーしてしまいました。

と言うか、ここで浮かれてはいけないと
いう思いもあったもので……。

でも、昨日の高木、今日のユウキ両投手とも素晴らしかった。
さらに、鬼崎選手の3本目のタイムリー、興奮しました。

先日の3連戦は、神宮でまずいビールを呑みました。
「もう行くまい」と思いもしましたが、
25日からも、やっぱり神宮に行くことでしょう。

お互い、辛い8、9月を過ごしたことと思いますが、
気落ちせず、まだまだ希望を捨てず、頑張りましょう(笑)


以上、個人的な私信でした。  



shozf5 at 01:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0) スタジアムでビール! 

2009年09月23日

引退、復帰、そして現在…… 〜来栖あつこ〜


来栖あつこ~Sweet~ [DVD]来栖あつこ~Sweet~ [DVD]
出演:来栖あつこ
販売元:GP?~???[?W?A??
発売日:2009-06-25
おすすめ度:2.5
クチコミを見る

この連休中は、ずっと来栖あつこさんの原稿と格闘していた。

『激走戦隊カーレンジャー』で、順調なデビューを果たし、
5代目『ミニスカポリス』で、脚光を浴びた彼女だが、
今年の6月、交際していた彼との金銭トラブルと、
それ以前の、自殺未遂の発覚などでワイドショーを賑わせた。

そんな状況が、ひと段落した頃、彼女に話を聞いた。

後になってわかった事実と、当時の彼女のブログを突き合わせ、
含みを持たせて書かれていた表現の糸口を探る。
そんな作業を繰り返しつつ、長時間の取材に臨んだ。


司法の手に委ねられたトラブルも解決の糸口を見つけ、
現場では「心機一転、再スタートです」と笑顔を見せていた。

しかし、そう簡単に心の傷は癒えないことだろう。
そんな状況下で、傷心後の心境、自殺未遂の詳細について、
長い時間、話を聞かせてもらったので、
だからこそ、「きちんと書かなければ」ということで、
何度も何度も、構成を練り直し、ようやく(ほぼ)完成した。


実は彼女、2004年に一度、引退をしており、
アパレル関係の仕事に就いたのち、06年に芸能界に復帰。

この数カ月、集中的に「元アイドル」たちに話を聞いてるけれど、
みんな、一度、引退した後に復帰をしている人ばかり。

「アイドル」という「虚像」を演じることに疲れ果てたから、
引退を決意したのに、それでも再び戻ってくるという、
「芸能界」「芸能人」という魅力と魔力、そして引力。

いまだに「その心情を理解した」という境地には達していないけど、
これからも、何人もの取材が続いていくので、
少しでも「芸能界の引力」が探れていければ、と思う。



ただ、今回の原稿は、雑誌向けの6000字程度の小品。
実は、この後、さらに書籍用に倍程度に書きこむつもり。
だから、現時点では、途中経過にしか過ぎないのだけれど。


shozf5 at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 取材・インタビュー…… 

2009年09月22日

タイトル拒否、その2

勝った、勝った、また勝った!

何なんだよ、昨日の試合は……。あぁ、この「三文字」が見たい……。

shozf5 at 13:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0) スタジアムでビール! 

2009年09月21日

『三沢光晴外伝 完結編』、いよいよ発売!

三沢光晴外伝 完結編
著者:長谷川 博一
販売元:主婦の友社
発売日:2009-09-26
クチコミを見る
【予約】 三沢光晴外伝 完結編
【予約】 三沢光晴外伝 完結編


今月26日、『三沢光晴外伝 完結編』が発売される。
これは、10年前に発売された『チャンピオン』に、
新たに取材を加え、再編集、加筆をしたもの。

10年前、僕はこの本の編集として参加していた。
今回は、何もしていないものの、
校了直後には、担当編集者と作者の長谷川さん
(以前も書いたけど、親戚縁者ではないです)と、
久しぶりに、昔のような雰囲気で深酒をした。

で、先日、完成したばかりの本が贈られてきた。
加筆されたのは、三沢さんの付き人を務めていた
丸藤&鼓太郎両選手のインタビュー部分。

両選手が語る「酒場での三沢さん」は、いかにも、
三沢さんらしくて読んでいて気持ちがよかった。

また、この本の取材中のこともいろいろ思い出した。
三沢さんの酒場での笑顔やはしゃぎっぷり。
三沢さんの友人たちとの楽しい呑み。
ふとした瞬間に見せる三沢さんのカッコよさ。



さて、今度の日曜日、27日には日本武道館で、
三沢さんの追悼興行が行わる。
残された選手たちは、どんな闘いを見せてくれるのだろうか?




shozf5 at 11:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画、音楽、そして本 

2009年09月20日

タイトルなんて、書く気もおこらない……

WIN!

……あぁ、この三文字が見たい……。

shozf5 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スタジアムでビール! 

2009年09月19日

関根潤三氏は、50年前から「老巧」と呼ばれていた(笑)

若き日の関根さん

※写真は、若き日の関根潤三氏。50数年前にも関わらず、
当時の記事の多くに「老巧・関根」と書かれていた(笑)。


本日(18日)も、終日、調べ物。
今週は、比較的余裕があったので、
できるだけ調べ物を進めようと思っていた。

編集の方が、別働隊で動いてくれているので、
そちらと合わせると、かなり進めることができたように思う。

そちらは1日ずつ新聞を当たって、試合記録をメモしながら、
勝敗、選手成績の表を作り上げていくという根気のいる作業。
僕ならすぐに根を上げてしまいそうな作業だけに、
本当に、助かっている。


ただ、それでも、まだまだ終わらない。


今月いっぱいは、図書館で手に入る資料集めに費やし、
それ以降は、個々人が持っている資料や写真をお借りし、
その複写や整理に時間をかけていくことになるだろう。

野球専門の図書館に雑誌専門の図書館、
そして国会図書館を回れば、何とか形にはなるはず。

50数年前に、たった3年間存在しただけのチームの
全体像はまだまだ見えず、ぼんやりとしたままで、
輪郭だけがかろうじて目の前に立ち現われている状況。

ボロボロに黄ばんだ、独特の匂いを持つ古雑誌を丁寧にめくりつつ、
気になった個所はメモをとりながら、司書の方にコピーを依頼する。
腰は痛いし、目は疲れるけれど、意外と、この作業は嫌いじゃない。


来週は、シルバーウィークとやらで、図書館は混むだろうし、
先方と都合がつかず、取材の予定も入れられなかった。

それでも、まだまだやることはあるので、
さ来週以降の準備に費やそうと思う。

この山を越えて、僕の中に少しでも手応えが芽生えれば、
芥川賞を受賞した次なるキーパーソンに話を聞くことができる。

次の目標をそこにおいて、まだまだ頑張りたい。




……さて、

「50年以上も前の古い資料集めの話は、
どうでもいいからもっと女子野球の情報を書け!」


という声が聞こえてきそうだけど、しばしの間、ご勘弁を。
選手や監督たちとは、電話やメールで話を聞いています。
10月に入り、「情報解禁」が訪れれば、
女子野球について、たっぷり書きたいと思っています。




shozf5 at 02:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 執筆、執筆、執筆…… 

2009年09月17日

それは、「八百長」なのか、「人情」なのか?

DSCN3720


相変わらず、調べものばかりしている。
過去の記録を集め、整理していると、
意外な出来事にぶち当たることが、しばしばある。

先日、取材した方の話を基に、関連資料を当たっていたら、
50年以上も前のプロ野球の、「ある試合」に行き当たった。


この試合は、俗に言う「八百長試合」だった。


一部の資料には、このことに触れているものもある。
けれど、そこに書かれている以外のことを知りたくて、
その他の資料や、関係者に話を聞いている。


一方のチームは、わざと負けてやり、
一方のチームは、何とか勝利を拾った。


この事実だけを見れば、立派な八百長試合だ。
両チームが合意の上で行われた試合ということは、
一方だけが手を抜く「片八百長」ではなく、
まぎれもない「八百長」だと言えるだろう。


問題は、その「動機」だ。


ヤクザが絡んだ博打、賭けの対象としての八百長ではない。
そこにあったのは、両チーム、それぞれ抱えていた問題だった。
チームとチーム、人と人との複雑なあやが背後に潜んでいた。



この一件を「八百長試合」と断罪していいものなのか、
かと言って「人情試合」とメロドラマにしてしまっていいものなのか?



ただ、この試合の展開。かなり面白い。

わざと甘い球を投げるのに、それでも打てない打者。
盗塁を成功させるための、捕手とショートの苦労。
負けようとしているのに、点を取ってしまう矛盾。

そうした一つ一つの展開は、人情喜劇のようでもあり、
人生の縮図を感じさせる、人間社会の悲哀でもある。



もうしばらく、関係者に話を聞き、
新たな資料を探してみたいと思う。



shozf5 at 13:57|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 執筆、執筆、執筆…… 

2009年09月16日

グラビアアイドルからミュージシャンへ 〜青木裕子〜 

青木裕子

高橋ユニオンズという、50年以上も前のチームの歴史を追いつつ、
ここ数カ月は、「元アイドル」たちの取材を続けている。

アイドルとして一時代を築いた者も、
いつまで経っても、アイドルのままではいられない。

ある者は、年齢に応じて、シフトチェンジをしたり、
ある者は、結婚したり、芸能界から退いたり……。

アイドル時代に経験した「栄光」と「挫折」。
華やかな世界の裏にあったもの、
笑顔の裏側に隠された当時の心境。

人気のピークにあった頃と現在の生活とのギャップ。
すでに時間が経っているからこそ、話せること。
そんなことを中心に、ロングインタビューを繰り返している。


先日は、98年には表紙掲載ランキングの一位に輝き、
男性グラビア誌を総なめにした青木裕子さんを取材した。

95年にデビューし途中2年間の空白期間を経て、
2000年にグラビアを引退。
以後、ミュージシャンとして活動を続けている彼女。

過去のインタビュー記事による発言を整理し、
過去のブログでの発言を振り返り、
今でも手に入るCD、DVDを鑑賞し、
僕自身が、気になった点を中心に2時間余り。

大きなバストがコンプレックスでありながら、
その「コンプレックスを武器」に活動を続ける矛盾。

胸ばかりが注目を浴び、「顔は誰でもいいのね」と
半ば、自暴自棄になっていた日々の葛藤。

彼女が出した唯一のアルバムに込められた思い。
あるいは自らの手になる歌詞の数々を読み、
当時の揺れ動く複雑な感情が見て取れた。

当時のことを振り返る彼女の姿は、今でも美しかった。



取材から帰宅後、事務所の方からのメールに驚いた。


今までのインタビューで青木の楽曲を
事前に聴いていただけていた事は初めてでした。
本人も喜んでおりました。



ミュージシャンの取材に、その人の音楽を聞いていかない。
そんなことがあるのだろうか?と率直に驚いた。

たとえば、映画監督のインタビューに行く際に、
事前にその監督の作品を一本も観ていないなんてことはあり得ない。

たとえば、作家にインタビューをする際に、
「本は読んでいないんですけど……」と
話を切り出すことなんて、絶対にない。


……つまり、彼女は「ミュージシャン」として
取材陣から、認識されていなかったのだった。

「一からやり直したい」とグラビアから引退し、
ボイストレーニングやギター、シンセのレッスンを繰り返し、
2年の時を費やして、満を持して再デビューしたものの、
取材陣にとってはいつまでも「グラドルの青木裕子」なのだ。


もちろん、僕だって人のことは言えない。
ミュージシャン・青木裕子にではなく、
元アイドル・青木裕子に話を聞きに行ったのは事実だ。


彼女自身、十分そのことを理解しているはずだが、
それでも、どこかに寂しさを感じているのではないか?

彼女のCDやデモテープを聞きながら、
僕は、そんなことを考えている。






shozf5 at 00:34|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 取材・インタビュー…… 

2009年09月15日

日本女子プロ野球機構片桐代表と

記者会見中

本日(15日)、日本女子プロ野球機構の片桐代表が、
女性スタッフの方と、わざわざ中野の事務所まで来宅。

来春発足予定の女子プロ野球リーグの進行状況と
これまでに僕自身が抱いていた疑問や提案などを、
ざっくばらんに、2時間ほど話し合う。


マイナー・スポーツである女子野球界にとって、
一連のプロ化の流れは、千載一遇のチャンスでもある。

しかし、早急、かつドラスティックなやり方では、
多くの選手たちに不安を与えるし、関係者の反発も買う。

だからこそ、今は、丁寧に慎重な対応が望まれる。
かと言って、ノンビリと悠長なことも言っていられない。

近々、公式ホームページにおいて、
トライアウトや選手の待遇などの詳細が発表されるだろう。
関係者の方々は、しばらくの間ご辛抱を。



さて、片桐代表の孤軍奮闘はしばらくの間続くだろう。
代表の頑張りには、素直にエールを送りたいし、
僕自身も、自分のできることがあればぜひ協力したい。



何としてでも、この流れをいい方向に進めていかなければならない。
そんなことを痛感した2時間余りの会談だった。






shozf5 at 23:58|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

2009年09月14日

かつて、高橋ユニオンズというチームがあった……


ここ最近、高橋ユニオンズというチームの取材をしている。
高橋ユニオンズ――――昭和29年から31年まで、
わずか3年しか存在しなかった幻のプロ野球チーム。
有名な選手は誰もおらず、チーム自体も本当に弱かった。

後に評論家として有名になる佐々木信也氏が
ルーキーとして入団したのがこのチームだ。

ということで、佐々木氏に話を聞き、
他の選手やフロントの方たちにも話を聞いている。

先週、お話を聞いたのは、84歳と75歳の方。
お二人ともご高齢にもかかわらず、実にお元気で、
当時の記憶をたどりながら懐かしそうに話してくれた。

まだまだ話を聞きたい人が多いけれど、
ひとまずは関東在住の方に話を聞きに行き、
その後、全国を回っていきたいと思う。

初めは手探り状態で、今もその状況は変わっていないけれど、
それでも、少しずつ霧が晴れてきて、
何となく「高橋ユニオンズ」というプロ野球チームの姿が、
ぼんやりと、本当にぼんやりと輪郭を現わしつつある感じ。

この旅は、思ったよりも長丁場になりそうだけれど、
それでも、少しずつ、少しずつ、進んでいきたい。


……と言いつつ、今日は、もう一つの別のテーマの取材。
こちらも、ここ数カ月、毎月定期的に行っている。
こちらについては、また別の機会に……。











shozf5 at 09:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 取材・インタビュー…… 

2009年09月12日

女子野球の今後について……

DSCN1172

ここ数日、女子野球関係者、
特に保護者や選手、監督たちからの電話が相次いでいる。
内容は、いずれもプロリーグ化について。

質問内容は、さまざまだ。
10月開催予定のトライアウトについて、
あるいは、その後のリーグ運営について、
そして、来春開催予定の全日本代表セレクション、
その後の第4回W杯との掛け持ちは可能なのかについて……。

9月を迎え、大学4年生、高校3年生にとって、
来春に迫った新たなる進路を決定する時期になった。

個々の事例に対して、現時点で僕が把握していることは、
電話やメールで返答をしているものの、
いまだハッキリしていないことも多く、
明確なお答えができないことがもどかしい。


そこで、ご報告しておきます。
来週、女子野球の関係者に何人かお会いします。
その内容について、現時点で話せる範囲のことは、
改めて、当ブログでご報告いたします。

ということで、詳細が明らかになるまで、
しばし、お待ちいただければ幸いです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。




shozf5 at 02:41|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場