2008年01月

2008年01月31日

取材と取材の息抜きに……


本日朝から、同世代の芸人さん2組のインタビュー。
2組一緒で、計4人に同時に話を聞いたのだけれど、
売れているコンビは、やっぱりパワーが違う。

ホンの雑談の中にも面白さがたくさんあって、
ただ笑わせてもらうだけのひとときとなった。

で、そのまま某編集部へ行き、
昼食をとりながら来週の取材の打ち合わせ。

で、一時帰宅。

このまま四十肩治療に行くつもり。
昨日、プールで軽く泳いだのが効いたのか、
今日は、半年振りぐらいに
肩の調子がいいので、病院で治療を受け、
そのまま夜からのインタビューに備える予定。



先週までのアメリカボケはもう微塵もない。
春先に向けて、いくつか新しい動きもあるので、
ぜひぜひ楽しみながら、取材に励みたい。










shozf5 at 16:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 取材・インタビュー…… 

2008年01月30日

香港にて、女子野球国際大会開催!


2月14〜17日にかけて、
香港で女子野球の国際大会が開催される。

今大会は、IBAF(国際野球連盟)による
正式なナショナルチームが派遣されるわけではないが、
かつての日本代表「チーム・エネルゲン」所属選手らが
中心となって、6チームが参加する大会に臨む。



正式大会名称
Oregon Scientific Phoenix Cup
Hong Kong International Women's Baseball Tournament 2008


参加国
北米(カナダ/アメリカ)、オーストラリア、
韓国、台湾、香港、日本


日程
2/14〜2/17

日本チーム名
「Far East Bloomers」
鈴木慶子監督




昨日(29日)、初めて鈴木慶子監督と電話で話した。

それは、僕が女子野球の原稿を書くときに、
過去の資料を引っ張り出していると、
必ず登場する名前だった。

今から13年前、野茂英雄がアメリカに渡った1995年。
当時、アメリカには発足したばかりの
女子プロ野球リーグが存在した。

野茂と同い年の鈴木監督は、単身アメリカに乗り込み、
そして見事にトライアウトに合格し、
4年にわたって、アメリカでプレーし続けた。

99年に女子リーグが消滅すると同時に帰国し、
初代の日本代表チームである
「チーム・エネルゲン」のキャプテンとなった。

女子野球界の「生き字引」と言われる人だ。


かつて彼女に関する短い文章を読んだことがある。

それは、今よりもさらに女子に門戸が閉ざされていた時代の
「ある女子球児の奮闘譚」でもあった。


彼女がどんなチームを率いて、
どんな戦いを挑むのか?


香港に行けないことが残念でならない。





shozf5 at 09:56|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 今日も元気に女子野球! 

2008年01月29日

映画『スクール・ウォーズ』の舞台は、僕の高校だった……

本日、結果的に完全休養とはならず、
ゲラを戻したり、電話取材をしたり、
編集者が来宅したので、打ち合わせをしたりで、
結果的に仕事はした。

けれども、時間的余裕があったので、
来週取材する方の本を1冊読了。
(かなり面白く読んだので、他の本も続けて読むつもり)


で、その後は正月に録画しておいた、
映画『スクール・ウォーズ』を見た。

僕は、この映画、公開時に映画館で見ている。
テレビ版をコンパクトにまとめた佳作として楽しんだ。


――公開時の話。


本編が終了して、スクリーンには
スタッフロールが流れている。


キャストが一通り紹介された後、
「協力」という形で、ロケ地の紹介が続く。


そのときに、意外な発見があった。


(ロケ地は、僕の出身高校だったのか!)


本編を見ていて、まったく気がつかなかった。
僕の高校は、(意外と)ラグビーの強い高校だった。
きっと、今でもそこそこの強さは維持しているのだろう。

エキストラにも、僕の高校のラグビー部の名前があった。


……全然、気がつかなかった。




――以下、暗い話。




僕にとって、高校時代というのは、
「暗黒時代」とでも称すべき、何もない時代だった。





何に対してもヤル気がなく無気力だった。

今と同じように、ヤクルトと猪木が好きな高校生。
けれども、何事に対しても後ろ向きな高校生。

取り立てて勉強ができるわけでもなく、
特別に運動ができるわけでも、クラスの人気者でもない。


引越しの折に出てきた、当時の日記がある。
そこには、その日に見た映画の感想、
その日に読んだ本の感想が克明に書かれている。


積極的に人や物事と関わろうとせずに、
僕は、現実世界の満たされなさを映画と本に求めていた。

あるいは、学校が終わって一人で通う神宮球場に。


そんなこともあって、知らず知らずのうちに、
いや、意識的に高校時代の記憶を封印していた。




僕が今、チアダンスに励んだり、
泥だらけで女子野球やラグビーに励む
高校生の物語を書いているのは、
「自分が手にすることのできなかったもの」
への憧憬以外の何物でもない。


彼ら、彼女らの姿は、僕にとって、
あまりにもまぶしすぎる。


それでも、自分が避けてきたものを
日々の奮闘の中からつかみとった
高校生の姿から、僕は多くのことを学んだ。


そんな僕は、この映画を見ても、
自分の出身高校がロケ地となっていることに
まったく気がつかなかった……。


今日、自分の出身校が映画のどこに
描かれているのかを注意深く見た。


そして、発見した。


確かに、見覚えのある光景だった。
卒業してから20年弱。
それは、記憶の中で風化しているシーンだった。



せっかくの10代後半のいい時期を、
そのようなひねくれた感情で過ごした
自分に怒りと哀しみを覚えつつ、この映画を見た……。







shozf5 at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画、音楽、そして本 

2008年01月28日

ようやく、ちょっとひと息?


本日は、午後から取材が1本のみ。

朝5時に起きて、週末に上げておいた2本分の
原稿を推敲して編集者に送って、
午前中は、ひたすら資料整理。


で、夕方から、現在280万部突破という
『女性の品格』の作者・坂東眞理子氏の取材。


僕自身の品格を問われないよう、
緊張しながら、ビッチリ2時間、
「取材者の品格」を意識しての取材。


それも、無事、終了。


一本だけちょっと確認したいデータがあったので、
そのまま仕事場に戻り、それもただいま終了。


明日の取材は中止になったし、今日はやることもないし、
となれば、今日は、心置きなく……。


肉体的にはかなり疲れがピークなのだけど、
精神的な疲れを開放すべく、軽く行きますか!

明日は、元旦以来の、完全休日かな?







shozf5 at 19:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 取材・インタビュー…… 

2008年01月27日

『インディー・ジョーンズ』、大復活!

インディー、復活!











数日前、仕事場に映画会社から資料が届いた。
「何だろう?」と思いつつ、開封してビックリ。


インディー先生じゃないですか!


同封されている小冊子には、


「INDIANA JONES
 MEDIA KIT」



と書いてある。

そして、裏表紙には、こう書かれている。

08.06.21復活!












ついに、インディー・ジョーンズまで復活か!
先日、アメリカのスポーツバーで『ランボー4』の
予告編を大スクリーンで見たときも大興奮したが、
まさか、インディー先生まで19年ぶりに復活するなんて!

今年は、『ランボー4』と『インディ・ジョーンズ4』だ!
シルベスタ・スタローンも、ハリソン・フォードも頑張れよ!


ちなみに正式タイトルは、


『インディー・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』


クリスタル・スカル……、うーん、いい響き。
マンガ『コブラ』にでも出てきそうな感じ。

6月の公開が楽しみだなぁ。
その前に、試写で見れるかなぁ。
ショーン・コネリーも出るのかなぁ。


とにかく、楽しみなことがまたひとつ増えた、
そんな今日この頃なのです。







shozf5 at 16:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月26日

よくわからないまま、大阪へ!


今日(25日)は、きちんと原稿を書いた。
で、明日も明後日も書くのだけど、
明日からは、逃避行で大阪へ。

大阪で何をするのか、何を呑むのかは秘密。

でも、大阪。
されど、大阪。
そして、大阪。


とにかく書き続けて、
2月のキャンプ取材に備えます。




shozf5 at 04:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 私は今、旅の途上です 

2008年01月24日

アレ、アレ、アレ……原稿が書けない?


本日は朝イチから、かかりつけの病院へ、
10日ぶりの四十肩治療に。

昨日までのアメリカ取材で、5日目ぐらいから、
右手がまったく上がらなくなった。
それだけじゃなく、じっとしていてもジンジンして、
ホントにマズイ状態だったので、
朝から満を持して、馴染みの先生の下へ。

通常治療に加え、延長治療もお願いし、
施術後は、3キロは体重が減ったんじゃないかというほど、
肩が軽くなり、かなりラクになった。


で、懸案の原稿に取り掛かる。
渡米中に依頼していたテープ起こし原稿を整理し、
構成を考えて原稿にとりかかるのが常なのだが、
膨大な量のテープ起こしがなかなか頭に入らない。

そして、何度も繰り返し読み、ようやく整理し、
原稿に取り掛かるものの、どうもしっくりこない。
こんな時間になったのに、ようやく半分程度の出来。


……大丈夫かなぁ?


アメリカ滞在中にも原稿を2本書いていたけど、
やっぱり10日のブランクは大きいのかなぁ?


頭も身体も、まだあの夢のような10日間を
忘れていないからなのかなぁ?


まぁ、いいや……。
グダグダ言っていないで、原稿に取り掛かろう(笑)





shozf5 at 23:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 執筆、執筆、執筆…… 

2008年01月23日

無事に戻ってまいりました!


通信環境が整わず、3日分のごぶさたです。
先ほど、無事に成田に、そして中野に戻りました。

おいおいアップしますが、この3日間は、
サンフランシスコに行っていました。

ジャイアンツの本拠地、AT&Tパークに行き、
ゴールデンゲートブリッジを渡り、
難攻不落の囚人の島・アルカトラズ島付近を
周遊するクルーズなどを堪能してきました。

途中からうすうす気づいていたけれど、


これはもはや「取材」ではなく「観光」だ!


しかも、毎晩スタッフ全員で痛飲天国!
連日連夜、死ぬほど笑い転げていました。


現場でせわしく立ち回る、プロデューサー、
ディレクター、カメラマン、出演者、
そして現地のコーディネーターさんたちに
申し訳ないけれど、僕としては、
実に楽しい、楽しい10日間だったのです。


途中、ロスではギャングに襲撃されたけど、
ケガも金銭的被害もなく、全員で
無事に戻ってこられて何よりです。


――さて。


これからは、再び現実の世界で頑張ります。
あさって締め切りの8000字の原稿、
明日一日でできるかなぁ……。






shozf5 at 19:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 私は今、旅の途上です 

2008年01月19日

ドジャースタジアムには、すでに「黒田」の……!

ドジャースタジアム!







本日(18日)は、わりとのんびりとしたスケジュール。
アメフトの聖地「ローズ・ボウル」を回ったり、
ちょっとしたスポーツバーに寄ったり。

ということで、昨日書けなかった、
ドジャースタジアムについて。


ドジャースタジアムを訪れたのは今回で2回目。
前回は04年の春、ラスベガスに須藤元気クンの
試合を取材に行った帰りに、ひとりで立ち寄った以来。


前回は、一人旅だったこと、そして、
フリーになったばかりだったこと、
そんなこともあって、すごく不安を抱えた旅だった、
そんな印象が強い。


でも、今回は10名のいつものクルーとの
取材ということもあって、前回とは
全然違う、本当に気楽かつ楽しい取材だった。


ドジャースタジアムでは、選手たちの控え室である
クラブハウスにも行った。

そこには、こんなモノがあった。

ミスター・クロダ!










もうすでに、今シーズンから移籍した
黒田のロッカーがきちんと用意されていた。


いろんな選手がメジャーへ行く昨今。
日本のエースはどんなピッチングをするのだろう。










shozf5 at 16:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スタジアムでビール! 

2008年01月18日

信じてもらえないかもしれないけれど、つい1時間前、ロスのギャングに襲われた……、やっぱり信じてもらえないだろうけど……

信じてもらえないかもしれないけれど、
つい1時間前、ロスのギャングに襲われた。

本日の取材が終わり、かなり疲労困憊で、
みんなで食事を取りに行ったときのこと。

現場は、コリアタウンの韓国料理屋さん。

いつものメンバーで、酔いに任せて
バカ話をして、ようやく腹が一杯になった頃。


僕は、トイレから席に戻る途中だった。


席までの間に、ちょうどレジの前を通る。


その刹那、黒人とともに駐車場の管理をしていた
韓国人の老人が店内になだれ込んできた。


ただならぬ気配に、その様子を見ると、
黒人の若者は、韓国人の老人の右頬を力いっぱい殴った。
店内のアガシもオモニもアジュンマも、
一目散にキッチンの奥へと走り出す。


あっけにとられたものの、
間違いなく異常事態だと思い、
僕は、そのまま瞬時に身をかがめて、
木製のオブジェの陰に隠れた。


その陰から、様子を伺っていると、
ものの数秒で、黒人男性は店外に逃亡した。


――これが、その一部始終だった。


時間にしてわずか1分あまりか?


その後、警察がやってきて、
店員やお客(お客は僕たちだけだった!)に
対する事情聴取が始まった。


僕は気づかなかったけれど、
店員のオバサンは「He has a gun!」と
僕に何度も繰り返す。


(銃を持っていたのか……)


……こんなことって、本当にあるんだな。


それが最初に感じたこと。


かつて、黒人によるロス暴動が起きたとき、
真っ先に韓国人街が襲われたという。


日本での報道によれば、それは、
日ごろから、黒人たちと韓国人たちと
マイノリティー同士の諍いが絶えなかったということだった。


今回の件とそれが関係あるのかどうかは
まったくわからないけど、
そんな緊張事態を経験した一夜となった。
とにかく、全員無事で何より何より。



ホントは、今日ドジャースタジアムで、
いろいろな経験をしたんだけど、
そんなことが吹っ飛んでしまったのです……。








shozf5 at 16:12|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 私は今、旅の途上です 

2008年01月17日

そう言えば、僕は昔、ディズニーランド担当だった!

ウォルト&ミッキー!












本日(16日)は、朝からディズニーランドパークへ。
実は10年ほど前、当時担当していた雑誌で、
僕は「ディズニーランド担当」をやっていた。

何をするのかというと、季節ごとの最新パレードや
最新アトラクションを紹介するのはもちろん、

「雨の日には、園内をどう回ったら効率がいいか?」

とか、

「幼稚園児の子どもがいる場合の周遊コースは?」

とか、

「どの場所からだと、花火がきれいに見えるか?」

など、

東京ディズニーランドにまつわる、
トリビアルなことを「これでもか!」
というぐらい、紹介していた。


で、本日、久々の「ディズニーランド」。
今回は、あらかじめ決められているコースを
回るだけなので、案内されるままに
ただついていくだけなので、かなり気楽だった。

出演者が乗る乗り物の様子を見、
その感想を聞くだけ、という簡単な取材。



――でも。



(オレも乗りてぇ〜!)




という思いがどうにも止まらなくなった。
きっと、そんな物欲しげな表情をしていたのだろう、
ある出演者が、


「長谷川さんも実際に乗らないと、原稿書けないでしょ!」


と言ってくれた。


で、調子に乗り、乗っちゃった!


「California Screamin’」


いわゆる絶叫マシン。あぁ、楽しかった!
でも、この程度のジェットコースターじゃ、
オレは満足しねぇゼ、なんて思ったけど、
それでも楽しかった。


単なる観光客のようだけど、
これも一応、取材なのです(笑)




撮影終了後、またいつものメンバーで呑む。
今日は、中華料理屋。

僕は、ホテルに戻って一本原稿を書くので、
みんながうまそうに呑んでいる紹興酒を横目に、
淡々と青島ビールを呑んでいた。


――でも。


やっぱり我慢できなかった(笑)
紹興酒、呑んじゃった!


でも、2杯だけ。
ここに、僕の理性が表れているのです。



なぜ、こんなことを書くのかというと、
これから書く原稿の担当編集者が、
このブログを読んでいるからなのです。

単なる、言い訳でした、スミマセン。


明日は、サンタモニカへ行き、
そのままロスで宿泊します。

そうです、いよいよロサンゼルスドジャースの取材です。
さて、原稿に取り掛かるとします。






shozf5 at 16:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年01月16日

本日は、エンゼルスタジアムへ!

エンゼルたちの戦場!






アナハイム2日目――。

本日は、エンゼルスタジアムへ。
前回とあわせるとこのツアー、早くも4か所目の球場。

すぐ近くにディズニーランドパークがあるのだが、
以前のオーナーが、ディズニーだったため、
スタジアムにもエンターテインメント要素がたくさん。

個人的には、地元のファンが再現してくれた
エンゼルス式応援「ラリーモンキージャンプ」が
生で見られたのが、楽しかった。


本日は、早めに撮影終了で、
近くのスポーツバーで5時間近く(?)、
スタッフ全員で痛飲(笑)


おかげで、ホントに熟睡できた。
もう起きちゃったけど(笑)
ちなみに、日本時間の23時は、
こちらでは朝6時です。


幸いにして二日酔いもないので、
今日も一日楽しみたい!
本日は、ディズニーランドへ行く予定。
……ただの観光客でスミマセン(笑)




(くだらない)追伸

昨日、ホテル内のショップで、
歯磨き粉を買った。

酔った頭で歯を磨いて、
今までにない違和感を覚える。

あわててメガネをかけて、
そのペーストを凝視。


……歯磨き粉じゃなかった。





……入れ歯安定剤だった。





口の中に、ピンクのペーストが貼りつく。
何度ブラシで磨いても全然落ちない。


そのチューブには、こう書かれていた。



「GREAT FIT & STRONG!」



さらに、ダメ押しで、



「LONG HOLD」とある。


確かに、超強力なフィット感と、
長い持久力を持つ「安定剤」だ。

おかげで、しばらくの間は、
口の中の違和感は拭えぬままだった……。








shozf5 at 23:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0) スタジアムでビール! 

2008年01月15日

無事、アナハイムへ到着!

役者のそろい踏み!







9時間弱のフライトを終え、無事にロスに到着。
今度こそはちゃんと寝ようと思って、
ビールではなく、赤ワインを3本呑んだのに、
まったく寝られず機内で映画を3本見た。

それだけじゃ足りずに、
桂米助の「野球落語」(……イマイチでした)と
5年前の「笑点」を見ました。


で、ロスで、そのままレンタカーを借りて、
取材クルーご一行は、アナハイムに到着。

前回と同様、みんなほぼ寝ないで、
本日の取材スケジュールをこなす。

途中「スポーツミュージアム」という、
なんとも大くくりな博物館に行く。

あまり期待していなかったのだけれど、
ここにはかつての名選手のサイン入り
メモラビリアが、たくさんあり、
ただ見ているだけでもかなり楽しかった。

ピート・ローズがミズノのバットを使っていたことは
知っていたけれど、現物は今日初めて見た。

とにかく眠いので、今日はもう寝ます。
でも、時差ボケで早く起きるはずだから、
明日は朝からプールで泳いでサッパリします。

明日は、スタジアム巡りです。
かなり楽しみです!




shozf5 at 14:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スタジアムでビール! 

2008年01月14日

ようやく全部、終わった!

昨日(13日)の15時過ぎ、年末、年始と
ひたすら取り組んできた仕事が終わった。
思えば、この3週間、本当に働いた。

目標は、13日の17時だったので、
ほぼ予定通り。あぁ、疲れた。

そのまま、ずっと「心の支え」にしていた、
水戸華之介のライブを見に、代官山のライブハウスへ。

心置きなくビールを堪能しつつ、
前回の「ベスト15」ライブの逆バージョン、
「俺が選んだ裏ベスト」を楽しむ。


あぁ、ビールがうまい!


ライブを楽しみ、そのまま新宿に出て、
軽く一杯呑んで、帰宅する。


で、今日からはアメリカ西海岸へ。


もちろん、これも仕事なのだけれど、
僕にとってはかなりの「ご褒美的な仕事」。
温暖な気候の下、楽しんできます。


エンゼルスとドジャースと、ジャイアンツ。


いいなぁ、楽しみだなぁ……。


仕事関係の人には、いろいろと
ご迷惑をおかけします。
帰国次第、再び頑張ります。

道中、随時、ご報告いたします。

では、では!



shozf5 at 10:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 執筆、執筆、執筆…… 

2008年01月12日

発砲酒を、ビールと「偽装」する店について! 〜解答編〜


昨日の反省を踏まえて、
今日はなじみの店で、
本物の「生ビール」を呑んだ。

で、いい塩梅で帰宅したら、
お世話になっているU氏から、
昨日のブログに関して、
以下の「提案」メールが届いていた。


――以下、一部、引用。



さて、11日付のブログの案として
私だったら以下のように店員に伝えます。

1、
(店員には何も聞かず)
発泡酒って飲んだ事無かったけど
結構いけるもんやなあ。。。
もう一杯発泡酒ちょうだい。
(生ビールですよと店員が答えたら)
えええ???
初めての味やけど、どこのブランド???
国産のブランドなら全部舌と喉が覚えてるけど
どこのブランド?友達が居酒屋経営してるので
教えてあげたいから、教えてちょうだい?

2、(もしくは語りかけるようにして。。)
俺は酒も女も2号までって決めてるのに
今日のビールは第3かあ。。。
とつぶやいてそのまま帰る。

いかがでしょうか?




うん、これならできる! オレにもできる!
しかも、こういうの得意。

何にも知らない「居眠り坊や」に見せかけて、
相手が図に乗ったところで、
「実は、アンタの何倍も詳しいんだよ!」的な、
そんな態度をとるのは、かなり得意だ。


ウン、これでいこう!

今後、2度とあんなことが起きないよう、


「発泡酒も、意外とイケるんだなぁ、
 ねぇ、店員さん!」



きちんと、練習しておこう!
みなさんも、ぜひ!




shozf5 at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひたすらの、呑み…… 
PROFILE
SHOICHI HASEGAWA 
1970年5月13日・東京生まれ。
ノンフィクション・ライター
日々、旅をして、人に出会い、
話を聞き、それを文章にする。
そんな日々の雑感です。
長文になると思います。

ちなみに、上の写真は、
モハメド・アリ@北朝鮮です!
(07年3月1日付参照のこと・笑)
shozf5@gmail.com


長谷川晶一著作物
Recent Comments
楽天市場